最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2015年12月16日

ゆいと撃つ♪

市 (2015年12月16日 00:53) │Comments(5)訓練


おっはぶわんよ〜(^O^)/
ちょっと用事で消えておりました・・・。

この日曜日はRun&Gunの試合だったのですが雨でキャンセルとなりユイもイシイもがっかり・・・でもキャリフォニアンは大喜び(^o^)
だって一日で5cmほどの雨に恵まれたのですからね♪
もちろん、これくらいではスズメの涙ですけどね。

で、ニック射場に集結してWCSをウチマクルことにしました。なぜって、ここは射座に屋根があるので雨天オッケーウコッケーなのです(^^)

イシイが日本から持って来てくれた、この長靴をはいてます。中国製ですが、とても履きやすく出来ているんですよ♪


降りしきる雨の下でニックさんを交えて次々とWCSを撃ちます。
ゆいの射撃を観ていると、あきらかに才能があります。
才能というのは、生まれ持った素質のことで、たとえば足の速い人は子どものころから速くて、練習をすると他の人々よりもズンズン速くなっていきますよね、そんなふうで射撃の上達にも才能が関係してきます。

「努力に優る天才ナシ」
というコトバがあって、努力による上達は欠かせません。
才能を磨くのは努力というわけです。
しかし最後は原石の資質にかかってきます。
才能が足りない人は高みにある幾つもの壁を突き破ることが出来ないわけです。才能があると普通の人が越えられない壁をなんなく通り抜けてしまうのです。

しかし個々の才能には限界があって、たとえばイチローさんなどは努力とクフウを惜しまない性格をもっていますが、才能の限界点はそれほど高くはなく、100m競争でいえば、どう頑張り続けても12秒を切れない・・といったものがあるわけです。しかし、これはこれで、自分の技量をわきまえてドングリの背比べなのだと認識していれば とても楽しい射撃ができるわけです・・・と言うより、なまじっか才能があると成長の痛みに苦しい想いをするのでイコジになったり判断力が低下したり、人々との交わりに支障をきたしたりなどして大切なナニカを失うことも多々あるのですよね。

そのムカシ、ヨーコというエアガン シューターが日本からダンナとともにやってきて半年ばかりウチの近くに住みこんで実弾射撃訓練に明け暮れ、その結果ビアンキカップのウーマンチャンピオンとなりました。彼女は才能&闘志のカタマリのようなオナゴでしたよ。たった半年の訓練で子どもの頃から撃っているアメリカ女たちを追い越したのです。まあ、日本語堪能な苦労人のコーチがいて全面的に協力したとはいえ(^^)ヨーコに才能がなかったら達成できなかったことでしょう。

ユイの射撃を観ていると明らかな才能が感じられます。体力を鍛え、ドロウや姿勢を変えることでタチマチにして上の世界に突っ込んでいけるというイメイジがわいてくるのです。しかし、日本という鉄砲アレルギーの国に住んでいるユイに対して “世界に挑戦したらどうだい” なんてとても言えません。
なによりも大切なことは「食える収入と住み家の確保、それと愛を得ること」ですからね。射撃は、それらをクリヤーしたうえで趣味としてやらないと生活にガタがきますから・・・などなどと内心で想いながら彼女のシューティングをワシは眺めていましたよ。

ともあれ、この日はみんなノリニノッテ撃ちまくりました(^^)
面白くて楽しくてたまらない♪といった雰囲気で・・・昼はもちろんイシイラーメンが出て(^o^)AR15のメイカーの人や現役CHPの教官も見学に来たりしてカレコレ各自400発ものタマをブッパナシましたよ∈^0^∋

WCSのスティール射撃って、なぜか撃てば撃つほどにオモシロクなってくるんです。
たぶん、そこにはまだまだ創意とクフウを流し込む余地がイッパイあるからでしょうね(^-^)





同じカテゴリー(訓練)の記事画像
魅力の多弾拳銃
5秒を切る!!
XD-9で護る
初めてのスティル チャレンジ
ベンジュで冬弾のテスト
練習ラストデイ
同じカテゴリー(訓練)の記事
 魅力の多弾拳銃 (2017-11-30 01:35)
 5秒を切る!! (2017-11-15 15:44)
 XD-9で護る (2017-11-15 00:34)
 初めてのスティル チャレンジ (2017-11-13 10:14)
 ベンジュで冬弾のテスト (2017-11-08 13:38)
 練習ラストデイ (2017-10-21 14:01)

Posted by 市 at 00:53Comments(5)訓練
この記事へのコメント
おやっとさーです。やはりセンスのある方は違うのですね〜。
確かユイさんとの初出逢いは秋葉原でなかったでしょうか。フィリピンの国際大会で自分のMy GUNが故障して借り物の銃で優勝した女性がいると聞きつけ、鹿児島から羽田に御帰りになった途中でお逢いしたのではなかったでしょうか?
Posted by 喜多長喜多長 at 2015年12月16日 08:23
イチローさん、お久しぶりですmightyshrikesです。
ユイさん、こんな人がシューティングスポーツを牽引してくれれば良いのにな~っと素直に思いました。
彼女が全米の大会に参戦して入賞をなんて勝手な願望を想像してしまいました。
こんな御時世でも、のんきな我が国ですのでシューティングの必要性をって言ってしかたありませんが。
とにかく才能のある日本人シューターが台頭する事を祈るばかりです。
p.s
ところで226SAOはお役御免になってしまうのでしょうか?それからタカさんがglock34をゲットしたそうなので
秘儀を伝授してあげてください。
実は小生もG34は大好物です(1911ガバと大きさは変わらないんですよね)それでは、また。
Posted by mightyshrikes at 2015年12月17日 00:58
一番上の鉄板の写真、いいですね。
こういう何気ない物に存在感を与える構成、好きなんです。

鉄板の底辺と背景の木々の梢の直線の揃い具合、こりゃ目に優しい。

鉄板の四辺の鋭さ、弾痕の数々、中空に浮かぶような圧倒的な力、
この強力な存在感にやりがいを感じるか、立ち塞がる壁を感じるか、
と問いかけていますね。

イチローさんのこの記事の文章を完璧に表しています。


イチローさん、写真、巧いですね。
こんな事を書くと失礼な気もしますが、書かずにはおれんのです。
(モーツァルトの『魔笛』の序曲を聞くといつも作曲の巧さに関心するもんですから(笑))
40年間のイチローさんの(射撃)人生も現れている。
大したもんです。
Posted by CYPRESS at 2015年12月18日 01:21
>イチローさん、写真、巧いですね。。(^。^)ははは、 ちょっと気を入れて撮るとCYPRESSはかならず見逃さずに解ってくださるのですよね〜!(^^)!
Posted by 市 at 2015年12月18日 13:18
CYPRESSさんのコメントから、この写真の意味はそういうことだったんですね。

 仁王立ちで立ちふさがる巨体のMr.ラクターングル「ヘイッ!ねんねの嬢ちゃん、俺とヤロウッテいうのかい?」暗雲立ち込める空の下、水溜りがどちらかの血溜まりを予感させる。相対するゆいにゃん、微笑みの下に秘めたる闘志『大和撫子をなめたらあかんぜよ』♪ちゃらら~ん、ちゃっらっら~ん♪普段と変わらぬ表情のままあっという間に弾丸を叩き込んだ。ゆいにゃんの何事も無かったかのような表情を見たMr.ラクターングルは自身に叩き込まれた弾丸を確認すること無く倒れたのであった。その後、日本人の小さな女の子に倒されたMr.ラクターングルはひどく落胆したのであったのであった~。ちゃんちゃん。私、楽しませていただきました。うふふふ。
Posted by ちびゆき at 2015年12月18日 22:42
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。