最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2017年06月24日

チタンに挑戦

市 (2017年06月24日 23:18) │Comments(5)市ホルスタ


これは、ハーフインチのアルミパイプを熱してハンマーで叩いてフラットにしたものです。
肉厚は1mmほど。

MIZさん、アルミパイプの先端部を6センチほどつぶしてフラットにしたいのですが、熱してハンマーで叩くのと常温で叩くのとでは角に出るヘアラインクラックに特性が出るのでしょうか?
それと、アルミにはヤキをいれることは可能ですか?

ワシの簡易な実験ですと、どれも大して変わらないみたいなんです(^_^;

これはホルスを吊るためのハンガーの心棒なのですが、全重量を軽くしたかったらアルミを・・・でも重い鉄や真鍮のほうが慣性の法則でか銃をスカッと気持ち良く抜けるのですよね。
またホルスタには全体的な剛性感もとても大切だと感じています。

なのでさんざ作ってきたアルミの心棒はやめたほうがいいかな〜・・・と感じています。

でも・・やはり軽い心棒にも未練があり、ピギタンに頼んでチタンのチューブをゲットしてもらい、もうすぐ届くのです。

さて、本題なのですが、
チタンのチューブをつぶすには、どういう方法が良いのかをご教授ねがいたいのです。
穴をあけたり削ったりするときの注意事項なども教えてくださいませ。
サイズは径12.7mm 肉厚1.2mmです。

by チタンとカーボンファイバーの工作は手強いと聞いていましたがチタン童貞のままでは死にきれないので血痰を吐いてもよいからチャレンジしたい工作員より



  


Posted by 市 at 23:18Comments(5)市ホルスタ

2017年06月24日

タボージンの机

市 (2017年06月24日 13:03) │Comments(9)市ホルスタ
タボージンとはナニか?

多忙な人のことでごじゃるよ(^o^)

ビアンキカップ前から始めたホルスの研究は、今もますます熱をおびてカッカと燃えています。

プロジェクトは三種あり、部品を作っては実験し、翌日はまた改良するという日々が続いています。


これはアルミパイプで強度のテストをやっています。
最後にバーナーで焼いたら溶けてしまいました
(^_^;


こちらはカーボンファイバーのチューブですが、一部を平らにしたかったので万力で締めたらいとも簡単につぶれてしまいましたわん
(^◇^;)


自分にできる範囲でこういった部品を毎日作ってテストしているわけですが、ひとつ作ると必ず他の考えがわいて、もうどうにもキリがありません(◎-◎;)

もうこれが決定版だと決めても一晩眠ると別なカタチが脳裏に浮かぶのです。

昨日などモノスゴイことをやったのですがあとになると、どうして最初からそれを作らんのか(-_^:)」と自分に失望し(^_^;

自分の思考のノロさに呆れながらも、熱病にかかったように没頭しているのです。

しかしここんとこ暑くてね〜・・・
連日40度をかるく超えているのでエアコンのないワークルームには1時間といられないのが悩みになっています。
午後になると立ちくらみがしてコワクなっちゃいますわ…>_<…

でもね(^^)・・・
そろそろプロジェクト ワンをハッピョできるメドがたってきましたよ♪

来月アタマには日本から部品やパーツが(どこがちゃうねん(∩.∩)届く予定ですから完成品を観ていただけましゅよん !(^^)!
 市  


Posted by 市 at 13:03Comments(9)市ホルスタ