最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2015年06月22日

デベソ事件

市 (2015年06月22日 02:01) │Comments(14)てっぽ


ヨシを討とうとする我がナウリン・・・

あれれ?・・筒先になにか(?_?)


だはははははは〜(^○^)
なんだこれぇ(^◇^)(^o^)

オイラのナウリン デーベーソッ(^0^;)

して原因はなにか??
火薬が入ってなかった?・・・
ノーノー!
だったら先までブレットがいきません。

火薬が足りなかった・・・
いえいえ、バシュと燃えました。

じつは




プライマーをファイリンピンが打ったとき、プライマーに穴があき、その穴から発射ギャスがブシュッと抜けたのです。

これが二度もおこった〜!!(◎-◎;)

どうもこのごろのフェデラル プライマーは柔らかすぎというか薄くなったというか、ぺちゃんこになりやすいのです。

しかし、こういうのは初めてですよん。

明日、月曜日の中国。
いきなり投資家たちの株の投げ売りが始まって世界恐慌のトゥリガーとなる予兆ではないかと(@_@;)

それともタマタマおこったタマ詰まり現象かな?

しかし、これが5インチバレルだったらタマは20mくらいは飛んだかもね(^○^)



同じカテゴリー(てっぽ)の記事画像
魅力の多弾拳銃
4インチパイソンの想い出
現在の狙撃拳銃
8インチのパイソン
パイソン マンハンター
I know what you are thinking・・・
同じカテゴリー(てっぽ)の記事
 魅力の多弾拳銃 (2017-11-30 01:35)
 4インチパイソンの想い出 (2017-11-28 03:42)
 現在の狙撃拳銃 (2017-11-26 14:24)
 8インチのパイソン (2017-11-25 22:35)
 パイソン マンハンター (2017-11-24 23:32)
 I know what you are thinking・・・ (2017-11-24 13:18)

Posted by 市 at 02:01Comments(14)てっぽ
この記事へのコメント
こんばんようさんです。

そんなことが、起こるんですかぁ~

事故にならなくって何よりですぅ

そのブレットとケィスは、御守りになりそうですねー
市彦神社の~~(^3^)/
Posted by まう@東大阪 at 2015年06月22日 02:06
>そのブレットとケィスは、御守りになりそうですねー。。。ああっ(◎-◎;)しまった〜(-_^:)・・・これマウにあげればよかったんだな〜(^_^;・・・ブレットは回収してリロードしちゃったよ〜(>_<)ナウリンのライフリング着きだったしね〜(-。-;) ケイスはまだレンジにあるかもしれないので探してみるっち(^_^)ジゲン流の紋章あんがとな〜(^-^)/ そうそうFUMIさん、お茶の差し入れに感謝でーす<m(__)m>
Posted by 市 at 2015年06月22日 02:38
イチローさん。こんにちは。

((((;゚Д゚)))))))
熱いギャスが後ろへ来たのではないですか?
怪我はなかったようですね。
良かったです。
m(._.)m

ギャスが後ろへ抜けてナウリンファイアリングピンやスプリングって大丈夫なんですか?
!?(・_・;?
Posted by 駄武ー at 2015年06月22日 04:39
>熱いギャスが後ろへ来たのではないですか?。。バシュッと顔にきたよ(^◇^) ナウリンはスライドの内側が削がれているじゃんか、なのでファイリンピン丸出しじゃんか、そこから噴き出したギャスがハンマーの上あたりから後ろに噴いたわけで(^o^)でも直接に顔に向かったのではなくて拡散されたわけで、痛くもカユクもなかったよ(^-^) むしろMP5SD3のほうがよほど涙が出るよ(^。^)
Posted by 市 at 2015年06月22日 06:10
イチローさん、お疲れ様ですmightyshrikesです。
これは珍しい、銃が完璧でもプライマーがヘタっちゃうと困りますよね。
でもナウリンカスタム自体は無事みたいなので安心しました。
6インチナウリンは芸術品ですからね。
それでは、また。
Posted by mightyshrikes at 2015年06月22日 06:38
お世話になります。渡邉智彦です。
初めて見ました!!!
実銃の怖さを改めて感じました。
お怪我なくて良かったです。
これからも応援しています。
Posted by 渡邉智彦 at 2015年06月22日 09:44
銃口をタマで塞がれ、全圧力が後ろに行くわけですから、怖いですね。 何十年か前にGUN誌で、ハンマー目ん玉直撃事件リポートがありましたよね。 あの時はショックで、今も忘れられません。   とにかく無事でよかったです。  
Posted by ももすけ at 2015年06月22日 11:31
>ハンマー目ん玉直撃事件リポートがありましたよね。。。(;。;)あのときは、目の中で出血し右目の視界が真っ暗になったので失明したかと想いましたよ。メガネのガラス破片が目に突き刺さっていたので慎重につまんで真っ直ぐに抜きましたよ(@_@;)いまでもゾッとします(◎-◎;)しかし、よくオボエテいてくださいました♪感謝(^^)
Posted by 市 at 2015年06月22日 12:06
いやあ、殆どの人が、憶えているのではないでしょうか。

僕も、ワルサーP-38の、上面パーツが後ろに飛んできたり、デザートイーグルのハンマーが、同じように、折れて、飛んできたりと、実銃は、色いろあるなあと、
あの記事を読んだ後でしたので、装備もきちんとしていたので、助かった思い出があります。
正直、銃砲刀剣類所持取締法や、武器輸出法がありますので、ニホンでまともなパーツをつくるというわけにいきませんけど、友人の町工場などの信頼性を考えると、本当に、日本製パーツが輸出できたら、競技などなら良いだろうなあと思ったりします。
Posted by 須田浩之スダヒロシ at 2015年06月22日 12:46
無事で何よりでした(¯―¯٥)
プライマーの設計上、想定しているファイャリングビンの硬度を上回っているのも一因なのでしょうか?
ライフリング付き弾頭…
中々手に入らない貴重品ですね(ㆁωㆁ*)
我が家には祖父からいただいたライフリング付き弾頭と薬莢の50口径がありますが(ㆁωㆁ*) 数十年磨いて無いのに未だに腐蝕もなく
祖父が厚木基地でP51の空襲を受けた時に拾った物だそうです
薬莢、見つかると良いですね♪
Posted by 圭太 at 2015年06月22日 17:59
イチローさん。こんにちは。

>ナウリンはスライドの内側が削がれているじゃんか
なるほど!!
((((;゚Д゚)))))))
ただ削って軽量化するだけではなくて削る場所にもちゃんと意味があるんですね!
d(^_^o)

ありがとうございます。
勉強になります。
m(._.)m
Posted by 駄武ー at 2015年06月22日 23:05
>ただ削って軽量化するだけではなくて削る場所にもちゃんと意味があるんですね!。。いやいや、まさかそんな事故に対応しての削りではないと想うよ・・・ワシとしてはスプリングが汚れやすいので外側を落としてくれたほうがいいと想うんだけどね。
Posted by 市 at 2015年06月22日 23:55
こんばんようさんです。

イチローさんのベネリのハンマー事故は、衝撃でしたよ。目が真っ赤になってる写真や、折れたハンマーは、
モデルガン少年には衝撃でしたよ。

当時のMGCのウッズマンのカートは、凄い勢いで飛び出し、隣の家のゴミ箱に突き刺さったりしたのを思い出したマウ少年はスーパーマーケットで安物サングラスを買いましたわ。
安物プラスチックレンズ(大阪弁では、プラッチックレンズ)なんで、安全かは疑わしいですが、形から真似っこする第一歩でしたわ。
Posted by まう@東大阪 at 2015年06月23日 01:07
イチローさんこんにちは。

 これはあくまでも推測ですが、ここ数年、グロックやその亜流のハンドガンが主流になり、これらストライカータイプのファイリングピンでも確実に発火させることが出来るよう、プライマーが薄くなった、ということは考えられないですかね。
 グロックのファイアリングピンは、少しでも発火を確実にするために特殊な形状をしていると聞きますし。

 ところで、ベネリの記事は私もすごく印象に残っている一本です。
 私はあの記事のから銃の怖さだけでなく、人生で必要なことの幾つかを学んだような気がします。
 今でも多くの人に読んでほしい記事ですので、もしイチローさんさえよろしければ、S&WM65の時のようにデータ化して送ろうと思いますが、どうでしょう?
Posted by 神武 保具 at 2015年06月27日 06:53
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。