最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2013年04月18日

アメリカに住むには・・

市 (2013年04月18日 14:48) │Comments(6)タクレット
イチローさ〜ん、ボストンの爆破事件には驚きました!誰が何の為に仕掛けたんでしょうね(´・_・`) シカゴでも大規模なマラソン大会が毎年秋に開催される事もあり、ローカルニュースではえらいこっちゃえらいこっちゃ〜と人々の不安を煽るようなコメントやインタビューが。。。なのでTV昨日からつけていません。。。 ところでワタクシ、今月から鬼嫁化しております。 太めの旦那をなんとか軽量化させたく。。。 ぽっちゃり程度ならご愛嬌ですけど、明らかに体に負担がかかっている感じだし、40代、立派な中年としては、スリム体型の人よりも今後急激に体にガタがくることが目に見えています。 暖かくなったので(といっても本日は6℃、雨&雹!)散歩に毎日ではないのですが(毎日じゃないところがまだ甘いですね。。。)繰り出すようになりました。 新たに器具を買う予算はないので、自転車の後部に器具をつけて床から浮かせてエアロバイクもどきにしました。 私もこのまま肉中心の食事、歩かない生活を続けていたら間違いなくデブ街道まっしぐらなので自分にとっても良い機会です。 イチローさんのブログを読まなかったら行動化することなく病に伏してから慌てることになったでしょう。 まだまだ始めたばかりですが、、、改めてありがとうございます♪ イチローさんの父上様、密航未遂、、、なんだかロマンがありますねぇ?!^▽^ 広木洋介さん〒 21歳にして具体的な目標があるというのは素晴らしいですね!  イチローさんが言及されていたグリーンカード/永住権の件について:アメリカにいらっしゃることになったら直面する課題ですね。 (州や郡によってキマリが違うと思いますが)昔は商用ビザ、学生ビザでも銃器所持許可証やCCW許可証を発行してもらえたらしいのですが今は厳しいようです。 私はアメリカ人と結婚したのですが、婚姻者としての移民ビザ、書類に不備が無くても一年弱待たされました。 この審査が終わったら次の、という具合にいくつか段階があり、9.11以降審査がアメリカにある機関でのみ行われることになり、どんどん待つ機関が長く費用が高額になってきています。 ビザ審査機関、更新料金もプランに入れておいてくださいね。 (アメリカ人と結婚して相手が半年以上日本に住んでいたり、米軍所属だったりした場合は別ですが) 年に1度だったでしょうか、アメリカ政府の他国から移民を受け入れるプログラムの一環でグリーンカード抽選というのがあり、検索すると申込代行会社がたくさんヒットしますが、高額ですし、あくまでも抽選に申し込む書類の準備等の代行で、当選を保証するものではないのでご自身で書類をダウンロードして申込をされるとよいと思います。 結婚相手を捜すよりお手軽だと思うので毎年挑戦してみては如何がでしょうか。 ちなみに私のNY在住の友人は有名ライブハウスのレギュラー出演者だった為アーチスト用のビザを更新しながら在米中です。  英語学習に関して:文法は高校迄に習ったことをしっかり復習、そして語彙の増強につとめるとよいと思います。 日本映画を英語の字幕で観るのも勉強になりますよ。 私は高校時代アメリカに1年遊学したのですが、行けば自然にしゃべれるようになるものではなく、実際役に立ったのは行く前に何度も読んだ「別冊宝島」の英語フレーズ集x数冊でした。ジャンル別によく使われる会話例みたいなのが載っていて楽しく学べましたよ。 人により好みが違うと思うので、これはよさげ〜と思った教本を選んで1冊ずつ制覇していくとよいと思います。 銃器に関わる仕事に関して:アメリカで射撃系インストラクターとして生計を立てているひとはホンの一握りです。 射撃王シーズン1準優勝のクリス•セリーノはスクールを主催してそれが本業ですが子供の教育費捻出するのたいへーん、と奥さんが話していました。 インストラクターとして雇ってもらうにはコネが必要になってくると思います。 いきなり知らない人を資格があるからといって雇うところは少ないと思います。 NRAピストルインストラクターはゴマンといて、それほど特別なものではないので資格とったはよいけど、それだけでは食べていけません。 本業の合間に年に数度インストラクターとしてベーシックピストル教室をひらくという副業的にこなしている人が多いです。 クラスルームの場所と実際に射撃をする場所の確保もしなくてはなりません。 万一の為にレッスン開講する前に保険にも新たに加入しなくてはいけません。 生徒が集まらないと赤字になりかねません。 入門的な仕事だと、ガンレンジで働く(レンジセーフティーオフィサーの資格があるといいですね)、銃器取り扱いショップで働く、とかでしょうか。 ガンスミスになられた暁にはショップで専属ガンスミスとして雇ってもらえるという望みもありますね。  米軍入隊という道もありますが、経験を積んで特殊な部隊に配属されないと専門的なことには一切触れる事が出来ない点が危惧されます。 上司の推薦も必要なので、サラリーマンとして企業で働く以上に、上司や周りとうまくやっていかなくちゃいけないという部分も発生します。 私が一時期婚約していた人はIBMに勤めながらの予備兵でしたが2度もイラクにお呼ばれされちゃって、射撃の腕をあげるどころじゃありませんでした。 友人の旦那サンはUS NAVYに数年間所属していたという40代後半の米国人ですが生まれてこのかた一度もハンドガンを撃った事がないそうです。ライフルは軍演習で数回撃っただけ。 ハンドガンのトレーニングはカリキュラムにあったけど雨天延期されたとかで、放置されたままだったとか ^_^;;; 軍にかかわりながら射撃スキルアップとなると、KC Eusebio, Max Michel, Julie Golobも所属していた"AMU" ARMYマークスマンシップのユニットにはいるとか、でしょうか。 私は去年から友人の子供(高校生)のシューターとしてのキャリアアップのお手伝いをしています。(ハンドガン撃った事ない人の息子さん!) ジュニアキャンプに申し込んである週末南部の州で短期合宿みたいなのに参加、今年も行きたいと言っています。 USPSAが補助金を出しているということで、それに代理で申込して$400サポートしてもらえました。 このユニットだとアーミー所属とはいえ、よその国等に配属させられることはない別枠扱いなので射撃関係に専念できますよ。 本格的にユニットに入るにはシューターとしてのスキルを証明すべく、大会入賞、クラシフィケーション取得等が必要になると思いますが。 それから、入隊に際してアメリカ国籍/市民権が必要かというとそうでもないようです。 永住権をとって5年たつと市民権とるか否かの選択肢を与えられますが、それを待つとなるとたとえ今日から移住したとしても広木洋介さんが27、28歳になった頃、になりますね。 軍では人集めの為に、"INA" Immigration and Nationality Actのもと入隊後勤勉で問題起こさなければ市民権を与えるようなこともやっているようなので調べてみては如何がでしょうか。 射撃スキルを磨きつつ、他の一般隊員に対しては射撃のインストラクター、そして住宅手当や健康保険等素晴らしい待遇がついてきて夢のような職業ですよね。 と、 散々思いつくまま書いてしまいましたが、まずは、時間とお金を工面して、数ヶ月アメリカに住んでみるというのもアリだと思います。 数ヶ月が無理なら数週間。 実際に何かの講習会に申し込んだり、現地の人にアテンドしてもらってテッポを貸してもらって撃ったりマッチに参加してみたりしてみると、視野が広がるかもしれませんよ。 本格的移住の前のリサーチもできるでしょうし「アメリカに行く」「実弾射撃をする」「試合で撃つ」ことが出来ます。 私はいつの日かフィリピンに行ってみたいと思います。 日本からは近いけどアメリカからは遠いですね〜。 フィリピンはIPSC競技が盛んでマッチに参加するシューターのレベルも高く、ドイツ、ブラジルと毎年首位争いをしているみたいです。 あとはロシア。 インドアレンジで世界から素晴らしいシューターが集まるマッチがあって、ステージがかなりすごいんですよ〜。 ロシアも日本からは近いのにアメリカからは遠いですね。 去年行ったブラジルへまた行きたいとも思っています。 ポルトガル語の教室が2時間圏内にないのでとりあえず1日1単語ネットで拾って覚えるようにしています。 週末等、忘れてしまうことも多々有りますが ^_^;;; 長々と失礼シマウマでした、ひとつひとつ近くのターゲットを撃ちつつ本命ターゲットを射止めるステージに立つ日に備えてくださいね♪
リリコ

(^_^;) わっしが面倒でよう書かないこと
を乙女はきめ細かに書いてくれ、ほんとに
感謝しちゃう<(_ _)>(^-^)

で、太る旦那は気の毒だね〜・・
感じやすい人とか、忙しすぎる人って
けっこう太りやすいしね・・
ようするに意志がよわいのだけど・・

わっしがパソ子の前に座る時はタイマー
をかけて30分ごとにエッサエッサと体操
をするけどね(∩.∩)
写真をいじる時は1枚ごとに腕立て伏せを
10回やるので、多い時は200回にもなり
これは一日の運動量としてはイケルんじゃ
ないかと。

メタボのままで50を越えたりしたヒには
脳卒中は起こすわ心臓は止まりかかるわ
糖尿病にはなるわで医療費もかかって
なぁ〜んも楽しくないでね〜(>_<)

肉は控えて魚がなんちゅってもイイだろ
ね〜、、アメリカはサーモンが安いし
季節にはワイルドサーモンが入荷するので
ドドッと買って冷凍しとくんだよね〜

玄米、魚、野菜、たま〜に肉♪
やはりこのパターンではないかと。
そしてせっせと運動・・これがキツイの
だけどね〜(^_^;)

鬼妻凛々子 ガンバレー(^o^)/
旦那を長生きさせろ〜ヽ(^0^)ノ

オニズマ リリコ・・・
ああ、なんてゴロの良い名前だろう
(∩.∩)


同じカテゴリー(タクレット)の記事画像
タクレットでキャリー
ヌボーは凶ボー
ブラックホールのご案内
タクレット L 入荷♪
ブリッジにしますた
1.7sec ビデオ録
同じカテゴリー(タクレット)の記事
 タクレット動画 (2017-11-15 02:04)
 タクレットでキャリー (2017-10-07 11:09)
 ヌボーは凶ボー (2017-09-21 01:15)
 ブラックホールのご案内 (2017-01-06 01:10)
 タクレット L 入荷♪ (2016-12-24 13:26)
 ブリッジにしますた (2015-01-24 01:20)

Posted by 市 at 14:48Comments(6)タクレット
この記事へのコメント
リリコさん。
いつもながらきめ細かい文章頭が下がります。

ちょうどイラク戦争が盛んだった頃、
興味本位で、
ARMYに入隊希望の旨のメールを出したところ、
保証人が必要とかで返事が返ってきたことがありました。
まぁ、そんな簡単じゃないですよねぇ。

フィリピンも射撃が盛んなんですね。
あと日本に近いとこでいうと韓国でも撃てるようですね。
もっともインドアレンジの事故が問題になりましたよね。

フツーに射撃場があって撃たしてくれるんですかね!?
失礼しました。
Posted by kimi at 2013年04月19日 01:28
イチローさん〒
タイマーメソッド、いただきマッスル(∩.∩)☆ ちょっとずつでも一日の終わりには〜なんて すばらすぃ〜!! うちの旦那、20代の写真ではガリガリだったんですよ〜。 メタボは仕事パターンのせいにもできますが、やはり言い訳にすぎませぬ。 同業者でもスリムな人はそれなりに努力しています。 例えばフツーの椅子ではなくダイエットエクササイズ用のバランスボールというのに時々座り替えたり。(細かい作業の時には使えませんが) 私も旦那もビールを毎日小瓶3本以上飲んでいた時期もありましたが週1度限定にしました。 キッパリ断たないところが我々の意志の弱いところなんですが、出来るところから手をつけていきたいと思います^^;; アドバイスありがとうございま〜す<(_ _)>♪ 

kimiさん〒
きめ細かいように見せかけて粗挽きでした。 期間→機関の変換ミス(よくやらかしちゃいます)やら、21+5の簡単な計算がいつのまにか27、28に脳内変換しちゃっていました^_^;; イチローさんが「アメリカに住むには••」とタイトルをつけて下さいましたが、本格的に移住してまだ3年(だったかな?)で、米国暮らしは新米ちゃんです。 しかも旦那の仕事を手伝いながら翻訳等の単発の仕事を内職しているだけで、社会人としてアメリカ社会の荒波に揉まれていない温室内乙女です。 米国暮らしや米国射撃事情については数少ない体験談、友人から聞いた話、議会中継ウォッチネタくらいしか書けませんの〜^o^;
釜山ガンレンジ火災事件が起きたときは渡米前でしたがニュースで聞いた記憶があります。 イリノイ州郊外のとあるガンレンジは、古く、狭く、天井が低く、暗く、空気が悪く、従業員は軍仕様の防塵マスクらしきものを着用しています。 事故等起こらないとよいのですが起こってもおかしくない環境だと思い、そこのレンジには1度しか行っていません。(行政のチェックはクリアしての営業なので問題はないはずですが他レンジと比べてかなり不安〜) 観光客としては、大昔、タイとハワイで観光客向けレンジに行った事がありますが何のテッポを撃ったのかも記憶にありませぬ〜。 フィリピンにも観光客用レンジとかあるのかしらん。 フィリピ〜ンは、リムキャットカスタムのジョニーさん、USPSAメジャーマッチで上位入賞常連のアティナ乙女、ヴァレリー乙女、JJラカーザといったリムキャット軍団メンバーの出身国ですし、IPSCのマッチ開催情報を調べているとフィリピンでしょっちゅう開催されているということで興味があります。 マッチ参加登録して書類を入手したりして手続きを経てマイテッポをフィリピンに持って行くことは出来るようです。 ヴィエラ•クーさんはリロード弾を数ヶ月前に現地に発送、テッポはカーゴ預けで海外遠征に行かれているそうです。 IPSCモスクワオープンはいつの日か参加したいですね〜。 "IPSC Level III match "Moscow Open 2010" youtube.com/watch?v=tYyXSueGI0M
180°ブレイクしそうなステイジばかりだけど楽しそ〜、会場、すごく洗練されているし!2011,2012年の動画も是非ご覧下さい!!
ARMYに問い合わせるってどんだけ好奇心旺盛なんですか〜?! 保証人をふくめて要件さえ満たせば意外とすんなり入れたりして?! フランスのナントカ軍でしたっけ?外国人でも応募できるのって??  ではでは〜^▽^♪
Posted by リリコ at 2013年04月22日 02:14
リリコさん。
少し前のコメだったのにわざわざ見つけ出してくれてありがとうございました。
さすがはリリコさん。
こういう心遣いが嬉しいです。(^^)
な~に、計算ミスや誤字なんてノープロブレムです。

リリコさんで3年ぐらいなんですか?
もっと前からやと思いました。
でも、いつもリリコさんがここで書いている情報はたとえ人や議会番組からの伝聞であろうが、きっとみんなの役に立っているはずです。
フィリピンも昔は粗製濫造された密造銃のイメージが強かったですが、最近ちゃんとしたファクトリーもできて、
結構アメリカ市場にも売り込んできてるようですね。

弾も安く手に入りそうですが(特にリロードなんか…。
あくまで個人的感想として…。)
精度とか実際どうなんでしょうね!?

でも結構トップシューターが出てるということは、
それなりの環境は整ってるんでしょうね。

イリノイのレンジ。
そんな恐ろしいところがあるんですか?
そういえば最近、日本の警察では射撃の際、
ゴーグルとマスク(風邪ひいたときなんかに使う紙製のやつ)の着用義務があるんやとか?
鉛毒対策だそうです。

ARMYに入ろうと思ったのは単なる無鉄砲からでした。
まぁ、保証人いなくて諦めましたが…。
フランスの外人部隊は40歳まで受け付けてくれるんやとか!?
ただ、なぜか応募する基地によって条件が多少違うらしく(ある部隊ではメガネ不可なのにべつなところはOKとか)、ちょっとややこしいかもしれません。

でも今でも、もしできるならポリスアカデミーに入りたいなぁ。
とか思う事ありますが、多分市民権ないとダメですよね。
(大昔、LAPDは市民権がなくても合法的に永住できたら可能とか聞きましたが…。)

失礼しました。

失礼しました。
Posted by kimi at 2013年04月24日 02:07
こんばんようでございマッスル、イチローさん、お仕事片付きましたか〜?!
イチローさんの「夢」のお話を読んだ翌朝、うちの向かいの民家の裏に何故か和食の店があって食べに行く夢をみましたよぉ!!^▽^♪ 
先日の「銃規制アウト」に書かれていた件、オバマっち、かなりご立腹でしたね。 アメリカ国民の90%がユニバーサルバックグラウンドCKをサポートしている、と言っていましたよね。 世論調査でもしたのでしょうかね。 でも226万人以上いる塀の向こうの人達(服役者)には誰一人としてアンケートとってないですよね ^_^;;  IL州でも犯罪歴のある人は銃所有出来ないんですが、刑務所で一応おつとめを終わって出てきた人は銃で護身する権利がないということになりますね。 犯罪者は再犯の恐れがあるという考えも分からないでもないですが。 とはいえ、バックグラウンドCK、やりたければどうぞって感じです、それだけで犯罪率全体が下がるとは到底思えませぬが。 無関心な分野についてはあまり知らないのはよくあることですが、驚いたことに、IL州に住むアメリカ人友人の多くがIL州以外の州はCCWが認められているという事実を知らないということです。 このところ銃規制関連の報道が多いので射撃をしなくてもマガジンが何なのか等を学んだ人も多いと思いますが^^;; カンヅメから脱出されたらゆっくり休んでくださいね(^x^)

インストラクターだけで食べて行くのは難しいとカキコしておきながらかなり矛盾するようですが、実は旦那が新たに会社登録をしまして、その事業内容は主に射撃講習関係なのです。これは副業なので本業が忙しい時にはゴマンといるインストラクター資格所有者を臨時で雇ったりすることになると思います。 私もそのうちBasicPistolインストラクターの資格を取る事になりそうです。 資格取っても英語が苦手なので実際に教えることはほとんどないと思います。 ご存知の方も多いと思いますがBasicPistolのインストラクターは射撃が上手くなくてもなることが出来ます。 とりあえず会社にとってプラス要因となるので取ろうかなと。。。 これまで旦那は射撃イベントや個人、少人数のレッスン等たまに実施してきましたが、この夏から定期的に開催出来そうです。 退職してアメリカにやってきて無職/ニートになったワタクシ、趣味と実益を兼ねてなんか出来ればいいよね〜と私が射撃を始めた2年前から旦那と地道にネットワーク構築してきましたが、イリノイ州でCCWが合法化されるのを見据えて今このタイミングで具現化してみました。 ガンレンジの確保にとりかかり、プライベート、パブリックを含めて昨日は3件調査に行って来ました。(ロケーション、サイズ、料金、とくに料金がネックですね)新会社の主要メンバーとなる友人数名との打ち合わせを何度かやったのですが、会議の進め方とかまとめ方とか、会社員時代に給料をもらいながら学んだ事が役に立っていますよ〜。 旦那の本業、映像編集業と映像編集ソフトの講師業はフリーランスなゆえ仕事を断ると他の同業者にクライアントが流れていってしまうので、今迄通り来る者ほぼ断らず状態で忙しくなりそうです。 

〒アメリカ移住を考えていらっしゃる方々へ
居住地の交通事情にもよると思いますが「自家用車購入費、維持費、自動車保険」それから「医療保険」も予算に入れることをお忘れないよう。 医療保険はホント高いですね。 いま加入しているところの契約がもうすぐ切れそうで、更新時かなり値上げするというので今いろいろな保険会社に見積もってもらっているところです。 企業に勤める友人は会社を介して契約している医療保険がよいので転職出来ないと言っていました。 数週間〜数ヶ月の滞在ならば日本で海外旅行保険みたいなのに入ればよいと思います。 個人的意見ですが、パブリックレンジに足繁く通うのならば会員制のガンクラブの会員としてレンジを利用する方がお得なことが多いですよ〜。 ちなみに弾代も意外と値が張りますので予算はたっぷり見積もっておいた方がよいです$
Posted by リリコ at 2013年04月24日 12:27
〒 kimiさん, https://portal.chicagopolice.org/portal/page/portal/ChicagoPolice/GET_INFORMED/InsideCPD/JoinTeamCPD/CPDCareerFAQ

シカゴポリースでも合法的に米国で就労出来るタイプのビザ/永住権を持っているのならば、非米国人も応募可能みたいですよぉ〜☆ おそらくアメリカの多くの都市の警察は米国市民権がない人もウェルカム状態のなのでは? 他にも書きたいことは山々あるのですが時間的にリミットちゃんなので後日カキコさせていただきます♪ 米返しのご心配は無用で〜す^_^//
Posted by リリコ at 2013年04月24日 18:14
〒 kimiさん
遅くなりましたが(ゼイゼイ...)続きです。
ポリスアカデミーといえば、80年代そんなタイトルのコメディ映画がありましたねぇ((;;゜ж゜;;)))。。。
あ、そんなことはどーでもよかったですね。 リロード弾について書こうと思っていたのでした。 自家製アモの精度ですが、うーむ、どうなんでしょうね?って質問に質問で答えてどうするんだってセルフツッコミ^_^;;;  結論から申し上げると「ワタクシには分かりかねます」なのです。 テッポと相性の良いアモをつくることができるという意味ではリロード弾の方が良いとは思いますが、それイコール精度が良いとは言いきれないようです。

ワタシがリロードしてアモちゃん作っている理由はうちのニャン子(テッポ)がリロード弾じゃないと受け付けない、薬莢がイジェクトされない造りだからです。 今特にファクトリーアモが入手しづらい、なけりゃーつくるしかないと始める人多いです。 それから、若干安めにあがるので大量に消費する人はリロードで出費を抑えることができる〜というメリットもあります。

うちでは今のところ9ミリ弾しかリロードしていないうえで書いているということをご承知置きください。 うちで使っているLee Progressive 1000 (リープロサウザント)やDillon650(ディロンスィックスフィフティ〜)だと、ワタシ個人の意見ですがファクトリーアモに比べて精度は落ちると思います。 でもワタクシメ、シロートシューターが遠くても30メートルくらいかなっていうところにあるターゲットを撃っているだけなので「精度がっ」とこだわっているレベルかぁ?という状態、その前にスタンス、グリップ、トリガーコントロールをどうにかしなければ、です。 
家庭用のリローディングマシンはどんなにチューニングしても完璧にはなれないと思います。 加えて人間が操作しているので出来上がりにバラツキがでてしまいます。 バラツキの例としては、若干太っちょのヤッキョになったり、全長がちょっと長かったり短かったり、プライマーの入り具合が深かったり浅かったり。 ワタシが一番気になるのはカヤクの量です。 これが〜、マシンのディスクがカチッと回転する度に若干ヤッキョから飛びだしてしまったりするのです。 そんでもって、うちでは色んなメーカーのヤッキョやプライマーを使っているので細かく数値を調べるとバラエティに富む9㍉弾のオンパレードでしょう。 重さもビミョーに違うのがあります。 違うメーカーのヤッキョの重さがそもそも違いますし。 出来上がりにバラツキはあるものの余程の誤差がない限り、マッチでパンパン問題なく撃てます。 (以前友人からもらったアモと混ぜて撃った時、撃つ度に音が違って面白かったです) アモその1でサイトをバッチリ調節していたのに、アモその2の案配がビミョーに違ったらサイトインした意味があんまりない、、、とかまで細かく言ってしまうとキリがないので、マッチアモ要件のパワーファクターを余裕でクリアするくらいのレシピを用いてリロードしています。 .223用キットも入手したのですが、まだ試していません。 ライフルで長距離、固定した状態で撃つときの精度は分からないですねぇ〜。

プロのシューターの多くは業者にリロード弾/カスタムメイドのアモちゃんをオーダーしたりスポンサーから提供してもらっています。 ショットショウでチラ見した大量生産用のリローディングマシン(メーカー等忘れてしまいました)はきっと安定した数値で生産できるんでしょうね。 友人はディロンを機械仕掛けにして、自分で操作することなくリロードしています。 でも多分プライマーの入りが悪いのをチェックせずそのまま使っているから、よくマッチでアモトラブルにあっています。 同じテッポでもスプリングを違うのに替えたらアモレシピも変更しなきゃーとか結構面倒です。 

フィリピンって密造銃が多いのですね、知人@日本がドキュメンタリー番組に携わっていて前回の番組のテーマがまさにフィリピンの密造銃だったような。 えーーー長々と書いた割には何の回答にもなっておらず、申し訳なかとです〜。でも家庭deリロードってそんなもんか〜という雰囲気がお伝え出来たなら幸いです。。。
by 違いが分からない乙女、、、ダバダー♪
Posted by リリコ at 2013年05月01日 11:05
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。