最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2016年10月24日

マイドクターと息子たち

市 (2016年10月24日 11:43) │Comments(4)訓練


なぁ〜アルフォンソ・・・この木なんか良さそうじゃないの♪ 11フィートの長さが採れるかい?

ラクショーだよダンナ・・・上から4インチのスラブを切れば、その下はデカイフシがありますやさかい、そこから3インチx20インチ巾を作ればええですねん(^^)

よーし♪ この木 キにいったぞい(^o^)


そしてドクターファミリーと待ち合わせの場所へ行きました・・・

ワシのクルマはホワイトタコマですねん・・・

ミーのはシルヴァーやど・・・

ちょっと余裕を持って到着、待ちながら考えた・・・シルヴァー、とだけドクターは言い、ワシは機種を聞かなかった・・・どうせベンツかBMW・・・よくてレクサスだろう・・・と想っていた・・・
したら

したらイブシ銀のタコマだった(゜◇゜)♪

あ、こりゃ佳いドクターにきまっとるわ(^○^)

え? どうだいヘンリー君(^。^)
彼は人格豊かで立派なお医者さんだろ∈^0^∋
そうにきまっとる(^◇^)

“しかもTRDじゃないの!! 負けたなぁ(^o^)”
“あー、こいつは最高よぉ〜(^ニ^)”


ガンは好き・・・だが正式に撃ち方を習ったことはない、たまに射場に行ってはブッパナス・・・それにホルスタもまだ持っていない・・・そういうファミリーだった。

ニック射場を見て、これはフツーじゃないと感じてワーウ!!と歓声をあげた。

“これはフォウリンプレイトというもの・・・見たことあるかな?”

“ナイナイナイでぇーす♪♪”

“これはショクンをクレイズィーにさせるターゲットだ・・・どうしてかは撃ったら解るだろう・・・”

こうしてイチロー教官は、こんせつテイネイに射撃のマナーと基本を教えました♪

プレイトを撃つとヤミツキになる・・その理由はカズヤの説明を待ちましょう(∩.∩)
とうぜんのように彼らもムガ夢中になりました(^◇^)

礼儀正しい息子たちの言動、教えに対する解釈などから知性の高いファミリーだと感じます。

再会を約し、幾度もお礼を言われて困ってしまいました(^^)





同じカテゴリー(訓練)の記事画像
魅力の多弾拳銃
5秒を切る!!
XD-9で護る
初めてのスティル チャレンジ
ベンジュで冬弾のテスト
練習ラストデイ
同じカテゴリー(訓練)の記事
 魅力の多弾拳銃 (2017-11-30 01:35)
 5秒を切る!! (2017-11-15 15:44)
 XD-9で護る (2017-11-15 00:34)
 初めてのスティル チャレンジ (2017-11-13 10:14)
 ベンジュで冬弾のテスト (2017-11-08 13:38)
 練習ラストデイ (2017-10-21 14:01)

Posted by 市 at 11:43Comments(4)訓練
この記事へのコメント
ご指名ありがとうございます。
はい。素晴らしいご選択と思います。ありがとうございます。ドクターのはイチローさんのより、ひとつ前マイナーですねー。
皆さん、ダブルキャブなのですねー。
Posted by @ヘンリー at 2016年10月24日 12:33
ドクターファミリーの射撃の後ろ姿、なんだか微笑ましくてイイですね。
親父の趣味に付合う、同じ興味の対象がある、息子達。
いつの間にか2人共自分より大きくなって。って感じです。
Posted by MIZ at 2016年10月24日 15:12
>プレイトを撃つとヤミツキになる・・
>その理由はカズヤの説明を待ちましょう(∩.∩)

仰せによりまかりこしました、自称日本一フォウリンプレイトを撃っている男、カズヤでございます。

私、文字通りプレイトを撃つことがヤミツキになっているのですが、何がそんなに楽しいのか、ちょっと長くなりますが、書かせていただこうと思います。

私が本格的にシューティングを始めたのは2011年のことでしたが、それまで一切のスポーツ経験が一切無かった私にとって、試合の日に向けて練習を積み、道具と己のコンディションを整え、すべてを賭けて戦うという体験は、あまりにも鮮烈で、何故もっと早く始めなかったのかと、心底後悔したものでした。

まずはフリースタイルの48枚をクリーンする。この目標を達成するため、死に物狂いで練習を重ねたのですが、どうしても、何度撃っても、1~2枚をぽろっと外してしまうのです。

もう自分にクリーンは不可能なのだと絶望しかけ、それでもひたすらに撃ち続けて臨んだ2013年8月の試合本番で、ついに48枚を倒し切った時、この身に湧き上がったあの達成感、高揚感は、それまでの人生における最高の喜びでした。

生まれて初めて、自分の努力で欲しいものを手に入れたという実感。

“どうしても出来ない”ということは無いんだと思えたことの喜び。

これらを知ってしまっっては、プレイト撃ちを止められるわけがありませんよね。

と、長々書きましたが、なぜヤミツキになるのかの理由にはなっていないような・・・(汗)

フォウリンプレイトの面白さって、一見簡単そうなのに、その実まったく上手く行かないところ、なのかもしれません

これだけで済むところを、随分と無駄話をしちゃって、大変失礼いたしました!。
Posted by カズヤカズヤ at 2016年10月24日 22:01
プレイト撃ちは、撃って面白いから。外すと悔しいから、また撃ちたくなります。人と競争すると勝ち負けがはっきりします。嬉しかったり、悔しかったり出来て、楽しいです。
きっと、そのうち親子で競争です。
また、楽しからずや。
Posted by chatter box at 2016年10月25日 07:05
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。