最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2017年01月04日

報道のタマシイが疼く

市 (2017年01月04日 23:36) │Comments(2)語りのプラザ
イチローさんへ ご質問の件について、私が見聞きした感想でしかありませんが、この手の話題を分析している一人の見立てということで、現状や今後の展望を書かせていただきます。
先に真子さんのなまりについて書いておきますと、考察されているとおり鹿児島の訛りにつながる、沖縄本島北部のなまりです。沖縄方言は「独自の言語である」とする主張があるようですが日本の古語で、万葉集などに出てくる言葉が残っていたりするそうです。 たとえば「いらっしゃいませ」は「めんそーれ」と言いますが古語の「参り候え」が訛ったもので、真子さんの出身地名護の沖にある伊江島では「いめんしょり」、奄美では「いもりんそーれ」と変化します。鹿児島にも訛りとつながる方言があるかもしれません。
さて、現県知事のオナガ氏ですが長い間那覇市長を勤めていて、当初は経済振興や観光なども含めて良くやっている市長だと見ていました。2000年頃の印象です。 NHKのドラマ「ちゅらさん」が放送され沖縄ブームだった頃はよかったイメージがありますが、普天間飛行場の辺野古移設が具体的に実行されるようになった頃から本省をあらわした感じです。 非常に欲深い人物であり、そのためには何でも利用するということは概ね間違いないかなと思います。 あと体裁を気にする人物と感じます。身なりや姿勢(=態度ではない)はきっちりしていて、独特のヘアスタイルにも現れていますw 県知事選挙においては前々回は保革一騎打ち状態でしたが、保守系の仲井真前知事が勝利しました。高齢ということやメディアの偏った報道もありましたが、仲井真氏の勝利。 革新系の声が強い沖縄ではありますが、革新系単独では勝てない状況なのです。 オナガ知事という人物は元々は自民党の人間であり仲井真市の選挙対策委員長を務めた人物としても知られています。欲が出たのだと思います。 マスコミで連日バッシングを受けていたオスプレイ配備反対や辺野古問題を盾に保革の枠を超えた「オール沖縄」として革新側に寝返ったわけです。 保守系の一部や政治姿勢ではなくオナガという人物を支持する人+革新+メディアの支援で現在の状態になったのではないかと思います。 県政及びオナガ知事の流れを組む現在の那覇市政においては、那覇の入り口、ホテル街に大陸向けの意味不明な龍のオブジェを中国に発注したり意味不明なことばかりしていて、那覇市も平和平和の連呼とLGBTばかりで両者ともに経済振興そっちのけです。 いわゆる革新不況というやつだと思います。不満を持っている人も実際はたくさんいるみたいです。ただ、親戚関係や地域のつながりや輪を崩したがらない沖縄では、近所の無駄話で終っているのかもしれません。 革新不況といえば同じような反基地ばかりやっている名護市は、プロ野球キャンプ地として活用されている市民球場に関して球団側(日ハムだったかな)から改修の要望があったことを放置し、キャンプ地から外れたとか外れなかったとか(笑) 改修するさいに防衛省の補助金が入ったりするのですが、断ったのでしょうか。 リコールの話ですが県民の半分がリコールを訴えないといけないですから、今の報道とネット情報だけでは現実的に難しいと思います。 しかし面白いことに、辺野古埋め立て訴訟敗訴で「承認の取り消しの撤回」したため、革新側からもリコールの声が上がっています(笑) しかしながらオナガ氏は単独では票を取り込めない革新系のよりどころですから、マスコミは悪く書きたがらないのです。 「埋め立て承認の取り消しの撤回」などとまわりくどい書きかたをしています。仲井真さんとかであれば「事実上の承認」などと騒ぎ立てるのでしょうけど。 革新系やマスコミのよりどころである「オール沖縄」の崩壊は何としても避けたいのだと思われます。現実的にはオール沖縄勢力(元自民党・新風会)で県議会選挙に出た候補者はことごとく落選しています。 那覇市議会ではオール沖縄という泥舟に乗っていたことに気づいて新風会から抜けたり距離を置いている議員もいるみたいです。 一方で本来の保守系の知事候補者が育っているかと微妙なところです。マスコミ報道とともにこれがネックになっているのではないかと思います。 那覇市と名護市以外の首長には若くて優秀な市長が多いので、近々のこととしてまずはこのような方々に知事になってほしいなと思います。 沖縄の観光や産業など経済にとっても良い流れを作ってくれると思います。 前のコメントにありましたが、沖縄には利権構造が強くあると思います。オナガ氏はまさに利権の塊のような人物でもあり、欲の強い人物なのでいろいろやらかしているようです。 スキャンダルにつながりそうな訴訟もいくつか起こされていますが、ことごとく報道されていません。マスコミがこんな状態ですから報道されることはないでしょうが、文春砲みたいのが入ってくれることが一番早い気がします(笑)
sacom


ありがとうございます<(_ _)>

うーん・・・♪
まったく解っていなかった霧の向こうにある沖縄の全体像がうっすらと見えかかってきました。

昔、写真学校の卒業制作で、トカラ列島の悪石島に1ヶ月住んで島の人々の生活を撮影したのですが、同じ日本人でありながら、東京の住民や鹿児島の人々とはまたちがった「島民性」をつよく感じたものでした。
米国に住んでいると、メキシコ人やイタリヤ人、ロシヤ系、イギリス、フランス系といった多くの国々の人たちと交わるわけですが、その国民性にはそれぞれに特徴があることが判ります。

沖縄の状況とこれからどうすればよいのかを調べるためには、沖縄の家庭にホームステイし、何軒かの家をまわり、県民性や地域性といったことを理解しなければならないと考えています。

若かったころのように、問題意識を高めて、キャメラを携え、純粋な報道写真を撮るために沖縄に行きたいものだという気持ちがフツフツと湧いてくるのを止めがたい気持ちです。

収入もないのに家族をほって売れもしない作品を創るために取材活動をする・・・これが私的難関なのですがね・・・(^_^;

もしも、そのせつはsacomさんにもお逢いしたいのでよろしくお願いします<(_ _)>



  


Posted by 市 at 23:36Comments(2)語りのプラザ

2017年01月04日

プレイトの日

市 (2017年01月04日 02:56) │Comments(5)訓練

マウに例のデカバーガーを食べさせるために町にくりだしました。
これを食べると他のバーガーは敬遠したくなるのです (^^)











二日目の訓練は、ヴワカモノ組が1番やりたいプレイト撃ちです。
15ヤードから6秒間で6枚倒すというゲイムです・・・が、なかなかこれができません。
ワシもアイアンサイトでトライしたのですが、2回連続達成は成らず(^_^;
この基本訓練の大切さを再認識しましたよ。

今年のビアンキカップ攻略練習には これを取り入れようと決めました。


ところでマサはダットサイトをグロックに着けたものを使っているのですが、試合中に突然故障してしまい、観るとこのようにトゥリガー内のセフティーレヴァーのネジが飛び出していました
(@_@;)
これまでにけっこうグロックは撃ったのですが、こういうのは初めてですよ。
こういうところにネジを使うのは、ちょっと良くないディザインだと想います。

さて、三日目の今日は なにをしようかと相談中で・・・まずはウドン鍋に餅を入れてタラフク食べて、ドカタ組と野球組とに別れて腹ごなしをしています♪

市(^-^)/





  


Posted by 市 at 02:56Comments(5)訓練