最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2013年05月25日

カップガンにアイアンは不要なんです

市 (2013年05月25日 13:11) │Comments(4)てっぽ


>高橋秀武さん 実戦に持ってくものと試合で使うものを混同しちゃ、どっちもどっちに勝てませんよ~ヽ(´ー`)ノ それとアイアンサイトは試合用の銃じゃローマウントの邪魔にもなるし、軽くもしたいしでとっぱらったんじゃ? G34にマイクロを直付けしたものやエイム載せの1911撃ったどという記事が前に有りましたが、その時には「直付けはオープンサイトが見えないので、不安といえば不安で~」とイチローさん仰ってましたね。 アイアンサイトを殺すことに抵抗があるという人はこの事を懸念して言ってるのでは? いずれにしても今はビアンキ、マインドは実戦、撃つべし撃つべし。
数撃ちゃ当たる



そのとおりですよぉ〜!(^^)!
喧嘩とスポーツはちがいますからね〜(^^)

喧嘩用にはアイアンサイトは必須条件
ですよね〜(^_^)
だからこんなの作ったわけですしね〜(^^)

で、
ビアンキカップではダットが切れたから
といってアイアンに切り替えて撃つような
時間はまずないのでアイアンを付けても
無駄なんですよね〜

でも、
このごろはグロックにダット直付けで
アイアンサイト兼備というのが出回って
きていますから、ますますカップガンの
影響は拡大しますよ〜ん♪

ビアンキカップという拳銃の
天下一武道会から端を発したハンドガン&
ダットサイトはこれからも発展していく
ことでしょうね〜♪

「知らぬくせ
でしゃばりまくる2ちゃんねら」
市茶 はっはっは(^o^)


同じカテゴリー(てっぽ)の記事画像
魅力の多弾拳銃
4インチパイソンの想い出
現在の狙撃拳銃
8インチのパイソン
パイソン マンハンター
I know what you are thinking・・・
同じカテゴリー(てっぽ)の記事
 魅力の多弾拳銃 (2017-11-30 01:35)
 4インチパイソンの想い出 (2017-11-28 03:42)
 現在の狙撃拳銃 (2017-11-26 14:24)
 8インチのパイソン (2017-11-25 22:35)
 パイソン マンハンター (2017-11-24 23:32)
 I know what you are thinking・・・ (2017-11-24 13:18)

Posted by 市 at 13:11Comments(4)てっぽ
この記事へのコメント
別にカップガンと89式で喧嘩する話してるわけじゃないです。
そんなことしたら、30m以上ではどうみてもアイアンサイトの89のほうが勝つでしょうし。
イチローさんが使ってるOTSのダットサイトをオレも使おうって自衛官がいて、
実戦でダットが消えてしまったりしたら困るってことですよ( ・´ω・`)
Posted by 高橋秀武 at 2013年05月25日 14:32
そうだったんですねー
アイアンを省くのはそんな理由があったのですか
自分はSAIのグロックのようにアイアンとダットが併用出来る物が理想だと思うのですが、コンバットガンとレースガンは違うのですね
勉強になりました
ありがとうございました
Posted by mk18mod1 at 2013年05月25日 17:03
昔、自分に色々と教えてくれた人が、「カップガンは、例えるなら車におけるF1カーだ」と言ってたのを思い出しました。

>高橋秀武
そんな事を書いてるから「実戦に持ってくものと試合で使うものを混同してる」って書かれるんですよ。
そもそも、「絶対に消えないダットサイト」なんて存在しませんし、エイムポイントだってホロサイトだってダットが消える時は消えますよ。
なので実戦で使うなら、その「ダットサイトが消えた時の対策」をするのも百も承知じゃないですかね。
仮にそういう対策をしていなくて、実戦でダットサイトが消えしまい銃が狙えずに困ってる自衛官がいたとしたら、酷い言い方ですが、そいつの怠慢なので戦死してもらっても自分は構わないと思います。
Posted by Q太郎 at 2013年05月25日 22:02
巧い人ほど時間を目一杯使って撃ちますからねー。
確かにアイアンに切り替える時間は無い、ですね。

80~90年代くらいまではダットとアイアンの併用もありましたが、
その後オートが主流になったり、バリケやムーヴァー対策がなされる中でダットオンリーが一般的に。
話題の中心が、「誰が1920点を出すか」から「1920点を出した人の中でXカウントが多いのは誰か」へとシフトした時期とも一致するかと。
この辺りもカップガンの進化を振り返る上で非常に興味深いです。

ところで、ダットサイトの故障ですが。
戦闘用の銃にはエイムポイントで決まり!なんですが、
レイスガン用は新しいモノを試し続けられているようで。

私の父とほぼ同い年のイチローさんなので、ストレイトに言っちゃいますが・・・。
「あと何回チャレンジできるかわからないカップなのに、
あえて冒険するのは何故なんだろう?」
その気になれば、もっと不安の少ない道具立てで『安全運転』もできるでしょうに。

・・・なんてね(笑)。
実際は、「攻め」の姿勢で新しいものを取り入れていこうとする、
今のイチローさんのスタイルが好きなんですよ。
イチローさんの考える「カップを撃つための理想的なダットサイト」が、今後どのような形で完成するのか?
ちょっと・・・どころではなく、かなりワクワクするのです!
Posted by ルシファ at 2013年05月25日 22:17
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。