最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2012年09月03日

再びウツに関して・・・

市 (2012年09月03日 23:23) │Comments(1)タクレット
おはばんわん♪
今日は Do nothing dayなのです。
ドゥーナッスィング デイ→何もせん日、
とゆうわけですね♪

リアイヤする前に仕事をいっぱいして
おこうと頑張っているので、こういう
休日はなかなか取れないのですよ。

で、たまたま米国の今日、月曜日は
レイバーデイなのですよ。
「労働をねぎらう日」というわけで
勤労感謝の日みたいなものですかね。

そこで朝からゆっくりしています。
でもやりたい事だらけでね(^_^;)
子供達も学校休みなのでテグスネ
ひいてまだ寝ています(^o^)

このところ時間があれば現代ウツ病
について考えています。
NHKの特集も2本観ましたよ。

で、この3日間ほどのウツに関する
コメントをまとめてみますね。
まさに活きた教科書かと、、
コメを恵んでくれた
皆さんに感謝しています<(_ _)>

あ、チャップマンさん、これからも
ご遠慮なく我々にいろいろと教えて
くださいな。
テッポしか知らない薄情な人間では
いたくないですからベンキョしたいの
ですよ。
だいたいワシのサラリーマンになりたく
ないという強い気持ちはワシ自分が内包
するウツに関係していると観るように
なったのですよね。市


ええ、私、相当に鬱々とした鬱話しましたのでちょっと前向きに。ほんのちょっとですがf^^; そもそも、鬱は無神経、真の怠け者、自己中心人間はかかりません。 程度の差こそあれ、鬱を患う人は「一生懸命で真面目で責任感がある人」です。 でなきゃそうそうエネルギーは枯渇しません。即ち嬉しくはないでしょうけれど「勲章」だといえましょう。 そして鬱が増えているということは、今の日本の「妙な閉塞感の蔓延」に違和感感じる人が多い証拠でもあり、即ち、互いが歩み寄り、違和感を変えていける可能性があるという証拠でもあります。 ただですね、鬱になってしまう人は、大概に自身の精神状態の管理が「ぶきっちょ」で「コントロールが下手」なのも「事実」です。 「主観」の占める割合が多いので、「客観的」に。 「失敗してしまった!ダメなヤツ」ではなく、「失敗した。これからもこう言ったことあるだろう。対処法を模索しよう」 といった感じでしょうか。なじるのではなく、対処法などを「学ぶ」方に意識を持っていく。 でも、萬年成長なし人間など粘着に責めを負わせようとする存在もいます。 が、「客観的」に観てみると、そう言う奴に限って自分が見えてないもので「人間に完璧はありえない」という考えが無い。 故に「どうすれば良いか」という事後対応に意識が向けられず、建設的な考えや対応力、モチベーションを奪う動物的、即ち猿の毛が抜けた程度の有機物なのですよ。「服を着た猿程度」と哀れんであげましょう。 そしてそれは、彼が彼自身をそう見て欲しいと望んだものなのですから気にする必要はナッシングです。 腐れ儒教の蔓延で敬う価値のない存在も敬う姿勢を真面目な人ほど持ってしまいますが、これは「間違い」だと断言します。 薬についてですが、これは、脳の伝達物質であるセロトニンやその受容体、アドレナリン、ドーパミンの調節が出来にくくなっているので「落ち着いた状態」が感じられるなら許容の範囲内ならどんどん服用すべきです。 そして、落ち着いた時にその状態を「気楽に」脳内に「イメージを残してあげる」と「良い」です。 私がたらい回しの末に辿り着いた先生は容赦なく厳しい人で、薬をなくす方向にもっていきます。でも、絶対に無理強いはしません。「飲んで良い」のです。私は「この飲んで良い」という「安心感」からはじめました。 で、ふと飲むの忘れだすのですよ。そしたら、「あー、のまなかったよ」でほっぽります。 気付いたら、結構貯まりだして来ました。これを次回にまわせるので薬代も安くなります。 意識している、してしまううちは「服用すべき」です。 只ですね、飲む薬は慎重になったほうが良いです。 私は、ドグマチール、ジプレキサ、ルーランでおっぱいが出てしまいました。副乳までちょっと出て・・・orz 三千八十数分の一に美事全部ビンゴ! 先生「あっはっは、それは副作用だよ」 爽やかに言うんじゃないよ!こちとらBUらジャー買わないといかんのか真剣に悩んだワイ!まあ、思春期の女の子のからだの成長が体験できたので・・・やっぱり良くない!あの歯が浮くようなこすれ感は御免被りたい。 まあ、もうかなり戻りましたからいいですが、違和感を覚えたら相談することが吉です。 また、私はデプロメールという薬と、筋弛緩剤であるリンラキサーという洒落かよ!みたいな名前の薬を同時服用してお風呂入り、熱いシリコンを脳に入れられたようになり、うずくまりました。 「ヤフーヘルスケア」で調べたら「禁忌」の飲みあわせだと。 お医者様に裁判したら勝てますか?と問うたら正直に「勝てます」と。その姿勢が好きなのでスルー。そして、自分でも調べることを覚えました。 最後に、私が市郎さんの次にこちらで「師」と仰いだ孝一さんの「適当」「良い加減」のマインドは人生をカンフィーに、また映るビジョンに彩りを添えるエレガントなマインドです。オススメです! これに趣味が加われば、生き地獄という暗闇だからこそ、煌くものがより鮮明に観えるようになるかと思います。 ・・・入力禁止用語ウザッ!
むうた

こんにちわ。 「鬱」ってどうも社会の闇みたいな位置にいて表舞台に出てきませんが、ここにいるみなさんは勇気を出して議論されている姿に感動し、自分も書き込みさせていただきます。 18歳で鬱と診断され10年が経ちます。 未だに通院(診察・悩み相談)、投薬を続けてます。 この前ショックなことを主治医に言われました。 「キミの心の闇はどうアドバイスをしたらいいのかわからないよ。」 心療内科の主治医にこれを言われたらもう通院する意味がないと思いました。薬も副作用が出たら仕事に支障が出るのでいつ副作用が出るか心配でたまりません。危険なので車の免許も取れずじまいです。 薬も常に持ち歩いてますが飲んですぐ治まった試しがなく身内に「副作用が出たからしんどい」と言うと「薬飲めばいいじゃない」となぜか「薬」に大きな信頼を置いている模様で、このしんどさを理解してくれてない気がします。 正直、いつまでこの苦しみと通院、投薬が続くのか考えるだけで目の前が真っ暗です。っと、こういうことを考えるとネガティヴ路線まっしぐらなので「てっぽう遊び」というよりどころがあってまだマシなんだと思うようにしています。 最後に、ちょっとでもストレスを感じると「鬱やわ~」とか「鬱になるわ」とかいうひとがいますが「鬱」という言葉を軽々しく使ってほしくないです。
チャップマン

チャップマンさんはじめまして。 主治医に無責任なことを言われてショックを受けたとのこと、大変でしたね。 この病気の場合(まあ他の病気の場合もそうなんですが)、医師との信頼関係が大切なので、できれば主治医を変えることを視野に入れても良いかもしれませんよ。 ある程度通ってみて、症状の改善がみられないず、ましてや信頼できないとなれば、病院を変えることも選択肢としてアリだと思います。精神科の医師にも色々な方がいますから、相性のいい医師もきっとみつかるはずです。 それと薬にも相性があるので、医師との相談の上で色々と試してみるのもよいかと思われます。 ただ、医師の処方箋通りに服用することは絶対守ってください。 自己判断で飲んだり飲まなかったりするのはとても危険ですので。 チャップマンさんが信頼できる医師と出会えることを祈っています。 Kimiさんおっしゃるように「ボチボチ」いきましょう。
神武 保具

チャップマンさん。 ずいぶんなこと言われましたね。 じゃあ、その医者は薬変えたりとかしないんですかね? 薬の副作用は本当につらいです。 特に不眠症のある私なんか、 朝だるくて起きられないなんてよくありました。 神武さんのいうように医者を変えてみるというのもいいかもしれませんが、 おそらくもう解るように、すぐによくなる病気ではありません。 ですからなかなか結果が出ないからといってすぐにコロコロ医者を変えたら“ドクター・ショッピング”に陥る可能性もありますよね。 その心配もあるんで、「私の心の闇が見えないっていうなら、見えそうな人を紹介してくれ。」と軽い気持ちでいいんで聞いてみて、紹介状書いてもらって受診してみるって言うのがいいかもしれませんね。 むうたさん。 その通りで、無神経な人間はこの病気とは無縁ですね。 はぁ~、そんな風になってみたいけど…。 どっぷり浸ろうとは思いませんね。 失礼しました。
kimi

こんにちわ。 kimiさん、こんにちわ。 よくわかりましたね。今の主治医になってから薬は変わってません。「副作用が日常生活に支障があるから割合等替えれませんか?」と再三訴えてますが、「替えると危険だから」と言われ続けます。さらに付き添う親も主治医の言うことに賛同するので孤独に2人と戦ってます。 今の病院で3軒目なんです。車で40~50分くらいかかります。入院治療も提案しましたが、親の都合でたった3日で半ば強制退院・・・。 みなさんと意見交換できることは精神的に落ち着きますが、ここはイチローさんのタクティカルな日記ですのでこれくらいで〆ます。ありがとうございました。




同じカテゴリー(タクレット)の記事画像
タクレットでキャリー
ヌボーは凶ボー
ブラックホールのご案内
タクレット L 入荷♪
ブリッジにしますた
1.7sec ビデオ録
同じカテゴリー(タクレット)の記事
 タクレット動画 (2017-11-15 02:04)
 タクレットでキャリー (2017-10-07 11:09)
 ヌボーは凶ボー (2017-09-21 01:15)
 ブラックホールのご案内 (2017-01-06 01:10)
 タクレット L 入荷♪ (2016-12-24 13:26)
 ブリッジにしますた (2015-01-24 01:20)

Posted by 市 at 23:23Comments(1)タクレット
この記事へのコメント
チャップマンさん。
そうやったんですか!?

危険のない薬の換え方くらい、いくらでもあると思いますし、やはり病院を変えたほうがいいですね。

実は私が今の病院決めたのは、
知人がストレスで救急病院行ったとき、
あそこの病院はいいといわれたからでした。

それから5年経ちますが、
まぁ、良くも悪くもなく、
でも薬が合わなければ、
別な薬にしたり量を変えてくれたりします。

私も正直どこの医者がいいってことはわかりませんが、
多分、町医者の評判のホームページみたいなのがあると思うんで、そこで調べてみたらどうでしょうか?

ただ、そういうところも評判聞いて結構あっちこっちから患者が来ることあるんで、待たされたり、
じっくり診療時間とってくれなかったりするかもしれませんが、試す価値はあると思います。

失礼しました。
Posted by kimi at 2012年09月04日 02:27
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。