最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2013年10月30日

とどのつまりはガンハンドリング

市 (2013年10月30日 02:39) │Comments(5)訓練
20年も前、スティーヴン・ハンターの"Point of impact"を読んだ時、大藪晴彦の小説が全て一瞬で輝きを失いました。 イチローさんの『銃口意識』と『経験者語る』はそれと同じ位素晴らしい。 銃の持つ本質、人を殺す道具である事をこれ程明確に、的確に書いた記事は今まで読んだことがありません。 40年近く前、リボルバーでコンバットシューティングを始め、その年月が窺える文章です。 「一言の重み」と言う言葉が有りますが、まぁ、滅多に出逢えるものではありません。 この二つの記事では言葉の一つ一つにイチローさんの人生が詰まっています。 人生で全身全霊を注ぎ追い求めたもの、それが行間から立ち上ってきます。 石舟斎、再び奥義を伝える!
CYPRESS

(*^_^*) そのように感じていただけると本当に嬉しいですよ(^^)
銃の技とは、とどのつまりガンハンドリングそのものであって何秒間に何発撃てるかなどいうことは、それほど重要ではないのですよね。狙ったターゲットを1発で仕留める、ちょっと時間はかかってもよい、、と、これだと想うのです。

実は、最近知り合ったSWATティームのリーダーがイーチの訓練を披露してくれというので、1発だけの射撃というシナリオでやらせたらドエラク感動してくれまして、正式に教えることになっちゃいましたよ。

“ショクンの中にはワシのようにコンペティションにうつつを抜かしている者を「殺しとゲイムは違うみたいに言ってバカにしているヤカラがいるだろう・・だがな、犯人と対峙し、いざ撃つとなったとき、ターゲットを狙う、そしてトゥリガーを引くという行動においては殺しもゲイムも同じであって、射撃の下手なやつはこの最も大切な最後の瞬間にしくじるのだよ・・そういうことを念頭において君たちのヘッドショットの技術がどんなもんか観せてもらおうじゃないか・・・”

なんちゃってエラソーに言ってね〜(^o^)
したら連中の顔つきが急に真剣になって目が光り始めてね〜(∩.∩)
終わったら“こんな素晴らしい訓練はまさに我々が必要としていたものだ!!!”
と、口々にいわれてね〜(。◠‿◠。)

なぁ〜に大した訓練では・・あるけどポウルハウ訓練にちょっとミリンや醬油で美味しい味付けをしただけなんですよぉ〜(^_^;)
ほんとはメンドクサイし疲れるのでやりたくないのですが、彼らは人質をとられることの多いティームなので良い訓練を渇望しているというのでね〜(^_^;) まあ来月になったらヤッタロかと(^-^)

市臭齋、初めて奥義らしきものを伝える。
なはははははは〜(。◠‿◠。)


同じカテゴリー(訓練)の記事画像
魅力の多弾拳銃
5秒を切る!!
XD-9で護る
初めてのスティル チャレンジ
ベンジュで冬弾のテスト
練習ラストデイ
同じカテゴリー(訓練)の記事
 魅力の多弾拳銃 (2017-11-30 01:35)
 5秒を切る!! (2017-11-15 15:44)
 XD-9で護る (2017-11-15 00:34)
 初めてのスティル チャレンジ (2017-11-13 10:14)
 ベンジュで冬弾のテスト (2017-11-08 13:38)
 練習ラストデイ (2017-10-21 14:01)

Posted by 市 at 02:39Comments(5)訓練
この記事へのコメント
お世話になります。渡邉智彦です。改めてイチローさんのブログを読める貴重性を実感しました。ガンハンドリング、本等ではけっして読むことの出来ない生のイチローさんの言葉、ゲームやシューティングはあまりしませんが、ピストルを好きでエアガンを扱う身として心に刻みたいと思います。素晴らしいです!これからも応援しています。
Posted by 渡邉智彦 at 2013年10月30日 09:50
なかなか発言するタイミングをつかめませんでしたが、みなさんのコメントを拝見して感じ入ったり、考えたりしています。

個人的には、何より
「エアガンならではの気楽さに培われた無神経」
というフレーズにドキリとさせられました。

学ぶチャンスや道具が身近にあっても、
そのことに気付かなかったり正しく生かせなければ
かえって悪癖が身に付くこともあるよなー・・・と。

学べるときに学べ。
学ぶ喜びを学べ。
自分に学ぶ必要があることを学べ。

うーん・・・、要するに
「今の自分に満足したらそこで終わり。でも本当はまだまだ先があるんじゃ!」
ということをスッキリと表現したかったんですけど、
まだまだ修行が足りないようで(笑)。
Posted by ルシファ at 2013年10月30日 22:02
>>個人的には、何より「エアガンならではの気楽さに培われた無神経」というフレーズにドキリとさせられました。(;゜▽゜) ええっ? そんなこと書いてましたかぁ? 自分で書いた事ぜんぜん覚えてないのですよね〜・・・で、ハッキシゆってワシもドキッ(^w^)
Posted by 市 at 2013年10月31日 13:36
 お世話様です。
今日から11月~! 今年も後2ヶ月!! 早すぎ~ (@@)

自分が言うのもなんですが。 この前行った新潟では有名なサバケ大会で。銃口意識なんてマッタク無いでしたね~ (~~)
自分はと言いますと。自分なりに意識はしてましたが!? 周りの人間がそーゆー意識が無いので。自分が気ずかずミスしたとしても注意してもらえないので。イチ様が見ていたら!! 全然ダメ~ !!! でしたね~ (><)
Posted by KO-1 「笛木 孝一」 at 2013年11月01日 07:11
以前の話を盛り返すようですが、ちょっと機会があったので書いてみました。

ガンハンドリングとマズルコンシャスですが、職業的にエアガンでのサバゲやマッチとは別次元で徹底的にやらなきゃアカンワケです。そこで休日に家で過ごす時、“デモガンを本物としてホルスター無しに一日中持ち歩く”という訓練をやってみました。非常に難しいです、一日中なので気が疲れます、家族ましてや子供もいるのでテーブルにガンを置いてテレビなんか観てようもんならレーザーでズタズタです。トイレでウ●コも映画のワンシーンみたくなります、夕飯の時には妻の顔から嫌悪感が発生し、寝るときにはクタクタです、が、かなりのスキルアップになりますよ。修行みたいなもんです?いやいや、銃と名のつく物を扱う者として必要不可欠な技術ではないでしょうか。ましてやホンモノだしw

意識無い自衛官さん。うまく撃つ以前の段階を、もう少し真面目に考えてみましょう。
Posted by TKS at 2013年11月18日 18:47
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。