最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2015年12月26日

コールドスタートの動画です

市 (2015年12月26日 11:56) │Comments(4)訓練動画

てっぽとゆーヤツはですね・・・
朝一番がムズカシイのですよん(^_^;


運動して身体を温めると
すこしはヨイのですがね・・・
でも寒い朝は身体が震えてます(×_×)


ドロウが硬いですし、トゥリガープルも
カチンカチンで生きた心地がしない・・・
と言っちゃあオーゲサですが、
コールドスタートはタイヘンでね〜(>_<)

WCSでウマクいかないのは始めのステイジでドテドテとコロブからなんですよん ^_^;

と、いった動画がコレです(*^_^*)市

https://youtu.be/1BBqfXzv1Mc


同じカテゴリー(訓練)の記事画像
魅力の多弾拳銃
5秒を切る!!
XD-9で護る
初めてのスティル チャレンジ
ベンジュで冬弾のテスト
練習ラストデイ
同じカテゴリー(訓練)の記事
 魅力の多弾拳銃 (2017-11-30 01:35)
 5秒を切る!! (2017-11-15 15:44)
 XD-9で護る (2017-11-15 00:34)
 初めてのスティル チャレンジ (2017-11-13 10:14)
 ベンジュで冬弾のテスト (2017-11-08 13:38)
 練習ラストデイ (2017-10-21 14:01)

Posted by 市 at 11:56Comments(4)訓練動画
この記事へのコメント
これいいっすね

https://losgifs.files.wordpress.com/2014/01/nerdsgonnagetswole-buthowdoiintojet_8e88ac_4988275.gif?w=480&h=270
Posted by 須田浩之スダヒロシ at 2015年12月26日 15:59
いつもありがとうございます。

脳科学はやりのご時世ですが、これは今に始まったことではなく、最初にお邪魔した1980年でも、同じこと、同じ疑問で夜、食事の時の話題に何度も出てきましたね。
ただ、今はやりの脳科学っつっても、眉唾ということではなくて、情報の一部としての内容は、人によってこそげ落とすとこは落として、工学的な人体の見方といった点で、行くとしまして。
脳の働きが、睡眠でかなり、とどまってしまって、それを動かして暖機運転するのも、新しい、情報経路を、脳と、体の間に作り上げ、さも、トレースしたかのようにする必要があるようです。詳しくはお医者さんや、解剖学者さん、生物学者さんの最新の情報を教えていただきたいところですが、体内液体も、情報伝達物質であることから、それらが、ベン類として外に出て行ってしまってることも大きいと思っています。
先にあげたような、室内のシミュレータあたりがあると、射場にて撃つ時点で、すでに、かなりの暖気は出来上がりますからかなり、有効ですよね。
で、それとあわせ、スポーツのプロや、ハイアマーチュアさんたちがやっている、食事、飲み物の、ないようぶつが、体内の伝達物質の回路として、情報を構築する時間を、事前に稼いでおく、というのも、効果があるかも、というか、みなさんやってらっしゃるようですよ。
それと、体内の最適温度に近い温度のものを消化器には入れとく必要があるようですね。、
少なくとも熱すぎないお湯、濃すぎない、薄すぎない液体、それらもいいですよね。

入院とかはまだ必要ないけれど、大病院に行ったり来たりの日常の社会復帰に歩む少年より。
もうじき、四捨五入で還暦かあ、赤い服、増やそうかなあ、。
Posted by 須田浩之スダヒロシ at 2015年12月26日 16:57
まいど動画アップありがとうございまーすm(__)m
コールドスタートで安定したパフォーマンスを発揮するには?っていうテーマですが、さすがに答えを出すのは難しいですねぇ(^0^;) 自分はえーとそのーそこら辺は今までテキトーでしたので、真剣に考えてみたいと思います。(_ _ )/ハンセイ
Posted by テツヤ at 2015年12月26日 20:51
今日も一緒に練習させていただきました。2周目でイチローさんが撃つのを止めたシーンがありましたが、不思議なことに私もグリップを掴み損ねて撃てませんでした。同じような回数で同じようにストップするとはシンクロ率100%ですぅ~。でも、私のほうがぜんぜん遅いんですけど(´・ω・`;)
タカさん、速いですね。練習の賜物ですにゃー。いつも動画ありがとうございますm(_ _)m
Posted by ちびゆき at 2015年12月28日 00:29
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。