最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2015年07月24日

集団的自衛権

市 (2015年07月24日 07:50) │Comments(22)
集団的自衛権は違憲か合憲か???

そんなことはどうでもいいのだ。

日本を守ってくれる米国が危機に陥ったら全力をもって助けるのが人の道というものだろうが・・・。

アメリカがやられたら、日本の存続などありえないし。

日本をとりまく現実を観ようではないか。

イーチェ


Posted by 市 at 07:50Comments(22)
この記事へのコメント
"現実"が 有る ことを知って欲しいようにも思えます。現代日本人の現実は、スマホかテレビのなかです。スミマセン、お邪魔してしまいました。
Posted by champon at 2015年07月24日 08:09
シンプルに考えると、
万が一の備えはします。
何かが起きた時の備え。(備蓄)
侵入者への備え。(装備)
ヨソ様の敷地に平気で入るヤツ。
家まで入るヤツは、獣のようなヤツなので撃退しなければ、こちらが殺されます。
敷地に入るヤツ。
たまたま入ったのは、間違いだから、話せばわかります。
何回も入ったり自分の土地だと主張するヤツには、自己中心か悪意があるかのどちらかです。根底に「コイツなら、やっても抵抗しないだろう。」とか、「あいつは弱みがあるから抵抗しないだろう。」とか「オレさえ良ければいい」と言う考えがあるように思います。
こういう輩には、「コイツの所は、厄介だ。」と感じさせる必要があると思います。
それでもやってくるなら、人間ではないので、撃退するしかありません。
仲のいい、自分らの味方になってくれる人がいたら、助けるのは当たり前だと思います。
ただし、その人が悪い事をしようとしていたら、止めるか助けにはいかない。そうなると思います。
集団的自衛権の行使は、必要な時があると思います。
ただし、今の憲法には觝触すると思います。
いずれは、改正しなくてはならない
そう思います。
Posted by chatter box at 2015年07月24日 09:41
>ただし、今の憲法には觝触すると思います。 いずれは、改正しなくてはならない そう思います。。。集団的なんとやらなんてムッカシーことばはほっといて、憲法改正に着手したほうが国民はわかりやすくていいのですがね〜(^^)
Posted by 市 at 2015年07月24日 12:49
お世話になっています。
この議論も現実と理想の差のひとつかもしれないと思っています。
理想はそれぞれの人が好きなように持っていればよいので,正しいとか正しくないとかではないのでしょうし,好きなことを言えばよいです。

でも現実を動かすためには,もっといろいろ考えなくてはならないのだと思います。

昔,社会党が自衛隊は違憲だと言い続けていました。不要だと。
でも何かの間違いで,社会党が政権を取ったとき,国会で社会党の村山内閣は合憲ですと発言しました。必要ですと。無くせないと。

彼らの理想は,自衛隊は違憲で不要。でも現実を動かす立場になると,必要性に直面していくので,考え方も言うことも変えざる得なくなるのです。

沖縄基地も集団的自衛権も,現実を動かしている立場では必要なのだと思います。

失礼しました。
Posted by @ヘンリー at 2015年07月24日 12:56
なかなか、コメントしずらいみたいですがコメントします。
元々人間は、争い事から避けられない人種で、闘う事がDNAの中に組み込まれてる気がしてなりません。
理由、情け、人情、などで、戦いを成立させる事には、真っ向から反対です。
一つの事柄を、認めると、必ず緩和され
それが当たり前の様になる気がします。
自衛する事は、どの様な場面でも大切ですが、争い事での自衛、誰かが被害を受けているから、その後此方にも被害を受ける可能性があり得る為、加勢しながら、自衛と言う言語を使う可能性が多いにある様に
感じます。
戦いは、それに関わる、商業的なものにも
利益、流行り、プラスを生み出す事も、当たり前ですが、とかくミリタリー好きで闘う事に、憧れているだけで、自衛する事を
言葉だけで判断しそうな、若者が多いよう感じ心配です。
アメリカにより、造られた憲法と言っても
おかしく無く感じますが、紛れもなく、争い事の中に1ミリでも、近ずく事は、絶対に賛成できません。
Posted by PEACE at 2015年07月24日 14:14
地震、津波、台風、大火山、、おおきな厄災は向こうからやってきます。侵略への備えがなかった国々も次々と滅びてゆきました。まあ、それが地球人の大河ドラマなわけなのでしょうね・・・。しかし、日本が滅びるのをこの目で観るには忍びないです。かといってアメリカ無しで生き残れるだけの筋肉を日本はつけられるかと考えると、それはできそうもなく・・・そこがツライところです。
Posted by 市 at 2015年07月24日 15:47
私の拙い知識で、長い間戦争をしていない国があります。
スイスです。
永世中立国と言う理想を掲げ、第二次大戦中も、どことも組まず、戦わなかったと伝え聞いています。
しかし彼の国は国民皆兵ですよね?
何が言いたいかと言うと、武器持ったからと言って、誰がすぐ戦争するの?って事です。
武器持ったからって、すぐ人に向けますか?皆さん?
基本、私らの好きな道具は、悪人退治専用‼️ですよね?
Posted by chatter box at 2015年07月24日 20:56
このコメントで、最後にします。

人の行動なんて、解らないモノだと思います。
だから、犯罪が起きるのではないかと。

この日本を愛してやまない、のであるならば、方法だって
見つかるはずです。
簡単に3通りは、思いつくはずです。
1つ目は、アメリカ国籍を取得し、アメリカに永住する。
その後、軍隊に入隊、もしくは関わりあう場所に就職。
好きなだけ、コスチュームと、銃器に触れ合い、個人の満足度をみたし、適度に経験を積み、帰国後、雑誌などのコラムを担当し、自らの生活費を捻出。
趣味の範囲内で満足度をたかめる。
2つ目は、身体を鍛えるのは、程々にして、1つ目と同じく、
アメリカ国籍を取得して、アメリカに永住する。
そして、自分を含めて、もっとも苦手な勉学をし、アメリカ大国で政治家となり、歴代大統領をも凌ぐほどの大統領となり、愛してやまない、この日本を遠いアメリカから、援護する。勿論政治的に。
3つ目は、筋肉を鍛える事はほどほどにして、この日本で
ミリタリー好きな人達には、嫌な事かもしれないが、とにかく、勉学。
のちに、この日本で政治家を目指し、首相迄登りつめる。
諸外国との、交渉を円滑に進め、愛してやまない、この日本に戦争の無い、平和な時代を築くよう、最大限の努力をする。
まあ、何が言いたかったと言うと、武器を持たなくても、
ペンでも、人々を幸せへと、導く事が出来ると言う事でした。
自己防衛と言うと、直ぐに、体力、腕力、モノ、とミリタリーマニアは連想しがちですが、勉学での、切り開くやり方
も、一つ選択肢に、いれて欲しいと思います。
そうしないと、異種独特な、マニアのカテゴリーから、いつ迄たっても、抜け出せなくこの、業界の進歩も無いのでは?

進歩も無くていいのであれば、趣味の世界のマスの中に
止まっていた方がいいのではないのでは。
長文、失礼しました。
誰かが、1人でも気に止めてくれてら、幸いです。
失礼しました。
Posted by PEACE at 2015年07月24日 23:58
非武装中立なんて単なる幻想で。
平和憲法を堅持すれば平和が守られると信じるのは念仏と同じ(『戦争憲法』の国なんてあるのか、とツッコミ)。
スイスも武力があったから、ドイツ軍も避けて通ったわけで。

「戦わずに済むように、戦う準備をしておく」のは、別に矛盾した行為とも思えません。
むしろ、9条を守れ派の方が矛盾、というか憲法を蔑ろにしているような。
9条を真摯に読めば選択肢は二つしかないはず。
・戦力は全て放棄して自衛隊もなくす
・憲法を改正して自衛隊の存在を明記する

今はグレイというか曖昧というか、レフトウイング(笑)も結局は日本人らしいな、と。

それはそうと、この前の国会って「強行採決」なんですかねぇ?
Posted by ルシファ at 2015年07月25日 09:34
何時の頃から日本人は義を尊ぶ事を忘れたのでしょうか………
自分達を守る為に命をかける義を持つ人々へ義をもって応える事が悪い事ですか?

私は自衛官になる時にもし大切な人や場所を守る為に誰かが血を流し命をかけるのならば、見知らぬ人に任せて自分は何もしのでは無く自分自身が血を流し命をかけようと思いました

有史以来、武器が人を殺した事は無く 人が武器を使い人を殺すのです

国、大切な人 守ると志をたて日々その志の為に励む自衛官を信じれませんか?

永世中立国のスイスも永世中立を掲げたのには産業に乏しく、家族を養う為に傭兵として隣国で戦い、ある戦場でスイス人傭兵同士が戦いほぼ全滅してしまうという悲劇があり二度と同じ悲劇を繰り返さない為に永世中立を誓ったのです

なんか取り留めの無いコメで澄みませんm(_ _)m
Posted by 圭太 at 2015年07月25日 10:23
この記事で気になるのが、法案よりもイチローさん。
どうも行間から伝えたい事があるけど、残念ながら今は書けない、
そこを汲んでくれ、と言う匂いが立ち上ってます。

さて、この法案、
読売新聞の6月8日付と少々古い世論調査でさえ反対が59パーセントもある。
http://www.yomiuri.co.jp/feature/TO000302/20150607-OYT1T50081.html
その後、数字が変わっている様でしたら教えて下さい。

自国の憲法を守らぬ二流国に成り下がった日本であります。
この辺の理論の破綻は日本の野党だけでなく、
敵国にも利用される事を全く考えていません。
闘う前から相手に有利な点をくれてやる戦術眼皆無の自民党政権。

これと関連し、自民党議員は自党の意見に反対する新聞社は潰せと言う。
しかも「表現の自由」とまで言い訳する始末。
こんな教養と教育の無い人間が国政に携わるとは、
尖閣諸島問題で日本に同情的だった利害関係の無い国でも、
日本も中国と同じ程度と捉えられ、
またしても味方を失い敵に利点を与える恐れ増加。
オマケに安倍首相はそんな議員を除名処分して自民党自体は良識ある政党だと
示す政治力も無い。
(→「演技力」が無いとも言えます)
この点も他国に利点を与える恐れあり。

憲法9条を改正しない限り、どんないい訳をしても、自衛隊は違憲、憲法違反。
もう一度書きますが、その点を攻撃するのは日本の野党だけでなく、
敵対する国も攻撃してくるのです。
海外との戦いは軍事力だけの戦いではないのです。
戦う前から不利な点があるのです。

また9条に関連し、戦争の定義を考えねばなりません。
第二次大戦後、国と国との戦い以外が出て来ました。
東西二大大国の代理戦争。
テロリズムとそれに対する対抗。
現在アメリカのISに対する空爆は戦争ではないのでしょうか?
イタリアの様に外交問題解決のために軍事力を行使しないと憲法で定めても、
宣戦布告をしていない事を理由にユーゴ空爆をした国もあるのです。

私にはこの法案、小林よしのりが言う様に「従米法案」としか思えません。
→http://yoshinori-kobayashi.com/8102/

アメリカと同盟国の防衛費を日本にも負担させ、
更に装備を共有しアメリカの軍需産業を儲けさせようとしてる、
としか私には思えません。

中国とはユダヤキリスト教国家とは違い日本と共通の価値観、儒教があります。

孟子、巻第七、離婁章句上、二十九から
小林勝人の口語訳

(前略)
今ここに一人の人があって、その人が自分に対して無理無道をしむけてきたら、
君子は必ず[腹を立てずに]まず自分を反省する。
『これはきっと自分が不仁なのだろう。きっと無礼なのだろう。
そうでなければ、相手がこんなに無理無道をしむける筈がない』
いくら反省して見ても、自分は不仁でもなく無礼でもないのに、
相手が依然として無理無道であれば、君子はまたも自分を反省する。
『これはきっと自分の誠意が足りないからだろう』
(後略)

外交は握手であり、現在は互いに左手を見せ合ってる状態。
かつて、自民党には田中角栄、民主党には小沢一郎がいて右手も見せていたのですが。
Posted by CYPRESS at 2015年07月25日 11:14
PEACEさんって、どういう職業の方なのでしょうかね〜(?_?)民主党とか共産党の議員さんなのかな〜・・・?
Posted by 市 at 2015年07月25日 13:25
>この前の国会って「強行採決」なんですかねぇ?。。。たかがガンオタクのバカでマヌケなワシには「多数決により正しく決まった」としか想えないのですがね(^○^)
Posted by 市 at 2015年07月25日 13:37
>平和憲法を堅持すれば平和が守られると信じるのは念仏と同じ(『戦争憲法』の国なんてあるのか、とツッコミ)。←ぜったいにおもしろいデス(^○^)わははははははは\(^O^)/
Posted by 市 at 2015年07月25日 14:00
私は頭が悪いので、詳しいことは論争できないんですが、市郎さんが記事本文で書かれていることが心情的には一番納得できると思うんですがね。
Posted by dnag(ドナグ) at 2015年07月25日 14:19
村山元首相いわく「与党は憲法解釈を変えて戦争ができる国にしようとたくらんでいる」のだそうです。つまり彼は「戦争のできない日本」にしたいわけあるよ、それはチューゴクにとってこの上ないプレゼントあるよ(^o^)
Posted by 市 at 2015年07月25日 14:29
ドナグさん、ワシも思考力ないと悩んでいるのですが、学生時代に空手四段の男を殴ってカネを奪おうとしたヤツなんて一度も見たことなかったものでね〜(^○^)
Posted by 市 at 2015年07月25日 14:36
私のネタ元の1つというか、思考力を失わないためにチェックしているサイトの1つです。ほぼ息抜きですが(笑)、なかなか鋭いものがあるかと。

http://www.mentsu-dan.com/#diary

まずは7/23の記事。私の言いたいことはほぼ示されています。

先日、新聞社についての圧力云々が話題になっていましたが、もはや新聞を含めたマスメディア自体が「権力」なんですよねぇ。
そういう自覚もなく(善意でそう信じたい)、いつまでも「反権力」のつもりで国民の思考を誘導するように情報を垂れ流す姿は、滑稽を通り越して気味が悪いです。
朝○新聞が槍玉に上げられることが多いですが、地方紙も酷いものです。自分たちの信じる正義とやらを通すためにフィルターを通して報道する行為は、大本営ナントカと本質的に何も変わらないと思うのですがね…。
Posted by ルシファ at 2015年07月25日 22:03
強行採決は与党が多数派なんですから、決まるのは間違いなく、問題はありません。
問題は、この法案が戦争国家へと導く可能性を自民党が否定出来ない事。

また別の問題は、自民党と意見が違う新聞社だから潰せと言った事。
大問題です。
しかも、言論の自由とは、言語道断。
自民党もこんな事を言う議員がいるとは、末期症状。
議論を戦わせるのが政治家であります。

目的が手段を正当化するのは絵空事の中のみ。
憲法9条の良し悪しは別として、圭太さんの様な心構えと決意の自衛隊員のためには自衛隊を合法化する必要があります。

アメリカの正義?
イチローさんの記事にも出ましたが、有色人種を蔑視する白人中心のアメリカが日本を助けるか?
純粋に正義だとは思えません。
自国の利益のための正義でしょう。

まぁ、かといって前回の中国での反日デモの無法狼藉振りとヒラリー・クリントンの「尖閣諸島は安保の範囲内」の一言で収まるのを見ると軍備の必要性は疑いなし。

現在の状況で危険なのは中国とのパイプ役の政治家がいない事。
中国にしてみれば、米軍の次期主力戦闘機F35の垂直離着陸型が脅威でしょう。
ヘリコプター搭載護衛艦「ひゅうが」を「臨時空母」にすることも可能だから、米軍第七艦隊の空母が一隻増える訳です。
そして日本製の電子機器の優秀さも知ってますから、
中国の方も日本を恐れないはずがありません。

外交は両手で行うもの。
左手の武器だけでなく、右手の対話も必要。
小沢一郎を継ぐ日中のパイプ役が早急に必要です。
Posted by CYPRESS at 2015年07月26日 16:38
CYPRESSさん、「戦争国家」とはどういう国家なのか教えていただけますか? 銃で武装しているワシなんか、さしずめ「戦争人間」という部類に入れられそうでシンパイなんです。有色人種を蔑視するアメリカ、という考え方は、アメリカの社会に住んでワシはずいぶんと変わりましたよ。そこには蔑視が根源にあるというより、蔑視せざるをえないという部分もあるので、そこを充分に洞察したうえで全体を理解しないといけないと想います。それと、国家間の絆は正義で結ばれるのではなくて「利益」で構築されるのではないかとワシは想っているのですよ。個人間の絆もワリとそうではないかと。それは人間の性質上、しかたのないことではないかと・・・。
Posted by 市 at 2015年07月26日 22:33
イチローさん、
戦争はややこしいので少々お時間をお願いします。
イチローさんの場合は、このブログで仁、義、礼、智等儒教的な考え、行動規範が分かるので、
戦争的とは思えません。
アメリカ連邦政府とは違い、2ちゃんねる風な人に対しても心が広く時間をかけ分からせようとしています。

中国に拡大志向があるのは間違い無いと思いますが、
同時に日本を恐れ、怖がっていることも間違いないと思います。
日本人の優秀さと工業製品の高品質を知っているので、
武器輸出が解禁され軍需産業が復興したら…
中国の肩を持つ気はありませんが、中国の立場に立ち考える事は絶対必要です。
その為にも中国とのパイプとなる政治家が早く表れることを熱望しています。

国家間の絆は正義ではなく、利益、その通りだと思ってます。

江藤淳著、文春文庫刊、『閉ざされた言語空間』
是非ご一読を。
これには白人が有色人種を蔑視してるとは一言も書いていませんが、
内容の背後には蔑視があると思えてなりません。
Posted by CYPRESS at 2015年07月26日 23:58
最後といいながら、また来てしまいました。
私は思うんですよ。
今の30代40代50代60代の年齢で、ここに来られるマニアの方の将来なんて、正直気に止めていません。
これから、生まれ来る、たとえば、孫の時代に、戦う、と言う選択肢がある様な時代
を望んでいません。
何処の党だとか、何処の党だから、だとか
すべて関係ないのでは?
今の私が、ハッキリと言えることは、もう一つあります。
銃器や守ると言う、言葉の代用として、戦う、を実践、お望みなら、日本国籍を捨て
海外へ行って下さい、これだけはお願いしたく思います。
失礼しました。
Posted by PEACE at 2015年07月27日 22:20
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。