最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2017年04月21日

プリウス

市 (2017年04月21日 02:40) │Comments(13)語りのプラザ
タコマも はや3万マイル走りましてね・・・
いまトヨタでチューンナップを待って
いるところです。


そこで気になっていたプリウスの
プラグインを見ましたよ♪

イイですね〜(^-^)

けどトランクルームが小さい(^_^;


ワッシの欲しいのはこのタイプ、
ステイションワゴンのプリウス・・・
でもプラグインは出ていません(>_<)

それに四駆もアメリカではまだ(×_×)

都市生活者ならばともかく
アメリカは街を出ると未舗装道路は
多いですから腰高の四駆のプラグインは
売れると想うのですがね〜・・・


アメリカ人はアウトドアが好きですから

これくらいに荒れた道路でもビビラナイで走破できるプラグインはじぇったいに売れると想うのですよん。

ざんねんだなぁ・・・・・・(-_-;)

 市

同じカテゴリー(語りのプラザ)の記事画像
姉の死
ルマン観賞♪
ミニガエル
誕生日はボウリング♪
友、遠方より来たる。
プリウスのソーラー
同じカテゴリー(語りのプラザ)の記事
 姉の死 (2017-06-22 11:46)
 Be STRONG (2017-06-19 23:28)
 ルマン観賞♪ (2017-06-18 06:19)
 ミニガエル (2017-06-17 14:04)
 誕生日はボウリング♪ (2017-06-15 02:20)
 ハサミもダメだとぉ!!! (2017-06-12 13:37)

Posted by 市 at 02:40Comments(13)語りのプラザ
この記事へのコメント
イチローさんは腰高のプラグの4WDのプリウスが出たら飼い替えを考えておられるのでしょうか?
Posted by 晴れ晴れショー at 2017年04月21日 04:12
プラグインは、いざという時発電機にもなるので、良いですよね。
でも、バッテリーの収納を考えるとトランクが一工夫いるみたいで、ワゴンやら四駆は後回しになりやすいようですね。
我が家も先日車を買い替えましたが、高燃費型のステーションワゴンにしました。
ムカシなら3リッター位のエンジンだったのが、1.4リッターで、リッター20近く走るっていうので、ビックリです。
確かに四駆のプラグインは興味が湧きますね〜。
Posted by chatter box at 2017年04月21日 07:20
イチローさんは腰高のプラグの4WDのプリウスが出たら飼い替えを考えておられるのでしょうか?

んだ(^o^)
ランクルとお別れしてソッチにするべいよ。
Posted by 市 at 2017年04月21日 08:32
おおっ。プリウスPHV。
トヨタがやっと作ったイイクルマ。
見た目も走行性能もグッド!。
2代目プリウスから現行プリウスまで続く乗り心地の悪さ、特にリア周りのダメダメ感がやっと改善されました。
(プリウスαはチョットは良いかな?。リアの重量増が良い方向に行ったのか?。)
プリウスPHVこそ本来あるべきスガタ!。
(ルーフのソーラーパネル発電システム、日本では?ですけどキャリフォルニアの日差しならメリット有か?。)
何より顔つきカッコイイ!じゃないですか。見た目は大事!。

写真の「これくらいに荒れた道路」、一般的な乗用車にとっては「悪路走行試験」になってしまいます。壊れる事が前提な、どこが弱くて壊れるかな?的な。
(速度によっては、過大入力一発、で曲がった折れた外れたに!。)
ボディの強度剛性不足もそうなんですけど、サスペンションストロークの不足、ばねレートの不足、ダンパーの減衰力不足、最低地上高の不足、タイヤ外径からくる乗り越え性能の不足。でいろんな所に負荷がかかりトンデモない所が割れたり外れたり曲がったり。
タイヤ外径が650mm以下でサスペンションストローク200mm程、最低地上高150mm以下の乗用車ボディではキビシイです。
小型SUVのPHV、CH-RのPHV版が必要ですね。すぐに出るかな?。

ホンダからついに「クラリティー3兄弟」が発表になりました。
すでに発売済みなFCV(エフシーブイ、燃料電池)に加えてPHEV(ピーヘブ、プラグインハイブリッド)とBEV(ベブ、電気自動車)が発表。
北米向けはPHEVがメインとなります。プリウスとクラリティー、トヨタとホンダ、どちらが売れるか?。

それとも共倒れか?。ガソリン安くなってるし。
Posted by MIZ at 2017年04月21日 09:00
(^o^)ハウディ~♪

プラグなんたらちゅー今時のエコカーのこた解りませんが。
ウチは昨年にランクルとサヨナラして、今はジムニーです。
ビバ軽!

春と共に再婚もいたしまして。
16下の嫁さんもらいました。
彼女もテッポ大好きで、今年は夫婦でPMC参戦です。
あ、テッポ大好きちゅーたかて、一番大好きなんはボクのマグナムなんですがネ( 〃▽〃)
Posted by 信玄 at 2017年04月21日 19:57
春と共に再婚もいたしまして。
16下の嫁さんもらいました。

それは嬉しいことだね〜∈^0^∋
おめでとぉ\(^O^)/

16歳も下となれば大切にいたせよ、信玄殿。
by ナガタピカソ
Posted by 市 at 2017年04月21日 21:53
三菱自動車が、アウトランナーPHEVの北米導入を今年の夏に予定しているようですが、イチローさん、トヨタ主義者ですもんねぇ・・・
Posted by 圭 at 2017年04月22日 02:49
信玄さ~ん(^〇^)/
春、だすね~♪
( ・∇・) サクラサク

by “35億・・・あと5000万人。”ってホントなのカモカモと想いはじめたオトコ
Posted by マロンパ93 at 2017年04月22日 11:14
三菱自動車が、アウトランナーPHEVの北米導入を今年の夏に予定しているようですが、イチローさん、トヨタ主義者ですもんねぇ・・・

去年ジャパンに着いたとき、飛行場の駐車場に三菱のクルマがズラリとならんでいるのを見ました。
そこは充電場だったのです。
ハイブリッドなのか電気式なのか判りませんでしたが、そのクルマの大きさは印象的でした。
これはどうしてアメリカで売らないのだろうか・・・輸出する自信がないのだろうか?・・・と考えていました。
腰高の四駆のハイブリ・・・まさにワシの欲しかったクルマです(゜◇゜)
北米での販売が始まったらぜひとも試乗したいと想いますよ♪

ちなみにワシはトヨタ主義なんかではありません。
ただクルマの中ではランクルが1番好きで、
トラック系ではタコマが好きで・・・それらがたまたまトヨタだっただけのことですよ。

日本車ばかり乗っていますが、それも日本車主義なのではなくて、ベンツやBMWやVWのなかにランクルとタコマより優秀だと想われるクルマがないからだけのことなんです。

日本人が好きだ・・・といっても日本人にもイヤミで悪者は多く、韓国人はいやだと言っても、素晴らしい韓国人は多いですし、白人はカッコイイと言ってもカッコ悪すぎの白人はゴジュマンといます。

ワシは目の前にいる個人を見極める主義で、その人の産地だの学歴だので評価などしません。

「良いモノ党、アララギ派」は、
そういう眼でモノや人を選ぶのです。
Posted by 市 at 2017年04月22日 23:51
三菱アウトランダーPHEVの北米販売計画、数度の延期で現時点での予定では2017年の夏まで延びてたのですね。(伸び伸びで計画白紙かと思ってました。)

さて本題。クルマネタだとチカラが入りますネ。
悲しい事にアウトランダーPHEV、日本ではほとんど評価されていません。
発売当初に発生したバッテリートラブル、三菱自動車のリコール隠し問題、で三菱の車全ての信用度を失い積極的な宣伝も出来ずに認知度も低く。そこにプラスして、イチローさんが書かれているように、アウトランダーPHEVの充電ポイント占有問題!も現れ、人気はガタ落ち。三菱自体も、売る気が有るのか?、と思えるような販売体制。
(私が行く三菱自動車ディーラーの営業マンから話しが出ることはありません。サービスの人達は「良いクルマなのになー」と嘆いています。)

が!しかし!。
声を大にして言います。
現時点で買えることができる最高性能のプラグインハイブリッド車です!。国産自動車という括りで見ても素晴らしい出来栄え。車体サイズがニーズに合えばですけど。
最近行ったマイナーチェンジで一段と走行性能と予防安全性が向上しました。具体的にはモーター走行時の加速性能の向上と緊急自動ブレーキの性能向上。緊急自動ブレーキのユニットはコンチネンタル社の汎用ユニットでトヨタやスズキと同じ物。
プリウスPHVと比較されるバッテリーでの走行可能距離もほぼ同等な50km、ハイブリッドモードでの燃費はプリウスの方が上。しかしアウトランダーPHEVの方が大きな車体、使える汎用性が違います。ましてや三菱の四駆!、雨雪での走行安定性が違います。(特にブレーキ時の安定性。トラクションは二駆でもデフにLSDが入っていればそこそこ行けますけど、ブレーキング時の安定性は別格。)
ただ、四駆と言えども狙いはタウンユース、シティーユース。本格悪路走破性を狙っていません。ボディやサスペンション構成見ても。前期型はブッシュの耐久性が低いと聞いたことも。
ランクルやタコマのような強靭なシャシーに長大なサスペンションストローク、過大な入力をもいなすスプリングとダンパーを活かした悪路走破性と同じという訳にはいかないかも。
それでも乗用車ボディよりははるかに悪路走破性は高いです。
(大径タイヤと最近地上高の高さ。これらのメリットは計り知れません。)

イチローさんの使用環境や用途からするとアウトランダーPHEVが大本命かもしれませんね。

日産の社長だったゴーンさんが三菱自動車の会長に就任され経営や販売戦略が大きく変わると言われています。アウトランダーPHEVの北米販売が計画通りに進むと良いですね。

PHV(ぴーえいちぶい)とPHEV(ぴーへぶ。ピーヘブの言い方はホンダだけ?。)、どちらもプラグインハイブリッドビークル。ただEのエレクトリックが入るか否か。トヨタはPHVトヨタ以外はPHEV、どうしてでしょう?。PHVは商標権?。
電気自動車のEVも。ホンダはBEV(べぶ)。BはバッテリーのB。
どちらが正しく表しているか?となるとPHEVにBEVだと思うのですけど、どうでしょう?。
Posted by MIZ at 2017年04月23日 11:12
イチローさんの使用環境や用途からするとアウトランダーPHEVが大本命かもしれませんね。

それは楽しみですね〜(^^)
ただ、気になるのはウチのあたりのハイウエイはアッブ&ダウンが多く、電池が切れたらエンジンだけで長く走ることになります。
そうなると重いボディーのせいで非力な走行になってしまうのではないかと・・・
Posted by 市 at 2017年04月24日 00:31
トヨタじゃなきゃ、ということではなかったのですね、失礼しました。イチローさんがトヨタ以外を所有されている話を聞いたことがなかったので……。
さて、アウトランダーPHEVですが、基本的にEVなので、充電が尽きそうになるとエンジンで発電しながら走ります。つまり、駆動にエンジンの力は使いません。なので、諸元表にトランスミッションの記載がありません。前後2つのモーターで駆動します。
三菱がいう「プラグインハイブリッド」とは、外部からの充電と、エンジンでの発電のハイブリッドと捉らえていただいたほうがいいと思います。
個人的には「レンジエクステンダーエンジン搭載のEV」というほうがわかりやすいと思うんですけど、三菱ですからねぇ、難しく言いたがる(笑)
Posted by 圭 at 2017年04月24日 02:25
充電が尽きそうになるとエンジンで発電しながら走ります。

つまりエンジンというよりジェネレイターを回してチャージしながら走るわけですね?・・・
♪そいつは良い考えですね〜(^o^)
で、四駆のときにデフロックにもできるのですか?

じつは、70年代に自分用にランクルを飼い、妻と子供のためには三菱のミニヴァン風のを飼っていましたよ。とくに魅力はなくても一家を乗せてキチンと走る頼れるクルマでした(^^)
Posted by 市 at 2017年04月24日 05:24
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。