最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2012年12月30日

追っかけとは・・

市 (2012年12月30日 01:12) │Comments(2)語りのプラザ
アイドルの追っかけですが、あっと言う間に脱落したのでなんともですが、まず、 具体的な最終目標は持ってはいけません。 考えてもいけません。 この瞬間がよければ良い!のです。 集団でひとつの方向に向かう一体感、陶酔感、祭りと同じ様なものです。 そこから、エナジーが溢れてくるのです。 (私は枯渇しましたが) アイドルはシミュラークルと言うカテゴリーに属します。 「見せかけ」とか「模造」「幻影」という意味です。 アイドルも、人間です。 が、生身を晒しつつ、そこに作られた自分、キャラ付けを行い、あたかもそれが真実だと演じます。 それにファンは喜びを覚えます。 そしてアイドルは、そこに自身の喜びを見出だすのでしょう。 アイドルは、自身のエゴをどれだけ発揮出来るかに意義を見出だす存在に感じました。 私が彼、彼女達でしたら、こんな連中、ファンによって自分が成り立っているのは嫌だと断言します。 大勢に笑顔で応える握手会、撮影会、その他諸々。 若い身空で立派です。 しかし、眼が恐いです。死んでます。 笑顔が可愛い? これを可愛いとみるのか? 狂笑なら納得します。 そんな彼ら彼女らが自分を滅し、まさに「自身を捧げて」偽りの自分を膨らませる姿は美事です。 その行き着く先は? 華厳滝ダイブの藤村操さんではないですが、「不可解」です。 少し探りも入れましたが、私はうんざりし、見るに耐えきれず、さっさと撤退しました。 眼や顔つきを観、気持ちや心を考え、感じる時点で私はアイドルの追っかけ失格と言われました。 そして、アイドルとファンが交わることはありません。 あくまでシミュラークル、幻想な存在である限り輝けるものです。 そしてそれは「虚ろ」であり、そこに意味を求めても、どこまでも空っぽです。 意味に囚われ過ぎた故のアイデンティティ不在からくる、近代人に普遍的な苦悶が逃げ場を求めて具現化したものだと感じました。
むうた

うーん、、さすがムーさん、よく描けて
いますね・・・
ありがとう、よく解りました<(_ _)>

むかし高校生の女の子が追っかけをした
ときのことを話してくれましたよ。

“私の処女をもらってくださ〜い”
という気持ちで必死な気持ちで追っかけ
たそうです。けっきょく断られて頭が
覚めたそうで・・・彼女からは熱狂的に
なったことした伝わってきませんでした。

わっしも高校生の時に有名女優の撮影会
に2回だったか行きましたよ。
でも一番に感じたことは、撮影している
おじさんたちがすごく不気味で・・

さぞかしキャメラを持った立派な芸術家
たちが集まってくるのだろうと期待し、
そんな人たちを見習いながら撮影をする
のが楽しみだったのですが、現実は
まったく違う人種の集まりでしたよ。

それと、こういった撮影会は
「撮るのではなく撮らされる」ものであり
だれでもそこそこキレイな写真が撮れ、
かといってそうして作画したものが世の中
で通用するかといえばゼンゼンで・・。

けっきょく後になってそれは美に溺れた
自己満足の世界なのだということを読んで
知り、早々とやめることができました。

そのうちに、土門拳の「筑豊の子供達」
という写真集を見てワシはそちらに傾倒
していきました。

「生活している人たちを活き活きと撮る」
このリアリズムが人を撮るときの基本と
なっているのですよね。



同じカテゴリー(語りのプラザ)の記事画像
トランプさんから手紙が・・・
空気銃の想い出
クボタンを知らない ド馬鹿警官
タクマ食堂 訪問の巻
ラストサムライ
まにあった♪
同じカテゴリー(語りのプラザ)の記事
 新 市ブログへの誘い (2017-12-01 10:00)
 弱くも強くも君しだい (2017-11-29 00:27)
 New 市ブログの構想 (2017-11-20 12:21)
 どこが入力禁止じゃい? (2017-11-20 11:59)
 トランプさんから手紙が・・・ (2017-11-17 08:45)
 空気銃の想い出 (2017-11-06 10:49)

Posted by 市 at 01:12Comments(2)語りのプラザ
この記事へのコメント
追っかけですか。。。。
昔、、追っかけられました。 身近な有名人候補でしたから。

実は、いまもバンドしてます。
バンドブーム以前からやっております。
いまは落ち着いたおっさんバンドですが、当時はハードなロックバンドしてした。

その子たちの学校にファンクラブもあり、会報もありました。
その時、まうおじさんは20代後半でした。
ライブが終わるともう大変。高校生と中学生を家に帰すのが大変。
自力で帰らない子は、仕方ないので、集団で車に乗せて順に送り届けてました。
最後に中学生ですわ。もう大変。車から降りてくれない。もらってくれるまでおりませんと。。。
まうおじさんも大変です。説教ですわ。ライブ終わって送り届けて説教したら、朝4時ですよ。
家の前で親御さん出てきたら、マズ疑われますよ。

年頃の女子の親御さん。。門限は7時にしてね。

当時追っかけまわされ、あちこちで写真撮られてたワテを今の嫁はよく知ってくれてます。
遠目に可愛そうに追い掛け回されてと見てたそうです。

男子の追っかけと、女子の追いかけの、意識の差でしょうね。
女の子の親御さん。頼んますよほんま。ちゃんと躾けてね。
有名人にもらわれたい。後々自慢したいってのが見えるのが、ワても年の功で寸前でブレーキかかりましたが。
酔っぱらってブレーキ壊れてたら、危なかったですわ。

このカキコするとき、入力禁止文字だらけで大変でしたわ
Posted by まう@東大阪 at 2012年12月30日 02:59
お世話になります。渡邉智彦です。
追っかけですか、私には追っかけをした経験はありませんが、憧れた方はいます。しかし、そんな人物になりたい、将来の自分を投影し、そこに少しでも近づきたいとの憧れだったと思います。
アイドル、と言う特殊な対象。決して手の届かない届いててはいけない存在、なにか宗教的な盲目的な陶酔した心理が働くのでしょうか。その瞬間のリアルな自分の逃避。
キチンとしたビジネスが確立している以上、なんらかの本質的な仕組みがあるとも思います。
醒めるまでのつかの間の幻影。現実と逃避の架け橋。そんな気がします。
Posted by 渡邉智彦 at 2012年12月30日 11:19
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。