最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2015年05月27日

素晴らしい生き様

市 (2015年05月27日 23:13) │Comments(6)語りのプラザ
驚きました。 当方もTROOPERさんとは、面識ございませんが 同じ穴の狢ですので、皆さんと同じで彼の気持ちやスタンス、理解できていました。 すばらしい人格の方です。 ご本人にとってもさぞ不本意な死に様を選んでしまったのでしょう。しかし、彼の生き様はすばらしかったと思います。 心より、お悔やみ申し上げます。
東GO


「しかし、彼の生き様はすばらしかったと思います。 」
これには、まったく同感です。

江戸訓練のあたりでワシは東京に数日いましたが、その間にTROOPER君ほど長いことワシの近くにいた人はいませんでした。
なにしろ朝から夕食までずっといたのですから。
でも二人っきりになる時間はあまりなくて、自己紹介や境遇を断片的に聞くだけでした。

心に残る男でしたので、このまま別れるには惜しいと感じ、メアドを渡し、絆をキープする意味もこめて日本のTV番組を録画してほしいと頼みました。彼は知的な番組が好きでしたので気が合いましたよ。

年老いて病に伏せている母親を介護することを自分の運命とし、積極的に受け容れて実行する姿にワシとナナは打たれるものを感じていました。

猫も飼っており、そのためにも生きつづけなければならない、という気持ちもあったようです。
なにかに自分を捧げることで、自分自身を支えているようなところがありました。
こういう人が多い国ほど良い国家と成り、日本の良さはこういう人間たちによって創られているのだと感じていました。

目の前に助けるべき人がいたら、そこに自分のすべてを投入する・・・
そういう、とてもできないことを実行し・・・でも、何らかの理由が重なりすぎて力尽きたのではないかと・・・。

ここに来る人たちのコメントを読んでいると、自分が射撃に浮かれていることに恥ずかしさを感じることが多く・・・それでも止められない自分を見つめながら、ワシもいつかは人の役に立てることがあるかもしれない・・・とにかく子ども達だけはしっかり育てよう、などと想うのです。

このブログに参加してきて自分の想いを語るのを読んでいると、いつしかワシは君たちが自分の教え子のように想えてしまい、昔観た高峰秀子の「24の瞳」を観たり・・・。

ともあれ、彼は去っても、彼の想い出は、より鮮明に我々の心に存在し続けるわけで、これは良い遺産だと想います。

ところで、
TROOPER君は、この世の苦しみから解放され、人間界で体験した不都合な事などへの対処方法をDNAで修正され、より対応力のある強い人間として新しく生まれ変わってくるような気もするのですよね。




同じカテゴリー(語りのプラザ)の記事画像
トランプさんから手紙が・・・
空気銃の想い出
クボタンを知らない ド馬鹿警官
タクマ食堂 訪問の巻
ラストサムライ
まにあった♪
同じカテゴリー(語りのプラザ)の記事
 新 市ブログへの誘い (2017-12-01 10:00)
 弱くも強くも君しだい (2017-11-29 00:27)
 New 市ブログの構想 (2017-11-20 12:21)
 どこが入力禁止じゃい? (2017-11-20 11:59)
 トランプさんから手紙が・・・ (2017-11-17 08:45)
 空気銃の想い出 (2017-11-06 10:49)

Posted by 市 at 23:13Comments(6)語りのプラザ
この記事へのコメント
お世話になります。渡邉智彦です。イチローさんの、新しく生まれ変わる、、私もTR00PERさんが新しく素晴らしい魂で生まれ変わってほしいと願っています。実家が寺なので良く転生や魂などをつい考えてしまいます。TROOPERさんは人の気持ちを良くわかり、人のためになにをすれば喜ばれるか分かったいた方のようですね。だからこそ、ぷつりと生きる気持ちが切れてしまったでしょうか。残念でなりません。イチローさんにお会い出来た事は心の支えになった事と思います。私もその一人です、誰かを憧れ、その方が何かにのめり込み楽しんでいる姿を感じる事は非常にうれしく、私もそれほどまでとはいかないまでも好きであり続けたい!と思います。生きなくてはいけませんね。これからも応援しています。
Posted by 渡邉智彦 at 2015年05月28日 00:17
TROOPERさん、
やはり母上が亡くなられたのではないでしょうか?
また、ご自身の体の方も。

それでも、自殺はいけません。
どんなに素晴らし生き方、人格だとしても、
自殺は生を否定しています。

TROOPERさんはお名前から察するとMGCのトルーパーMK-IIIに思い入れが深かったのでは。
だとすると50歳前後で酸いも甘いも味わいそれなりの分別があるお歳。
自殺などもっての外と分かっていながらも、浮世との最後の絆が切れてしまったのでしょう。

TROOPERさんと同じ境遇、状況でも自殺されない方が大半ではないかと思います。
その違いは何だったのでしょう?
A small change makes a biiiiiiiiiig difference.
小さな違いが大--------きな差を生む。

私自身キリスト教徒ではありませんが、荒ぶる神々と柔和なイエスの話は参考になると思います。
荒ぶる神々については、
旧約聖書ヨブ記
(→『ヨブ記』では古より人間社会の中に存在していた神の裁きと苦難に関する問題に焦点が当てられている。正しい人に悪い事が起きる、すなわち何も悪い事をしていないのに苦しまねばならない、という『義人の苦難』というテーマを扱った文献として知られている。(Wikiから))を基にした、
三浦綾子著
『泥流地帯』
『続泥流地帯』
イエスについては、
遠藤周作著
『イエスの生涯』

最後に、
TROOPERさんはこれに納得されるでしょう。

子の曰く、父母の年は知らざるべからず。
一は則ち以て喜び、一は則ち以て懼る。
(論語 巻第二、里仁第四、第二一章)

合掌
Posted by CYPRESS at 2015年05月28日 00:49
昨日の昼間、ぶわかもの組連絡網で村野さんのことを知り、なんともやりきれない気持ちで先ほどまで仕事をしておりました。

村野さんと同じ体験をしていない自分には、その選択に対して語るべき言葉が見つけられませんが、イチローさんを敬愛する仲間がいなくなったことが、ただたまらなく寂しく、本当に残念な限りです。

村野さんの魂が安らかなることを、心より祈ります。
Posted by 出二夢カズヤ at 2015年05月28日 00:50
おはばんようさんです。
全貌は判りました。自分も母親の面倒を観ている立場なのでただ今回の記事は、、、『辛い』 この一言に付きます。昨日母とも話したのですが、母も「嫌だねぇ~そういう話」しばしうつむき加減、、、。今、親の終末について考えている次第であります。
 
Posted by まぁ~ちゃん at 2015年05月28日 05:23
イチローさん、ご無沙汰です。
trooperさんの件、残念と言いますか、何と表現すればよいのか。面識はございませんが、謹んでご冥福をお祈りします。こちらのブログに書き込まれる内容を拝見していますと、人生の交差点をそーっと見ているような気がします。いつも見ているだけで、自分は何も出来ませんが、trooperさんの件を機に、どのように交差点と向き合うか、悩んでおられる方がいれば、少しですが、お役に立てたらと思いつつ。。偉そうな事を書き込み、すみません。
もうすぐ梅雨入り。。
指宿M19
Posted by 指宿M19 at 2015年05月28日 07:28
イチローさん

ただ悲しいの一言です。対ナイフ訓練でのツナギ姿での勇姿を思い出しております。

イチローさんのブログでのコメントを拝見し、苦しい状況ながらも頑張っているな~、俺も頑張ろうと励みにさせて頂いておりました。
親の介護、仕事、私生活と3つの難事を、長期間に渡って一人で耐えて行くのは、難しかったのだろうと想像します。
今はただご冥福をお祈りし致します。
Posted by 貸本屋 at 2015年05月29日 08:18
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。