最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2013年03月20日

中央即応集団の幕僚長 退官

市 (2013年03月20日 21:34) │Comments(5)訓練
http://mainichi.jp/select/news/20130320ddm004070023000c.html

発信箱:生き残るために=滝野隆浩
毎日新聞 2013年03月20日 東京朝刊

 先週末、陸上自衛隊幹部の退官記念パーティーが神奈川県横須賀市のホテルで行われた。東部方面混成団長の二見弘幸さん(55)。陸自はこの20年、日本を取り巻く国際情勢に合わせて体質を変えてきた。その変容を最前線で体現した指揮官である。

 東日本大震災でも原発事故対処に当たった中央即応集団の幕僚長として司令官を支えたが、一番輝いたのは10年ほど前の第40普通科連隊(小倉)の連隊長時代。初めて戦地・イラクに陸自派遣が決まる前後だった。二見さんは「戦場のリアル」にこだわった。想定されていた着上陸侵攻より、市街戦が起こる確率が高いのに教範も装備も訓練計画も乏しい。ならば自分たちで考えるしかない、と。

 駐屯地内に市街地戦闘訓練場をつくり度肝を抜いた。部外インストラクターを平気で招く。最新装備の情報を熱心に集めた。根性とか精神主義を一番嫌った。隊員たちは小遣いをやりくりしてモデルガンを買った。常に手にして射撃がうまくなりたいから。うわさを耳にして海空自衛官や警察、海保の隊員たちまで集まってきた。ひたむきに、納得できるまで合同の訓練は続いた。終われば、当然酒席。知らぬ間に他の機関との連携ができていた。

 トップの意志で組織は変わる、劇的に変わる。小倉に通いながら、そう実感した。冷戦が終わったものの東アジアの戦略環境は厳しくなり、自衛隊に「リアル」が求められていた。そのとき、保守的な陸自という組織の大変化は末端から始まっていた。「私はただ、任務を達成して生き残る隊員を育てたかっただけ」。二見さんは控えめだ。パーティーには40連隊の仲間も多く集まり、あのころと同じ、うまい酒を飲み交わした。(社会部)

市兵衛は
この日の来るのを怖れていました
とても残念です。

二見さんが 第40普通科連隊の
の連隊長をしていたとき、隊員たち
は彼のことを「との」と呼んでいま
した。殿様の「殿」です。

二見さんが「突撃せよ」と言えば
なんのためらいもなく命を投げ出せ
る・・・そういう空気と迫力が
小倉軍には横溢していたのです。

今の自衛官たちが89式を持つ時に
「撃つ相手以外の人に銃口を
向けるな」ということを実行して
いるとしたら、それは二見さんの
流れをくむ隊員だといえます。

今でこそ、アメリカにもエアガン
を使ったリアルな訓練が増えつつ
ありますが、二見さんの下では
当たり前に使っていました。

そして自衛隊が画期的な訓練銃と
して89式エアガンを導入するに
至ったのも、二見司令官の要望が
元となっています。

続きはまた・・・市


同じカテゴリー(訓練)の記事画像
魅力の多弾拳銃
5秒を切る!!
XD-9で護る
初めてのスティル チャレンジ
ベンジュで冬弾のテスト
練習ラストデイ
同じカテゴリー(訓練)の記事
 魅力の多弾拳銃 (2017-11-30 01:35)
 5秒を切る!! (2017-11-15 15:44)
 XD-9で護る (2017-11-15 00:34)
 初めてのスティル チャレンジ (2017-11-13 10:14)
 ベンジュで冬弾のテスト (2017-11-08 13:38)
 練習ラストデイ (2017-10-21 14:01)

Posted by 市 at 21:34Comments(5)訓練
この記事へのコメント
市郎さん。
そうですか。
自衛隊にはまず考えられない“革新派”が一人消えてしまいしたか…。

これからはこの“二見学校”の生徒達がその教えを伝承する事となるんでしょうが…。

何より埋もれた存在にならないかが心配です。

一人でも多くの生徒がその教えを自衛隊に広める事を期待してやみません。
それが末端の末端…。
つまりは私のような予備自衛官にも波及してくれてその考えを共有してくれる人が増えたらこれほど心強いものはないのですが…。

失礼しました。
Posted by kimi at 2013年03月20日 22:59
市郎さん、こんにちは!(^o^)/即応補欠です。いゃ~関係者として、二見司令のお話しは知りませでした。(^_^;) そうですね~例え私の様な予備自衛官であっても、日頃の銃口管理や武器のチェンバーチェックなどは必ず実施しております!あとは、止血帯などのメディカル装備を演習中に使った訓練をすれば、被弾しても衛生小隊を待たずにある程度処置をして生存率を上げたいと思っております!勿論、私は陸自迷彩のタニパに米軍の止血帯を入れて何時も訓練に持ち歩いております。(`∇´ゞ
Posted by 即応補欠 at 2013年03月20日 23:33
ある時、「末端部隊だから仕方ない」と口癖のように言ってる自分に気が付きました。
やる気あふれる部隊長がいても末端がやる気無いと結果は同じ、末端の意識が高いとやる気無い部隊長もやらざるを得ない、しかしうちは末端がサラリーでどうしようもないw。
末端の意識改革は幹部じゃできなくて、むしろ陸曹がやるべき、やらなければいけない領域でもあります。

「やりたいことがあるなら幹部になったほうがいいよ」

とはよく言われました。数人の志の高い有志が幹部になりましたが俺はなりません。その頃には「末端の意識改革をしないと上に行っても無駄」だと考えていましたし。

40iは良い土台をもっていますね。ウラヤマシイです。
Posted by TKS at 2013年03月21日 02:16
こんばんようさんです。

昨日会社で、人事異動をチェックしてたのですが、退官の場合はホームページに出ないのですかね?

後任と残党(敬意を込めて!)の皆さんと、ここに集う自衛官の方々の御活躍に期待します。
Posted by まう@東大阪 at 2013年03月21日 10:09
皆様こんにちは。
イチローさんのことば、三人の方のコメントを拝見して、環境は明らかに良くなっていると感じました。

一年間教育部隊でイチローさん仕込みのガンハンドリングやコンバットメディック、スカウトを新隊員、初級・中級・上級陸曹教育課程、女性自衛官教育隊に取り入れてきました。予備自補教育でもストレートダウンは普通にやるようになってきました。
本物の訓練内容になると隊員の動きが目が変わります。関東はあと四年程度でかなりの改善が期待できると思います。

未来は明るいです(*^_^*)

やる気のある陸曹陸士は部隊の宝です。仲間を沢山増やして下さい。嬉しくなりました。

これから、また面白くなりますね。

          二見
Posted by 二見弘幸 at 2013年03月21日 10:11
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。