最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2017年02月05日

陸自スナイパーの曙

市 (2017年02月05日 05:05) │Comments(28)自衛隊訓練
イチロー様 おはこんばんは。
練習お疲れ様です。 ブログの話題とは関係ない?かも知れませんが今日の産経に、こんな記事を見つけたものですから(【防衛最前線(90)】 あの国の特殊部隊を迎え撃つ、世界一の陸自スナイパーが手に握る「対人狙撃銃」)・・・・。 状況は違っても、引き金を引くことの「意識や覚悟」はとても大きな比重を占めることなのでしょうね。 続き、楽しみにしております。 *入力禁止の単語が含まれていますと、リンクが張れませんでしたー。記事タイトルだけですいません・・・。
まっくふみ

http://www.sankei.com/premium/news/161005/prm1610050003-n1.html

この記事のことですね?



そのムカシのこと・・・
自衛隊でライフルと拳銃のハンドリングを教えていたころ、日本を守るためにはスナイパーティームの結成が必要だとイチローさんは力説していました。FBIのスナイパースクールなどで訓練を受けたイチローさんは、狙撃手のサポートなしでは戦闘部隊は成り立たないということを解っていたのです。

そんなおり、佐世保の部隊にM24が送られてきたのです。

「イチローさん、狙撃銃が来てるのですが、どう扱えばいいのか解らなくて しまい込んだままになっています・・・」
と、中隊長が言いました。

「じゃ陸幕から狙撃教官が来るでしょう・・・」

「いいえ、自衛隊には狙撃を教える隊員はいません」

「そんなむちゃな!! 教官もいないのに狙撃銃を配っているのですか?・・・」

「はい、まったくそうなんです」

「そうですか・・・じゃみなさんで撃ってみたらいいですよ」

「・・・はあ・・・でも射撃許可が出るかどうか・・・だいいちタマがないのですよ・・・」

「タマは64式のを使えばいいじゃないですか・・・あのタマは正規のNATO弾よりも火薬が減らしてあるそうですが、それでゼロをとっておいて、正規のタマが来たらゼロをやり直せばいいですからね・・・」

「いや〜!! とんでもありません!! そんな許可なんて出ませんよ・・・」

と、そんなストーリーがあって二見司令官と語り合っていたわけですが、ここが二見さんの素晴らしいところ!!

「イチローさん、そんならウチで狙撃訓練をやってくださいますか?」

民間の皆さん、、とくに市ブログの読者なら、こんな提案なんてアッタリマエで、やらないやつはバカ・・・と想うことでしょうが、現実の自衛隊は自分の昇進を妨げる可能性のある冒険は『禁』なのです。

そのころ陸幕で「狙撃を始めたい」と言った自衛官がいたそうですが「ゴルゴにかぶれてるんか? ウチにはマニヤはいらないんだよ!!」と上官は言ったそうです。
はっきり言って、自衛隊のオエライさんたちのマインドは203高地や硫黄島での死守を美化したまま継承しているのだとイチローさんは想っています。

ともあれ、保身競争に明け暮れる自衛隊の幹部たちですが、でも、中には「国防とは何か」を真剣に考えている幹部も意外とたくさん存在します。

そのなかでも突出した司令官が二見さんでした。
小倉軍の軍曹たちは二見さんのことを「殿」と呼んでいました。
部下に慕われている連隊長って、なかなかそうはいません。
おべっかは使う陸曹たちですが、彼らは中隊長や連隊長の保身度を鋭く見抜いているのです。

さて、
この「殿」の号令で、これまたヤル気のカタマリのような三科長が全力で動き、自衛隊初の狙撃訓練が始まりました。
インストラクターを務めるのはイチローさんです。
珍しい訓練とあって様々な部隊や幹部が集まりました。

講習の内容は、きわめて初歩的なものでした。
M24という狙撃銃の特徴と操作方法、構えかた、トゥリガーの引き方などなどです。

それにギリーについて、移動のしかた、その訓練方法・・・

M24の数は足りなかったので、89式にスナイパースコープを搭載しての講習も盛り込みました。

デカクくて重い狙撃銃よりも、現実的に役立つのは「ライトスナイパーライフル」・・つまり普通のアソルトライフルに高倍率のスコープを搭載することによって300m先のヘッドショットは可能だということをFBI訓練でイチローさんは証明しており、小隊で幾人かがこれを携行することで、その戦闘力は格段に上がるという構想をもっていたのです。

そしてラストに行った実射訓練は「フォーリング ブレイト」でした。
そう、ビアンキカップで使う、あの8インチの6枚プレイトです。
これに長さ100mの綱を付けて引き起こせるものかどうかの実験を三科長にお願いしたところ、成功したとのこと。
粉雪の降る中、プレイト6枚を誰が早く倒せるかの競争となりました。
スコープの調整が出来ていないグループもありましたが、どの隊員も上手だと感じました。
ちなみに1等だった隊員のタイムは8秒ほどでした。

「画期的な訓練です!!!」
と、空挺団からきた戦闘教官が目を輝かしていました。

まあ、こまかいところはハショらせていただきますが・・・

その時、質疑応答があり、印象に残る質問がありました。

「M24にはサイレンサーが付けられますか?」
と、聞いたのは富士学校の研究科の人です。

イチローさんはショックを受けながらも平静を装って・・・“はい、付けることはできます、そのためにはフロントサイトの台をカットしてバレル先端にネジを切り、サプレッサーアダプターを装着するという改造が必要となりますが・・・”

なぜショックかといえば、彼らは銃については熟知しているグループなのだという認識があったので、こんな幼稚な質問が出るとは・・・。

そしてやがて、イチローさんは富士学校からも呼ばれて行くようになりました。

そんなあるとき、長谷部 普通科部長の部屋に呼ばれました。
普通科部長・・・なんだ部長さんか・・・と想いますよね?
でも、富士学校の部長さんて、ものすごく偉い役職なのです。

長谷部さんは、これまた二見さんに肩を並べるほどに陸自のあり方を本気で模索する勇気ある人でした。

“イチローさん、お願いがあります・・・”

“はい、なんでしょうか・・・”

“わが陸自で、狙撃班を立ち上げたいのですが・・・ご指導願えますか?・・・”

“はい、でもこれに はかなりの実射訓練が必要となりますが・・・”

“はい、そこで教官と助教の二人をイチローさんのところに行かせたいのですが、いかがでしょう・・・”

イチローさんは驚いて長谷部さんの瞳を凝視しました。
自衛隊員をアメリカの個人のところに行かせるなんて・・・もしも事故やらモンダイが起こったら この人は新聞雑誌に叩かれてクビになる・・・その覚悟があるのだろうか?・・・

長谷部さんの目から いつもの柔和さが消えていました。熟慮し決心をした男の眼でした。

“はい、やらせていただきます!!”

イチローさんもキッパリと返事をしました。

そして後日、富士学校から二人の隊員がマリポサにやってきました。
こうして彼らは、一週間にわたる狙撃訓練の基礎を学んだのです。


で、狙撃というのは、どちらかといえば銃よりもスコープのほうが大切で、スコープについて良く識ることが最重要なのです。スコープを識るとは、距離による弾道変化に対してスコープをどう調節するか、、風による弾丸の流れとレティクルの関係を熟知する、といったことなのです。
陸自の隊員たちは真面目だし勉強熱心ですから狙撃のような精密を要する行動には向いています。

ただし、新聞にある「世界一の狙撃班」というのはマッカなウソ、というか、信じてはいけないと想います。
あれは、優秀な隊員たちが射撃大会でトップに立っただけで、本格的な狙撃班が陸自にあるかというと実際はまだまだだと想います。


強力な狙撃班というには、米軍の残飯のようなM24ではなく、もっと質の高い狙撃銃、それもさらに遠距離を撃てる狙撃銃が幾種類か必要なのです。そしてスナイパーたちを自由自在に移動させるためのヘリコプターと熟練したパイロットがたくさん必要なのです。

せっかく育ってきた陸自の優秀な狙撃手たち、、かれらを実際の戦闘で活躍させるためには多くのシガラミというか邪魔者たちというか、日本独特の縄張り争いみたいなものもあり、宝の持ち腐れ状態になるのではないかと想うのですよ。

離島の五つや六つを買い取って「スナイパーアイランド」を作り、海あり河あり山あり谷あり10mから3千mくらい自由にいつでも練習できる・・・これがイチローさんの構想なのですが、こんなことは必要ですし、可能だと想うのですが出来ないのが現実のジャパンなのですよ。

それと、
最近の風潮として自衛隊と中国が戦争をしたら負けない、みたいな記事をみかけますが、これはまったくのデタラメだと想います。
アメリカの支援なしで中国と戦える軍事力など日本にはありません。

イチローさんが産まれたころ、日本軍は米軍と戦争をしていました。日本軍も朝日新聞も日本人も、アメリカ軍に勝つと想定して戦争を仕掛けたわけです。勝てないと想っていたのは山本五十六さん以下の少人数だったかと。

戦争に強い国家というのは「金と軍事力と人口数」だと想います。
中国は大金持ちな上に独裁国家なので予算をいくらでも軍事費につかえます。
戦争反対の国民なんてジャマになるほどはいないでしょう。
日本を盗るとなったら、国民全体が昂揚することでしょう。

対する日本は、自衛のための抗戦をしようと言っても戦争反対の嵐で炎上します。

いまの状態で日本が中国と戦えるなどとはユメユメ考えてはいけませんよ。


わーーー(^◇^;)
ながくなったわい。

おとといから雨でね〜・・・
今日は止んでますがジュンが熱をだしているので看病で・・・
射撃に行けないので長文をかきました(^-^)/





同じカテゴリー(自衛隊訓練)の記事
 常識を教えただけ・・・ (2015-01-11 01:35)
 闘志がよみがえる (2015-01-10 12:06)
 小倉時代 (2015-01-10 11:48)
 二見龍さんブログ開設 (2015-01-07 15:15)

Posted by 市 at 05:05Comments(28)自衛隊訓練
この記事へのコメント
お誕生日、おめでとうございます。

市郎さん、お元気で!

皆さんも、お元気で!

ジュンちゃん、
早く良くなってね〜!

追伸:
先週、
グアムのローカルマッチで、
1年振りにSFAの1911を撃ちました。
http://takatake.militaryblog.jp/e829990.html
今年はもっと撃てるようになります!
Posted by TakaTaka at 2017年02月05日 10:15
 お世話様です。
今日は除雪の泊まり番明けで~す (^0^)b
でで! 全然話は違うのですが (><)

イチ様~!! 
   お誕生日おめでと~ございま~す !!
      (((0(*^〇^*)0)))
Posted by ko-1 at 2017年02月05日 11:21
自衛隊訓練の記事、興味深く読ませて頂きました。スナイパーの事、その片鱗だけでも教えて頂いてありがとうございます。
大変、参考になりました。
後、後れ馳せながら誕生日おめでとうございます。
ジュンちゃんさんご自愛下さい 。ではまた。
Posted by 晴れ晴れショー at 2017年02月05日 11:50
こんばんようさんです。

久しぶりに昼まで寝てしまいました。

イチローさん お誕生日おめでとうございます。
いつまでもお元気で、ワテらをびっくりさせてください~q(^-^q)

ジュンちゃんのお熱が早く下がりますように。m(__)m
おとなしくネンネするんだよぉ~

2008年3月号のSATマガジンFRESNO SHERIFFのギンバエ訓練の特集号。
昨晩、晩酌しながら偶然にも読んでました。
SATマガジンが分厚かった。中身もイチローさんが沢山で内容も濃かった。

ブログにギンバエヘリコプターがで出てて、びっくり。掲載されなかったフォトですね!(°∀°)
Posted by まう@東大阪 at 2017年02月05日 13:05
ようヒトの誕生日なんか覚えているね〜(^O^)/
そっか〜!!
正式には今日が誕生日なんだね〜(^o^)

ところでワッシは何歳になったのか覚えておらんので教えてたもれ(^○^)
Posted by 市 at 2017年02月05日 13:57
イチローさん(^^)
お誕生日おめでとうございます。
頑張るマンパワーでボチボチお身体御自愛ください。
(^O^☆♪
ファミリーで応援してます。
BESTRONG!缶バッチファミリーで愛用しております。カッコイイです〜
Posted by 薩摩小雪 at 2017年02月05日 14:23
イチローさん、お誕生日おめでとうございます。私も玄米食べて頑張っています。

アーサムで優勝して、さすが日本チームと思っていましたが、このような歴史と実情とさまざまな方の尽力があったのですね。
Posted by トピートピー at 2017年02月05日 15:37
どもー、
誕生日おめでとうごぜます〜(^^)
それとジュンちゃん早く良くなりますように(^^;マケルナ-
Posted by テツヤ at 2017年02月05日 16:34
こんにちはー市郎さん~。
スナイパーのお話し読ませていただきました、単刀直入に職人 鉄聖の意見は 自分より優れた鍛冶屋がいたら 見栄張らず素直に教えをいただく~それが一番かと! 日本国民は もしもの最悪最終事態は、自衛隊に命を託すしかありません (-_-;)日本政府は自衛隊を井の中の蛙にしてるように思えてしかたありません
スミマセン…生意気かもしれませんが、日本! 絶対に自衛隊はもっと市郎訓練をするべきです。

市郎さん~お誕生日おめでとうございます~これからも沢山の教え宜しくお願いいたします。
Posted by 福島県の河崎鉄聖 at 2017年02月05日 18:46
こんにちはー市郎さん~。
スナイパーのお話し読ませていただきました、単刀直入に職人 鉄聖の意見は 自分より優れた鍛冶屋がいたら 見栄張らず素直に教えをいただく~それが一番かと! 日本国民は もしもの最悪最終事態は、自衛隊に命を託すしかありません (-_-;)日本政府は自衛隊を井の中の蛙にしてるように思えてしかたありません
スミマセン…生意気かもしれませんが、日本! 絶対に自衛隊はもっと市郎訓練をするべきです。

市郎さん~お誕生日おめでとうございます~これからも沢山の教え宜しくお願いいたします。
Posted by 福島県の河崎鉄聖 at 2017年02月05日 18:47
イチローさんお誕生日おめでとう〜ございます(^^)
更にパワーアップなユーモアセンスでよろしくお願いします〜。
Posted by ハイロンサム at 2017年02月05日 19:19
お誕生日おめでとうございます!!

市郎さんの年齢ですが、戦闘力を含めた体力が40歳、行動力が30歳、モノゴトに感激する感性や美意識が20歳、ものがれて落ち着いた洞察力が74歳ではないかと思います。

自衛隊スナイパー部隊のお話興味深かったです。開示できる範囲で市郎さんの活躍がもっと読みたいです。
Posted by dnag(ドナグ) at 2017年02月05日 19:56
イチローさん、お誕生日おめでとうございます
いくつになってもイチローさんはイチローさんです。
BE STRONG ‼️
Posted by chatter box at 2017年02月05日 20:45
イチローさん。お誕生日おめでとうございます。
m(._.)m

そちらも明けましたね。
待ってました。
歳なんていいじゃないですか。
毎日が楽しければ!!
\(^o^)/

ジュンちゃんは心配ですね。
早く良くなるといいですね。
Posted by 駄武ー at 2017年02月05日 21:30
陸海空の中で海空は創立以来、米軍と密接に(ベッタリと)関わり米軍規格の装備兵器を使い、米軍の交戦規約、戦術準則に準じて近似的実戦(機銃艦砲魚雷ミサイル電子戦)訓練をしてきました。実業務においても周辺国軍の艦船航空機と実戦ギリギリの接触をしてきました。しかし陸だけが米軍規格を模倣せず、独自装備で独自妄想の訓練マニュアル?で実戦のマネみたいなこと(演習場キャンピング公務員?)を綿々やってきました。お話の小銃弾の減装弾などどのような実戦想定でもありえないものですね。問題は小銃や機銃の運用だけでなく、戦車、対戦車ヘリなど米軍と共同作戦を運用する近代陸軍の戦術にさえも大きなギャップを抱え、高価な対戦車ヘリが宝の持ち腐れとなっています。歩兵訓練にあっては、いっそ猟銃免許を取得させ、猟銃でイノシシやシカを追いかけさせたほうがよほど実戦?的な訓練が可能で、最近の農業被害の対策にもなろうかと思います。
Posted by gundog at 2017年02月05日 21:37
紹介された新聞の記事を読むと抑止力にもつながると書かれていたので、おーそうなのか~と感嘆しました。スナイパーのイメージはじっと隠れているものと思っていましたが、機動力が必要なのですね。人員も移動用の機材も日本はまだまだ足りないとは(@@)・・・嘆息してしまいました。
話は変わって、イチローにゃん、にゃにゃじゅうにょんさいにょ~お誕生日おめでとうごにゃいます(^^)/ 面白いお話をもっともっとも~とっ聞かせてください。これからも楽しみにしています(^^)
Posted by ちびゆき at 2017年02月05日 22:47
ハウディー!

わぁ♪ギンバエだぁぁぁ♪
ヾ(´▽`)ノ ノセテ ノセテェ~


えーと・・・

イチローさんの誕生日 とかけまして

イチローさん最愛の女性 ととく

そのココロは・・

ナナよ~ん♪♪
♪ナナー♪∈^0^∋人(^▽^*し♪モグゥ~♪


ジュンちゃんが熱をだしているそーで
それどころではないかもしれナインだすが、
誕生日おめでとサンダースぐんそう~♪
ヽ(〃'▽'〃)ノ☆゚'・:*☆ハッピバースデー♪

by 東ニ病気ノコドモアレバ行ッテ長崎カステラヲタベサセテアゲタイトオモフオトコ
Posted by マロンパ93 at 2017年02月05日 23:17
お誕生日おめでとうございます。私が一線にいたときも、ちょこっと有ったスコープ載っけたボルトアクションライフルとM10やニューナンブやチーフでRPKやRPG持った相手にどうすんだ?と思ってましたよ。本当に日本人戦闘音痴、竹槍でB29は落とせんよ!
Posted by 佐伯 at 2017年02月06日 01:04
イチローさん誕生日おめでとうございます。長寿と繁栄を。
玄米の電子ジャーを買って玄米食べてます。
Posted by ゴードン at 2017年02月06日 04:02
お誕生日おめでとうございます。
ジュンちゃんの熱は心配ですが、今年も皆様、元気にお誕生日を迎えられて嬉しいです。
Posted by @HENLLY at 2017年02月06日 07:44
今朝になってやっとブログチェック。へぇー、んー、そうなのか。

イチローさん、大変興味深いお話をありがとうございます。
組織の中での変化を嫌う部隊長。昇進が上司上官の評価とペーパーテストで決まる平時の軍隊においてはそんな長は多く存在するのでは。
ましてや、苦労して防大を出て必死の思いで指揮幕僚過程を通過した中隊長においては、「 おいおい、そんな事で俺の昇進にケチを付けるなよ!」てな感じなんでしょうね。
まぁ、民間企業の出世レースも同じですけど。
「 現場のミスで俺様の経歴にケチを付けるなよ!。」
的なヤツは、それぞれの同期の中にやっぱり居ますから。

しかし、富士学校の普通科部長の決定は英断ですね。
部門の長はこうあるべき!。な方です。
富士学校の普通科部長は陸将補の役職。さすがに将官になられる方は違うのでしょうね、きっと。

自衛隊であれば将官や連隊長クラスの1佐でないとなかなか「 責任は俺が 」的な事は言えないのでしょう。
組織上の権限も責任も必要でしょうし。
Posted by MIZ at 2017年02月06日 08:58
お誕生日おめでとうございます。
現役時代に重ね、とても興味深いお話でした。
また、楽しみにしています(^_^)。
Posted by こんた at 2017年02月06日 09:07
歩兵訓練にあっては、いっそ猟銃免許を取得させ、猟銃でイノシシやシカを追いかけさせたほうがよほど実戦?的な訓練が可能で、最近の農業被害の対策にもなろうかと思います。
by gundog

まったくそうですよ!!
ワシが日本の兵士でしたら、一緒に戦う仲間でショットガンかライフルの免許持ってないヤツがいたら同じ隊にいたくないですよ。
パチンコやったりポルノ雑誌見ているヤツラとも組みたくないですよ。
昇進ばかり考えている中隊長のもとでは絶対に戦いたくないですよ。
自分の身が危ないようでは国家なんて守れませんからね。
でも、ショットガンを持っている隊員に免許を手放せと言う中隊長もいたそうですよ(-_^:) 事件でもおこされたら自分が困るという保身術らしいのです・・・なさけないじゃありませんか、ホント・・・。

一方、
「中隊長、休暇で米国に行きたいので許可をください」
「・・・で、観光かね?」
「いえ、イチローさんとこで訓練を受けます」
「ほう♪ しっかり勉強しといで」
と言った中隊長もいましたよ♪
Posted by 市 at 2017年02月06日 16:53
おやっとさーです。もうお誕生日なのですね。一年が過ぎるのは早いものですね。
カゴンマの小学校ではインフルエンザが流行り下の子は学級閉鎖に追い込まれました。
ジュンちゃんの体調が気になります。イチローさんもお気を付け下さい。
スナイパー訓練思い出します。大分で雪降る中、駐屯地でAK持ってこそこそしてましたね。日出生台で雪の中隠れていたのも思い出しました。
別府の温泉もサイコーでした。
当時のギリースーツはムックみたいに前までカモフラージュされてて今みたいに洗練されていませんでした。
自分には懐かしい財産みたいな思い出ですね。
Posted by 喜多長喜多長 at 2017年02月06日 20:45
うだつの上がらない者から妬まれそうですが… ざれごとに惑わされず王道を往く姿が格好いいです いつまでもお元気でいて下さい

ありがとう(^O^)/
イチローさんは あまりにもシヤワセなので嫉妬マンがうじゃうじゃとよってたかりますが、嫉妬するよりはされる側に立てと姉に教育されていたので嫉妬マンが多いほど自分は恵まれているのだと解釈していますよ(^^)

カーネギーも書いていましたよ、
「他人に嫉妬などしたら、された相手は小躍りして喜ぶのだから、けして嫉妬してはいけない」とね(^o^)

嫉妬する人は、いつも不愉快な気持ちでいるので重い病気にも罹りやすいのではないかと・・・、いつもおおらかでいましょうね(^-^)/
Posted by 市 at 2017年02月07日 12:19
大変遅ればせながら、お誕生日おめでとうございます。昨年の護身術講習会では大変お世話になりましたm(__)m
長崎より市郎様、ご家族の皆様のご健勝とご多幸をお祈りしております(^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆
Posted by Ken from Nagasaki at 2017年02月08日 17:09
昨年の護身術講習会では大変お世話になりました
m(__)m

いや〜∈^0^∋
ケンさん、あんときゃ楽しかったね〜(∩.∩)
もっとゆっくり滞在すべきだったと反省しとりますよ(^-^)/
Posted by 市 at 2017年02月09日 12:46
陸自スナイパーのお話し、大変興味深く読ませて頂きました。やはり、世界トップレベルに至るには様々な面で研鑽の要在りですね。とは申せ、元々日本人の特質と言うか精神性(所謂「精神論」とは違う意味で)では、日本人に向いている職種だろうとは思います。彼等のこれからの精進に期待してます。何故か上から目線(^-^;

さて、文中にも有りました長谷部部長ご依頼の「Ichiro宅での富士学校教官2名のスナイパー特訓」、以前IchiroさんがSATマガジンのHOWAライフル特集でモデルをされていた方だとお見受け致しました…お答えは不要です。お顔は出ていないとは言え、国家機密ですし守秘義務の問題もございましょうから(^-^)

自衛隊上層部の問題については、ことなかれ主義がまだまだ蔓延って居るようですが、この長谷部部長やこちらでもお馴染みの二見さんのような「問題点の核心を突いて動じず前に進む侍」のような御仁が他にも沢山居られましょうから、役人上層部には早々にご退任頂いて、新鮮で健康な血に入れ換えましょうw

世界では…いや、ここ日本周囲では特に、安全保障の観点からとても危険な兆候が多々見受けられます。その兆候の何れもが「今、そこに在る危機」である事を知る日本人は、極々少数です。彼ら自衛隊員を含め、警察や海保の皆さんにもその準備をして頂いている事に深く感謝すると共に、どうかご無事で…と祈らずには居れません。
Posted by Mongoose at 2017年03月04日 21:54
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。