最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2012年01月26日

森羅万象の絶滅銀河のタクレはユングの無意識から種の保存に・・・

市 (2012年01月26日 00:55) │Comments(0)タクレット


お疲れ様です(^^) 私もオシャレしてみました!レーヌではなくレットですがf^_^;オシャレじゃなくて戦闘準備でしょーか? 市郎さんはじめ、こちらで出会った方々に背中押して頂き、本日装着! 当たり前ですが、使ってこそ輝きを感じるものでした(汗) ガンのポジション決めて抜き、違和感あったので何度も調節、撃つ練習の感覚を掴むためベリ!バシュン!しまって〜またベリッ!あれ、うまくいかん、ゆっくりとやろう…あ!出来た!なんだか面白いぞ…こーしてみよう、あーしたら抜きやすいか…そうこうしていたら時間はあっという間に過ぎました。 こうしてある程度自分だけで取り組み、行き詰まりを感じた時、DVDを観る、求めているだけにと浸透率高いです。 いや〜、充実を頂きました! 精進致します。あれ…オシャレは? さて、そんななか、市郎さんに語らせて頂いたということ以外、全く関係ないことにひとつの整理的回答が得られました。 子供をつくるプロセス、種の保存について考察してますが、ユングの集合無意識、集団的無意識を変形して用いると、我々は可能性という情報を提示する生体端末と見なすことが出来、故にランダムに、てんでばらばらのシチュエーションに放り込まれる訳で、そこから端末である我々のアクションが一つの種としてのデータバンクなる集団的無意識と名指される部分にフィードバックされ、それは更なるおおいなるものに反映され、新たなる森羅万象を産み出す可能性の礎となっているのではないかと感じました。 大いなる存在としか形容出来ないものへの情報提供が我らの役目であり、でもそんなことどーでもよいことでもあるのではとも考えました。 かつての生命の絶滅の歴史の延長に我々もいる。 盛者必滅、無常は無情ではなく次なるものの産声を予感させるもの。 宇宙を観ても、銀河や星の死はおしまいではなく、新たなる星や銀河の誕生の可能性を産む訳で、また、無は無が永遠たるだけではなくこれから存在が産まれる可能性の場でもあり、そしてそれが、宇宙のフラクタルである現象としての我々であり、この法則が適合出来る存在なのですね。 意味に縛られ過ぎた思考や行動はマクロ的な意味での空気に単にBB弾撃ち込んでるだけの様なものですね。 タクレットいじっていたらこんなことになってしまいました(;´д`)
むうた


おらおら〜!
うだうだゆーてないで
シュバッと抜いて撃ちなさいっ!

動画で見るにムーさんは動きが速いから
かなりなセンいけますよ(^_^)

で、このフォトは敷地内に入った可能性
のある嫉妬ネラーは まだ居もしないのに
真剣そのものなフリをして捜索し油断なく
楽しんでいる華麗な(加齢な(^^))市
の凛々しくも怪しい姿デアルのデアル。

同じカテゴリー(タクレット)の記事画像
タクレットでキャリー
ヌボーは凶ボー
ブラックホールのご案内
タクレット L 入荷♪
ブリッジにしますた
1.7sec ビデオ録
同じカテゴリー(タクレット)の記事
 タクレット動画 (2017-11-15 02:04)
 タクレットでキャリー (2017-10-07 11:09)
 ヌボーは凶ボー (2017-09-21 01:15)
 ブラックホールのご案内 (2017-01-06 01:10)
 タクレット L 入荷♪ (2016-12-24 13:26)
 ブリッジにしますた (2015-01-24 01:20)

Posted by 市 at 00:55Comments(0)タクレット
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。