最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2014年03月30日

空間処理

市 (2014年03月30日 23:09) │Comments(1)語りのプラザ
「『空間処理』とはなんぞや?」 くぅ〜(悩)! 夕方のBOGの撮影の時から、も〜ず〜っとず〜っとず〜〜っと「『空間処理』とはなんぞや?」モードです。 グラフィックデザイナーに聞いてみたり、美大生(ムフフ、、、)に聞いてみたりしていますが、まだ全然ピンときません。 カメラのファインダーをのぞいてシャッターを押そうとすると、そこに写し撮られる絵に到底責任が持てず、吐きたくなるので目をつぶって押しています(ウソ)。 市郎さんが撮った写真を見ながら、 実は後日こっそりひとりで撮りに行ったりしています。 市郎さんの写真と、真似して撮ったつもりの自分の写真を、じ〜っと見比べてみるのですが、ど〜もなんか違う。何かが違う、、、イヤ、もう全〜然違うんです。 CYPRESSさんがアドバイスしてくださったように、絵を描いてみたりなんかすると、良いのですかねぇ、、、(悩)
Taka



そりゃオマエ、きまっとるやんけ
クーカンをどっさり入れろっちことやんけ
(`・´)/ ・・・USO

空間処理とは画面内に写し込まれる
すべてのモノがバランスされていると
いうことよ・・・
で・・・これだけなら簡単なんだけど、
撮影者の個性を感じさせるバランス、
これがないとプロじゃなくてな〜

安定したバランスって退屈だからな〜
どこか哀しく、どこか陽気で、まずは美しい、
こういう映像を追究するんだよ。

オレ、美意識ってどんくらいあんのかな??
ということをまず己に問うことだね。

これは美大生くらいじゃまだ解らんし
美大の先生にでも永遠のテーマだから
教えるのは難しいんよ・・・



同じカテゴリー(語りのプラザ)の記事画像
トランプさんから手紙が・・・
空気銃の想い出
クボタンを知らない ド馬鹿警官
タクマ食堂 訪問の巻
ラストサムライ
まにあった♪
同じカテゴリー(語りのプラザ)の記事
 新 市ブログへの誘い (2017-12-01 10:00)
 弱くも強くも君しだい (2017-11-29 00:27)
 New 市ブログの構想 (2017-11-20 12:21)
 どこが入力禁止じゃい? (2017-11-20 11:59)
 トランプさんから手紙が・・・ (2017-11-17 08:45)
 空気銃の想い出 (2017-11-06 10:49)

Posted by 市 at 23:09Comments(1)語りのプラザ
この記事へのコメント
先日、上野の東京国立博物館で俵屋宗達作、国宝『風神雷神図屏風』を見て来ました。
まぁ、一見可愛らしくユーモラスな屏風絵です。
しかし、絵描きとして見ると構図、空間の活かし方、筆致に驚く、驚く、驚く(@_@)。
自分の視線を自然に絵の中で一巡させてから、なぜそう動いたか考え辿ると、驚愕の構成、絵だと分かります。

そして同博物館の別室で展示されている尾形光琳が模写した『風神雷神図屏風』を見ると、また驚きます。
この光琳の屏風が国宝ではなく、重文なのか一目で分かります。
この屏風では、なぜか光琳の筆も冴えないのですが、
それよりも空間の活かし方が完全に俵屋宗達に負けています。
光琳の屏風には、風神と雷神の名前から想像出来る空を自由に飛ぶ飛行感、動き、空間の広がりが在りません。
また雷神がなびかせる細帯の描写が下手なこと(溜息)。
光琳の屏風では「バフだれ」してます。
神様の持ち物とは思えぬ安物ですよ、光琳の絵じゃ(溜息)。
なんでこんなに下手なんだろう、とガッカリしました。

プロの写真家を目指してる方は見に行った方がいいですよ。
俵屋宗達にイチローさんの天才の血筋を見る思いでした。
Posted by CYPRESS at 2014年04月11日 23:31
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。