最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2012年10月15日

セルデの心を彼女にも・・

市 (2012年10月15日 22:56) │Comments(0)護身
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/121013/waf12101307010000-n1.htm

 「ニュースでよく殺されたり、怪我したりするやつおるやろ、いつでも殺せるんやぞ」…。マンション管理会社の関係者を装って部屋に入り込んだ男は、そう脅すと、目隠しして手を縛った女性をマスクとゴム手袋姿で執拗(しつよう)にもてあそび続けた。
産経ニュースより

これは 恐ろしい事件ですね。
このブログに書き込んでくる人のなかにも
日頃は無口でおとなしいのに、突然こういった
事件を起こすのではないかという不安を抱か
されることがありますね。

さて、、
人里離れた我が家にも「見知らぬ訪問者」が
たまにやってきます。中には完全に怪しい連中
もいます。なので顔見知りであり信用できる
人しか家には入れないよう細君には伝えて
あります。

「知らない人だったら制服を着ていようが
クルマに会社名があろうが絶対にドアは
開けず、拳銃を構えて待ち、ドアでも窓でも
破り始めた瞬間に連射をしなさい」

と教えてあります。

あるとき射撃仲間が来ていて一緒に撃って
いました。すると彼は細君に挨拶するために
単独で家にいきました。
すると細君は「多分仲間だろう」と想いなが
らもドアは開けませんでした。

これにはワシも仲間も感心しましたよ。

さてさて、、
日本の場合は武装がしにくいので
「知らない人を家に入れない」ということを
さらに徹底する必要があると想うのですよ。

この事件のようにマンションの管理関係者を
装うなどというのは犯罪者の常套手段なので
訪問者には必ず電話での予約をしてもらい
さらにこっちから相手の事務所や管理人に
連絡をとって「予定どおりにこられますか?」
と確認をとり、その時間帯には友人や親戚に
来てもらう・・みたいなことが自然にやれる
ような備えをしたほうがよいと想うのです。

「独りの時には知らない男を家に入れない」
「少なくとも、その男の身元確認はしておく」

こういうことは「セルデの常識」といえる
わけです。
自分が美しいほどに、自分が成功している
ほどにセルデのマインドも高める必要がある
わけですよ。

失うモノのない人は
失うモノのある人から奪うわけで・・・

家族や彼女が大切で守ってあげたいと想う方
はゼヒともこの忠告をしてあげましょう。
守り方を教えるのも、相手を守ってあげる
ことになるわけですしね。

昔、ワシはサンフランスィスコでガイドを
したことがありますが、日本人はドアをノック
されるとすぐに開けるため押し込まれて金品を
奪われるという事件が続出しました。
このために観光会社からの命令もあり、ホテル
では事前に連絡がないかぎり絶対にドアは開け
ないようにとお客さんに厳重に言い渡すことに
なっていましたよ。
それは1976年の頃だったのに、いまだに日本人
は隙だらけだという気がしています。

「自分を犯してくれる男なんかいないわよ」
と想っている女性は多分きいてくれない
と想いますがね。笑
でもオカネは盗られますからね。(・・;)

同じカテゴリー(護身)の記事画像
XD-9で護る
ぺンで闘え!!
個人レッスン
ジュージュツ
ストリートファイト!!
対ナイフには PRO FORCE
同じカテゴリー(護身)の記事
 XD-9で護る (2017-11-15 00:34)
 職質うけて30万円稼ごう♪ (2017-11-02 03:26)
 外国人にはビビル警官 (2017-11-02 01:32)
 警察官の職質を観ましょう (2017-10-31 23:07)
 ぺンで闘え!! (2017-10-15 00:47)
 個人レッスン (2016-11-16 12:38)

Posted by 市 at 22:56Comments(0)護身
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。