最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2013年10月25日

こころざしを立てる

市 (2013年10月25日 04:01) │Comments(12)語りのプラザ


イチローさん、まうさん。 コメントありがとうございます(^^) 心の中にキラキラした、少年のような? 感覚…。大事にしてほしいです。 自分の世界をもち、社会と折り合いをつけながら人生の荒波を乗り切ってゆく。強い心とカラダ、頭をもたってほしい…。念願しています。 私達夫婦の感覚では狭い世界しか伝えられない、皆さんの貴重な意見はありがたいです。 志…。前にイチローさんが龍が天に登っていくさまなようだ。と書かれてありました。 今も志という文字をみると、パワーをもらえます。 ホント、一度きりの人生 チカライッパイ生きたいです。
薩摩小雪

“フォトグラファーになりたい、なれなかったら製造業に就く、できたら陶芸屋さんに弟子入りする。またはタクシーやトラックの運転手をやるんだ・・・それでもダメなら死ぬばいいんだろ? 自分の決めた事には自分で責任とればいいんだろ?・・・ ”
と、ワシは高校のときに考えて写真学校に通う決心をしましたよ。

当時は、一流企業に就職→最高な人生。
という価値観で日本は満ちあふれていました。

依頼を受けて写真を撮ってオカネをもらう。
↑ワシにとってはこれが最高な人生だと
考えていたのですよね◠‿◠ϡ

後で解ったことですが、
「こころざしをたてる」という意味は
「命を張って挑戦する」ということで、
それゃそのほうが人生の迫力を味わえて
ワシとしては好きですね〜(⊹^◡^)ノ

小雪さんの子供たちよ、
やりたい道に入ると必ず挫折がある。
挫折を幾度も乗り越えないと昇ることはできない。
へこたれて、どぶで死んでもかまわない、息の
あるかぎりは前に進むんだ、という気持ちが
ひつようなんだよ、いいな?・・

人生ってね、朝日が昇って昼になって
やがて夕方になって夕日が沈む・・・
と、そのたった一日のように短く感じる
ものだよ。
一日とは秒針の一刻のように短いもの、
その一日をおろそかにすると、なにひとつ
積み上げることはできないのだぞ。

一日に心に積める厚さってサランラップくらい
の薄さでしかない。厚みのある人間となるには
常に常に学ぶ心をもたないとね・・いいな?

テレビゲイムはバカラシーからやらない、
と言った君たちだから、こういったことは
解っていると想うけどね。
まあ、念のために書いただけさ(^w^)





同じカテゴリー(語りのプラザ)の記事画像
トランプさんから手紙が・・・
空気銃の想い出
クボタンを知らない ド馬鹿警官
タクマ食堂 訪問の巻
ラストサムライ
まにあった♪
同じカテゴリー(語りのプラザ)の記事
 新 市ブログへの誘い (2017-12-01 10:00)
 弱くも強くも君しだい (2017-11-29 00:27)
 New 市ブログの構想 (2017-11-20 12:21)
 どこが入力禁止じゃい? (2017-11-20 11:59)
 トランプさんから手紙が・・・ (2017-11-17 08:45)
 空気銃の想い出 (2017-11-06 10:49)

Posted by 市 at 04:01Comments(12)語りのプラザ
この記事へのコメント
この赤・・・すごい・・・
昔たくさん撮った、夕日や朝日にこの色は無いわね・・・
命はつる日に近づくような・・・ なにくそと再起するような・・・ 
見る人の心の持ちようで、見えてくるものがまったく違う・・・

新しい試みの本を出版しました・・・
次へのスタートに、よい絵を見せていただきました。
早暁の散歩から戻ったところです。
Posted by 昔の同僚 at 2013年10月25日 04:38
>この赤・・・すごい・・・昔たくさん撮った、夕日や朝日にこの色は無いわね・・・命はつる日に近づくような・・・。。。うん、、昔はね、朝日夕日はただ奇麗だからという理由で撮っていたんだよね、、でも今は「命を語る」という気持ちで撮影するんだよ。この世で苦労をした人は、次の人生ではよりよいDNAを得て、本当に美しい世界に住めるんだという気がしてね〜(⊹^◡^) 君もなんとか頑張っている様子、嬉しいよ。
Posted by 市 at 2013年10月25日 06:38
お世話になります。渡邉智彦です。いい写真ですね。心が一瞬立ち止まります。人は何かにぶつかった時、頭で受け止める人は幸せ、心で受け止める人は不幸。と聞いた事がありますが、私は後者です。でも、そのおかげで、深い心の底を話せる貴重な友人がいます。イチローさんの一日はサランラップのように薄い。そうかーーーと、改めて実感しました。これからも応援しています。
Posted by 渡邉智彦 at 2013年10月25日 10:04
>>イチローさんの一日はサランラップのように薄い。そうかーーーと、(^◇^;)ゝ いや〜、たまには厚い日もありますよ〜、こないだなんか厚さを計ったら岡山理研のゴムくらいありましてね〜(;゜▽゜)(^w^)ひゃっはっはっは〜(^∀^)(^◇^;)ゝ うわっはっは〜
Posted by 市 at 2013年10月25日 10:32
Pain is a fact of life.
好きな英語の一つで、
「苦痛の無い人生はあり得ない」と私は訳しています。

以前にも書いたかもしれませんが、もう一つ好きなのが、
You've gotta pay the price for it.
人生の付き物の代償の事で、この記事なら
>やりたい道に入ると必ず挫折がある
の事。

失敗も苦痛も、笑いと喜びと同じく極普通の事。

さて、この写真、朝日か夕日か分かりませんが、
自然そのままの色なら日本で見られないものです。
特に画面中央の赤紫は日本でも有ることは有るのですが、
こんなに際立つことはありません。
その昔、映画『フィールド・オブ・ドリームス』で全面赤紫の夕焼けが出た時は、ビックリしました。
Posted by CYPRESS at 2013年10月25日 20:04
こんばんようさんです。

なんですか!このお写真はぁ!!
ボディブロー喰らったくらいの衝撃をうけましたよぉ

いくつか、お日様の写真を拝見しましたが、今回の破壊力にも匹敵するパワーはまさに、意志の強さをあらわしてますねぇ  恐れ入りましたぁ

で、サラリーマンも命がけですよ。72時間連続勤務、月155時間残業(通常勤務160時間足して、会社に315時間いるってこと)を、ほぼ1年間。
若いと、仕事の吸収や成果を出したくてやってた。
各種内臓疾患や腫瘍のかずかず。同僚を何人亡くしたことか。
まぁ、その中には、常々イチローさんが言われてる、糖尿・喫煙で自滅する人間もいますが。
精神的に強くないと、何事もできないってことですよね。

その志が、あのお天道様の一瞬を切り取るテクと相まって、我々に「勉強せぇ」と言われてる気がします。

いやぁ いい物見せていただきました。
Posted by まう@東大阪 at 2013年10月25日 20:26
>サラリーマンも命がけですよ。(@_@;) はいい、サラリーマンはしんどいからワシはなりたくないのですよぉ〜。。知り合いで日本人スティル チャレンジ シューターがいましてね〜・・親子ともにニッサンだったかに勤めていましてね〜・・お父さんが過労死したようなのですよ、、でもって彼もある日に過労死で亡くなってね〜(>_<) ワシも2ヶ月間くらい休み無しで仕事したこといくらでもあり、倒れる予感があったりしましてね〜(×_×)ただフリーランサーはシメキリさえ守れば仕事の時間をやりくりできるのと通勤電車に乗らないとか、ラッシュを避けることができるのがちょっとうんと嬉しいのですよね〜。。。身体はともかく、心がしんどいと身体も萎えますからね〜・・・
Posted by 市 at 2013年10月25日 23:06
こんばんようさんです。

そんなサラリーマンの心のオアシスが、イチローさんの
志高のレポートなんですから 不思議なもんです。

サラリーマンって、なりたくてなる職業なんでしょうか?
やりたい業種の勤務形態ががたまたま、、、だったような気がします。

そんな、おっさん(全員48歳)のテレビ電話会議(google+)が先ほどおわりました。
ぶぁかもの達がベガスで!マリポサで! 迷子にならない方法を話し合うという、傍からみれば滑稽な会議でございます。
いえいえ、本人達は真剣ですよ。
しばらく、修学旅行前夜や文化祭前夜のような状態を、おっさん達が四苦八苦して楽しんでいる様を、ご想像してせいぜい、お笑いくださいませ。
Posted by まう@東大阪 at 2013年10月26日 01:12
>>修学旅行前夜や文化祭前夜のような状態を、おっさん達が四苦八苦して楽しんでいる様を、ご想像してせいぜい、お笑いくださいませ。(^o^)んやけど滞在が短こうて気の毒や〜(^_^;)せっかくなら一ヶ月くらいおって一生分たのしんだらええんやけどな〜(^-^)これじゃセミみたいなもんやな〜・・地下での生活が長すぎや〜(>_<)まあこられんよりはよろしけんどなぁ〜(^○^)
Posted by 市 at 2013年10月26日 01:34
イチローさん、オハ今晩わ!
凄い写真でした。動きが止まり、暫く見つめ続けていました。それはここに文章で書き表せるようなものでなく、ただただ見つめ続けていました・・・。
これはDAWNでしょうか?それともSUN SETでしょうか。齢50になる私にはDAWNの様でもあります。でもまだ地平線の上にあり真っ赤に燃えていますね。中天に輝き、真っ白に光り輝きすべてを焼き尽くす太陽光よりこの真紅の陽光に何か力を感じます。
実は昨日とても良い事がありました。30年来の友達が30後半から始めた空手でなんと昇段を果たし、見事黒帯を手にしました。私は色帯のまま道場を離れていたので、見事に飛び越されました。50手前での昇段、一言では言い表せない艱難辛苦があったことでしょう。これは私も道場に復帰する力を与えてくれました。人を死なせてしまって以来沈んでいた人生でしたが、この写真のようにまだ地平線にはまだ暫くの高さがあり、人生はまだ終わりではないと思います。フェイドアウトしてしまうような感じがしていましたが、空手道ともちろん銃道にもう一度だけ復帰してみたいと思います。仕事の為日曜のイベントにはまだ参加し辛いかもしれませんがウィークデイには頑張ってみたいと思います。
ちょうどこんな時期にこんな写真を頂いた事に感謝を込めて。
Posted by TROOPER(村野 浩) at 2013年10月26日 06:46
>>これはDAWNでしょうか?それともSUN SETでしょうか。(^○^)これは「サンセッドーン」または「ドーンセット」でアリマス(^◇^) 朝日と夕日は見分けがつかないわけで、どちらにとるかは受け手しだいと(^-^) で、、このフォトは、石井勘定奉行の言いつけで次号SATの表紙の背景用として作画したものなのですよん(^_^)
Posted by 市 at 2013年10月26日 09:32
今の日本も「一流企業に就職→最高な人生」という図がまだはびこってます。そんな中私もイチローさんのように「写真家になりたい。ダメだったら黙って腹を切ろう」という覚悟で、周りの一般的なアドバイスを押し切って、イチローさんと同じ学校に入りましたので、その決心とても理解できます。

>>依頼を受けて写真を撮ってオカネをもらう。
↑ワシにとってはこれが最高な人生だと
考えていたのですよね◠‿◠ϡ

そのとおりだと思います。私も今それこそが、一流企業に入るよりももっと素晴らしい最高な人生だと考えてます。

志を立てて、命を張って同じ写真家の道を歩みたいと思います。 
Posted by キース at 2013年10月27日 01:49
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。