最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2017年05月02日

住みにくい日本

市 (2017年05月02日 23:38) │Comments(10)語りのプラザ
親子の交流、素晴らしいと思います。
大真面目に日本の現状を報告します。
まず日本ですと、高校のグラウンドで親子走るためには、 走る子供か親が、その高校の現役の生徒か教員であり、なおかつどちらか、あるいは両方が陸上部員か顧問である必要があります。 また、そうであっても、昼の日中、日曜日なら部活練習、それ以外なら授業があるので100%不可能で、つまり写真のような日差しの中で走ることは、絶対できません。 更に、子供が生徒でなく、親が教員でない場合、、、つまりイチローさんとケンシロー君のような場合ですと、、、 まず教育委員会にグラウンド使用の申請をし、、、おそらく却下されます。ですから次に、市や県や私立グラウンドが使えないからその高校のグラウンドを使いたい、あるいはその高校のグラウンドでなくてはならない相当の理由を付けて、前述のその高校のグラウンドを使えない理由の情報公開を求める申請をします。しかしそれもまた多分門前払されるので、簡易裁判所に訴えて、慌てて市が和解申請をしてきてようやく初めてまともな話し合いになり、紆余曲折してやはり使えない、となると思います。 学校のグラウンドは地区体育大会や陸上のチーム以外は、つまり個人の申請ではほぼ絶対使えないです。特に親子の申請なんて、聞いたことも見たこともありません。 もしこれ以外の方法があったらこれを読んだ方どうか教えて下さい。チームでなく、親子で使う方法です。 では、実際日本では、近所の高校のグラウンドを親子で走ったら、一周走る間に、警備員が来て厳重注意。下手をすれば警察と新聞社が飛んで来るでしょう。 でもでも、そういう現状でありながら、何故か悪漢が構内に入っても警備員も先生も警察もマスコミも即応せず、惨事が繰り返されています。 普通の人を除外して、悪漢は除外できない、、、。タイミングの問題でしょうか?これは日本の現状の象徴だと思います。 陽光の中、高校のあるいは小学校や中学校のグラウンドで、親子がおしえあう。かつては出来ました。例えば鉄棒。ブランコ。 それが今では全くできません。親子で使うのにも、許可が必要です。そもそもグラウンドも学校も塀と金網に囲まれていては入れません。 ちなみに日本では銃砲所持許可を持っている真面目な選手が1日に401発以上練習するためには、お金を出して特別な許可を申請し、公安で特別な許可を受ける必要があります。これは本当に本当で、どんなに優秀な射手あっても例外ではありません。間違って401発撃ったら、所持許可が取り消されるばかりか、下手をすれば犯罪者として逮捕されます。本当にこれは真面目な話です。 これが日本の現状です。 グラウンドの使用許可も、400発以上の練習の許可申請の必要も、どこか同じ根っこで繋がっていて、それが今の日本の住みにくさや、日本が発展しない原因の一つになっているのではないかと思うのですが、、、。 なんでこんなことに許可が必要な国になってしまったのか、、、悲しくてしょうがありません。 ケンシロウくんが太陽の元、高校のグラウンドで走る画像を見て、ふと今の日本では実現不能なことに気づき、メールしました。 でもこのことに気づいている人は本当に少ないです。でも、これが今の日本です。
日本の現状の報告



よく書いてくださいました♪

昔、マセッドという街に住んでいたときは近くの中学にコレと似たようなグラウンドがあって、そこで走っていました。もちろん許可なんていりません。だいたい管理人もいませんし。

“日本では、こういう施設をこうして手続きもなしに使えるの?”
と、数人しかいない広大な高校のグラウンドを見渡しながらナナ奥に聞きましたよ。
ワシの子どものころなんてこんなの見たこともなかったので・・・

“しらないわ、横浜でこんなに広くてキレイなとこ見たことないし・・・”

ふと遠くをみるとテニスコートが5面ばかりあるではありませんか。
それも住民が自由に使ってよいそうです。
でも、日曜日の昼だというのに誰もテニスしていませんでした。
ウチの子ども達はラケットを借りてすこしやったことがあるそうです。

オレゴン州のポートランドで天ぷらを揚げて生活を始めたときのことですが、

“仕事おわったらテニスに行かんね”
と板前さんに誘われました。

たいした収入もないのにテニスみたいに高価な遊びはできんわ、だいたいテニスなんて軽井沢に別荘をもっている金持ち組の遊びだろうに・・・
と、辞退しようとしたら
“タダでできるんよ”
と、・・・

そんなら別だ・・・笑い

夜中のことです。そこには高い金網に囲まれた広大なテニスコートがありました。
20面もあると説明されました。
誰もいません。
板前さんは慣れた様子でボックスをあけてスイッチを入れました。すると我々のコートが真っ昼間のように明るくなったのです。
30分すると自動的に切れるので、そのときはまたスイッチONにして続行です。

・・・この国はなんという国なんだ・・・!! ♪♪

様々なスポーツが貧民にもできるように国ができているのです。

なのに世界一のデブの国(^◇^)
でも世界一のスポーツ天国。
良いも悪いも世界一!!!

高校まで義務教育で無料!!
受験地獄ナシ!!
授業が終われば自由!!
塾?・・・んなもんナイ!!
あるかもしれませんが
通っている子をしりません。

高速道路も無料!!!

ガソリンは安い!!!

家も安い!!

土地はありあまっている!!

そして世界一の軍事国家!!

日本と比べて、アメリカ人はとてもゆったりと暮らしています。
税金の払い甲斐があります。

日本の税金って、いったいどう使われているのでしょう?
ほんとうに国民のために使われているのでしょうか?・・・

ワシ、アメリカに移住して1番嬉しいことは、日本に流れているあの独特な閉塞感から脱出できたことです。

アメリカではガマン比べをしながら生きる必要はないのですよね。

ガンバラナイとダメなのは人間界のルールですが、アメリカではガンバリが活かせやすいのです。

 市

同じカテゴリー(語りのプラザ)の記事画像
ブラック&デッカーやねん
ヒントですねん
多忙の日々
実用新案
リス語を話すイチローさん
007弾丸
同じカテゴリー(語りのプラザ)の記事
 ブラック&デッカーやねん (2017-05-21 02:12)
 ヒントですねん (2017-05-18 13:10)
 多忙の日々 (2017-05-18 00:16)
 実用新案 (2017-05-15 15:15)
 リス語を話すイチローさん (2017-05-11 23:39)
 007弾丸 (2017-04-26 09:40)

Posted by 市 at 23:38Comments(10)語りのプラザ
この記事へのコメント
そうですね〜。子供の頃は、昼夜構わず学校の校庭は入り放題だったですな。
いつの間にやら何でもかんでも禁止禁止。
要は危険から遠ざければ、管理する方が楽。刀狩りすれば民百姓は、一揆を起こせない。免許を取らせなければ、事故は起きない。起こしたヤツを罰すればイイと言う発想からですなぁ。
自らリスクを背負い、認識して、事に遭遇した時は、本人がその責務を負う。
そんな成熟した社会で無い、だから規制されてしまうのでしょうね。
Posted by chatter box at 2017年05月03日 01:15
あぁ、なるほど…

日本では公園ですらそんなところがあります。

子供が遊ぶところなのに、ボール遊び禁止の立て札があり、子供がサッカーボールで遊んでいると住民からうるさいと苦情の電話。

犬の散歩禁止とか、自転車乗り入れ禁止とか、ハトに餌やり禁止とか、もちろん撮影などは許可申請が必要とか…

田舎の方に行けばかなり違いますが、都内では似たり寄ったり。

公営のテニスコートはありますが、安くても予約が取れないそうです。
もちろん公園で練習なんかできません。

子供がオモチャのエアガンで遊んでいても役所に陳情が入りますから、テッポウゴッコも出来ないし、河川敷でバーベキューすると役所に通報です。

日本では子供をのびのび育てるのは無理ですね…少なくとも23区では。

さらに税金のことを考えると憂鬱です。

会社だと、法人税、法人事業税、都税もとられて、たいして儲からないのに8%の消費税も売上から残しておいて払わなければならないし、クルマも自動車税に重量税、燃料入れれば揮発油税、個人の住民税に所得税、厚生年金に社会保険料、それぞれの省庁がてんでバラバラに徴収して特別会計だとかで勝手に使っていますよね。

国民って国の食い物かな?と思う事がありますが、実際そうなんでしょう。
国というより顔の見えない官僚の食い物かな…

日本では愛国心という言葉は有っても、愛国者の顔が浮かびません。

頑張ってもなかなか報われない日本。

どんどん生活保護が増えています。
最下層の労働で暮らすより楽で贅沢できるからのようです。

なにかが根本からおかしい。
そして根が深い。

そんな日本で暮らして行くには、個々人が自分自身を解放して、そんな中でも心の自由だけでも無くさないように生きるしか道は無いのかなと思います。

国や人の文句ブーブー言いながらもそこに頼ったり、変わる事を期待しても仕方のない事ですから。

それでもアメリカとの違いを考えると、どうにも気持ちが晴れませんね。
Posted by Elan at 2017年05月03日 01:47
確かにこの国には独特の閉塞感と窮屈さ融通のなさがありますね。私も融通の無さに振り回されてる最中でございます。どういう事かというと私は今3人の方に支援をして頂いておりますが、その内一人の方の怒りを買ってしまいナイフが飼えないという事態に陥ってしまいました。他の2人の方は概ね理解を示して頂いておるのですが、その
怒りを買ってしまった方が首をうんと降らない為にトレーニングナイフすらツールナイフすらも飼えないという事態になっております。じゃあその方に担当を降りてもらえばいいだろうという話になるのですが、その方ねぇ、、、年のわりにはしっかりしていて仕事もちゃんとできはる方なんですよね。対応も早いし。ただ難点と言えば私の趣味に全くの理解が無いという事だけですね。その一点の為に私の人生のあしを引っ張られてるというかナイフ集めも趣味としている私としては大変困った事になっています。その、お方の支援がないと生活が成り立たないので、とにかく大変困ってます。この件に関してイチローさんの考えなど聞かせて頂きたいのですが可能でしょうか?もし、お聞かせ頂けるのであればよろしくお願いします。
今回の件で更にアメリカに住みたくなった男です。
Posted by 張れ晴れショー at 2017年05月03日 05:53
何かの支援を受ける際に、支援者が「生殺与奪権」をもっているように振る舞うことが往々にしてありますね。
無言のうちに形成される上下関係は、支配・被支配の関係にもなりかねません。

福祉に関わる人は、そういう自覚をもってもらいたいものです。
あと、税金を予算として使う人全般にも。
Posted by ルシファ at 2017年05月03日 07:58
「閉鎖感」。「閉鎖的」。
村社会「日本国」を表す象徴的な言葉。
国土、耕作居住可能国土の狭い日本では古代より生命生活を守るための必然となった国民性なんでしょうね。

アメリカ合衆国が建国され人口が爆発的に増加。結果、税収も同様に。
アメリカと日本では決定的に国庫に入る税収額が違うんですよね。
国民1人当たりの生産性が低くかろうが母数の桁が違いますから。
そして広大な耕作居住可能な土地!。
作物を育てる広大な土地がある。労働力を支えるに十分な人口。結果、国庫には十分なお金。
建国初期の苦難を乗りきった後は国民に心のゆとりが生じたのでしょう。個人の、集団の自由を尊重するゆとりが。

過去の生活環境から引きずる日本人の国民性。意識、無意識にかかわらず。そこから生じる現代社会への違和感。

さて。その中で個である自分、最小生活単位である家族がどう考えどう行動すべきか?、どう守るべきか?。
答えは・・・?。
Posted by MIZ at 2017年05月03日 08:41
皆さん興味深い話をありがとうございます。
確かに日本独特の閉鎖性、融通の無さなど、うんざりしますね。
沖縄では、上記の閉鎖性、融通の無さが、さらに倍増されてむさ苦しく感じます。変わったことをやろうとすると、既存の流れがかき回されるので、周りの圧力が強くなり行動が委縮してしまいます。その結果、イノベーションが生まれずにいろんな試みが試されず、発展のための変化が起きなくなります。
沖縄のビジネス上ではこれが弊害となっています。変わったことをやる企業や実業家が周りの同調圧力により、イノベーションを行う企業との取引を制限されたり、付き合いを疎遠にされたりなど、(いわゆる村八分)結果、変化、革新が起きずに事業が発展せず、県民所得が日本最低のままで推移せざるを得なくなります。実際に私の起業家の友人が、実際にひどい目にあいました。

こちらに詳しいので、ご一読ください。
→http://www.okinawatimes.co.jp/category/tc-s-higuchi

最近思うことですが、基地反対運動に身を投じる人たちは、沖縄の閉塞感や所得問題のうっぷん晴らしで、基地反対運動をやっているのか?と勘繰りたくなります。
自ら進んで貧乏になろうとしているんじゃないか?、と勘繰りたくなります。

これと同じように、日本も自ら進んで衰退への道を歩もうとしているんじゃないかと、勘繰りたくなります。
Posted by ひとぴょん at 2017年05月03日 12:00
ルシファさん。私の気持ちを代弁して頂いてありがとうございましたm(._.)m
Posted by 張れ晴れショー at 2017年05月03日 12:20
許可なく学校の敷地に入っても、スクールポリス?や、ガンを持った警備員が飛んで来たりしないのですか?解放された空間とセキュリティとの線引きが気になります。どうしたら両立出来るのでしょうか?
Posted by かかし at 2017年05月03日 14:07
意味のわからんことを言う人達がいるんですね・・・

学校の施設を無断で使うとかしないでも、市営のトラックがいくらでもある訳なんですけど?場所によっては無料ですし・・・

ちなみに私、少年時代を横浜で過ごしたんですけどね、もう三十年以上前の話ですけどね、三ツ沢の競技場は走り放題でしたよ?
兄貴と2人で朝早起きして競技場まで行ってひとっ走りしてから学校行ってました。カネなんて取られませんでしたよ?今はどうか知りませんけどね。

と、いうか。子供に走り方を教えるのにトラックが必要ですかね?
トラック競技を教えるなら必要なんでしょうけど、小学校のグラウンドなんて土に細かい砂利が浮いてるのが普通だし、赤土やゴム舗装のトラックを走るのとは根本的に違うと思うんですけど。
それが嫌なら市民トラックに連れて行って走らせたら済むんですよ。

何が言いたいかといと、日本では親が知恵を絞らないと子供に満足な環境を与えられないのは確かですよ。
でも、それを「日本では学校のグラウンドを使えない!ダメだ!」なんて言ってたら、それはダメな親なんですよ。
正直、自治体によっては色々あるのが日本でもアメリカでもあるとは思いますけど・・・

北海道、最高っす。
Posted by (^(Ξ)^) at 2017年05月03日 19:58
こんばんは♪

日本の管理社会は、本当に独特だと思います。
グラウンドを自由に使えない割には、部活動の顧問による様々な問題行動は放置ですし、スポーツによる事故はあまり昔から変わっていないような気がします。
特に柔道に関しては、フランスのほうが物凄く安全に気を使っていますから、日本よりもずっと健全な環境だと思います。

ただ、サービス業の質の高さは、やはり世界でもトップクラスだと思うので、日本のある種の”堅苦しさ”がそれを成し遂げているのかもしれません。。

私は決してアンチ・アメリカではないのですが、ビル・トッテン氏の著書を読むと、ああ、日本人でよかったなあ・・・、と感じるときもあります。
Posted by 狐リス at 2017年05月05日 02:12
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。