最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2016年09月15日

市印のメッセンジャーバッグ

市 (2016年09月15日 12:47) │Comments(2)タフプロダクツ


アミーゴ、スティーヴは帰った。
忙しくてご苦労だったね・・・
だが今度はワシの番だゾ、いつものようにメンドクサイやつだけどハンギンゼアだぜ(∩.∩)

もちろんよシニョール♪♪

タフプロでのラストデイ、ラモーんは大きな型紙を抱えて試作室にやってくる。

去年から構想を温めていたメッセンジャーバッグを試作する日だった・・・。

と、いうわけで皆さん、
もしもメッセンジャーバッグを買いたいという予定のある人は、その予定を解体してくださいナ(^-^)
すくなくとも、この新作を観るまでは保留しておいていただきたいぞな(^O^)/

タクレットを大きくしたタクレットL、そしてより大きなメッセンエックス (仮称)
この3つのカバンがあれば安心して世の中を渡れると、そーもいきませんこともマレにはありますが(^◇^;)・・・
第一プロトは持ち帰ってテスト中、そして第二プロトの製作にかかっています。

自分でいうのもナンナンですが、他の人はコレをしらないから言ってくれないので自分で言います・・・

“こりわぁ、とてーも良いでぇーす、いえーす♪”
(なぜかエーゴなまり(^○^)

請う、ご期待ヽ(^0^)ノ☆




  


Posted by 市 at 12:47Comments(2)タフプロダクツ

2016年09月15日

オクラナットー

市 (2016年09月15日 10:24) │Comments(7)語りのプラザ


今年はオクラが豊作なんですよぉ♪

ムカシむかし、鹿児島ではアチコチの家でオクラを植えていて、薩摩人にとってオクラは親しい野菜でしたよ。
キャリフォニアの山でもよく育ちにけりぃ〜♪

なので、奈菜農園にオクラを植えるのはヒトツの夢でした。

まず、がぶりとそのままカジリます♪
とても美味しいのですよ〜(^。^)

でも・・・

薄切りにして混ぜ合わせ、ショーユをかけて食べるのが本道で(^^)でもワシはこのようにナットーとガーリックとで かき混ぜて食べます。
栄養的にバッチリかと(^^)
でもここでナットーのタレを全部かけるのはバカタレかアカンタレですから、半分以下だけにしませうね(^。^)

ゼシともお試しあれ♪

あ、ガーリックが足りないと想う人は、ワシのよーに もっともっとニンニクを加えてくださいナ(^○^)
ガーリックをよく食うせいで、ワシのオナゴたちはほとんど毎月妊娠していますから、もしもホモだったら世界初の男妊娠を果たしているにチガイナイですよ(^○^)(^◇^)

by ニンニクのガーリック合えが好きなオトコ


  


Posted by 市 at 10:24Comments(7)語りのプラザ

2016年09月15日

皿のいちまいを・・・

市 (2016年09月15日 07:30) │Comments(4)語りのプラザ


晴れ晴れ君、そしてオニドンを食べている皆さん(^-^)/

たまねぎをスライスしてオリーヴ油、または奇怪油等で炒めて玄米に乗せて食べるというのはイチローさんが東京特許許可局のトカキョク部に申請してあるので、これを食する場合は7%のディザイン使用料を支払っていただくわけですが、今日は そういった督促のハナシではないので気楽に聞いていただいケッコーですからね♪

これ・・赤いですよね?
赤いタマネギなんです(^^)
あたりまえか(^0^;)

アメリカでは「スィートオニオン」として売っていますが、なるほど、たしかにホンノリと他のよりも甘いです(^^)
日本で見つけたらゼシとも試食してリポートしてくださいナ

で・・・皿なんですけど・・・

これはミズーリ州のアンティック屋で見つけて、1000円かそこらで売っていたモノですが、なんと素晴らしく美しい!!!
角をとったラクタングル、暖かい白磁に銀の細いラインとグレイの太線・・・パッと観た瞬間で好きになっちまいました。


そして銀線で描かれた この絵が素晴らしい!!
この簡素さ、潔ぎ良さ、品性の高さ、完璧なバランス・・・騒月流も降参ではないかと。

美しいものは、何気なく観ても心を捉えるもの、、これは使うたびに眼の保養になるんです。


裏には、このよーな印が・・・イギリス製でしょうね。

いつごろのモノなのか検討もつきません。

日本は、焼き物の国ですから皆さんも古道具屋さんがあったら入ってみましょう。そして自分の気に入った皿を一枚えらぶのです♪
高価なモノは敬遠しましょう。2000円くらいで好きなの見つけたら、
「これ1500円にしてくれませんかね〜^_^; 母の誕生日に贈りたいのですがオレ失業してまして・・・(^_^;」とうつむきながら言いましょう。
これは「美しいウソ」ですから逮捕されたり補導されたりはしませんのでダイジョビ。

どうして美しいかと言うと、古道具屋のガンコ親父は家族からもウサンクサガレ、嫌われ者で、そこに若いヤツが入ってきて眺め回し・・・「こんなわけのわからんよーなヤツは万引きする気だな、、どうせ買っても安物だろうし(-_-;)」と、明確に想っていることは確実で・・・そんなところに一枚の好みの良い皿をとりあげて「母への贈り物」なんて聞いたヒにゃ、親父の内心は瞬時に涙雨。
「カネはいらんから持っていきなさい・・・(;。;)」みたいになっちまうのです。
2千円なんて値段を付けていても、たまたまオジーサンが無くなった家から良い遺産が混ざっているのに「奥さーん(◎-◎;)ハッキシゆってこれらはガラクタですから、まあ、奥さんですから まとめて2万5千円だしまひょ(^ニ^)」なんて言いながら、中に萩の井戸茶わんがあって安くても800万円で売れるだろうとコーフンしながら買ったものに混ざっていたわけで、親父にとって皿など無価値の雑器でしかなく(^○^)

で・・・強欲で嫌われ者の親父ですが、そういう君との出逢いで自分が恥ずかしくもなり、感動したことで臨時の真人間となり、500円くらいの割引など大喜びで、そして嬉しそうに買って帰る君の後姿をみながら
「あ〜∈^0^∋今日は良いことをしたぁ〜!(^^)!」
と、何十年かぶりに善人の喜びを味わうわけですよ(^○^)
つまり、君はカワイソな親父に幸福感を与えてあげるわけですから、美しいウソちゅうわけです(^。^)

「嘘も方便」というのは、迷える不幸な人に、天国は素晴らしいところで君はそこに行くのだから安心しなさいね(^-^)みたいなウソなら許されるという意味ですからサ(∩.∩)

え?・・・
親父でなくキレーなオジョサンがいたらどうするかって?・・・

そりゃもう、
「あのぅ、アンティックについていろいろ教えてもらえませんかぁ〜(*^_^*)」
と、しおらしくかわゆく演技するんだね〜(^-^)
せいこうを祈るゾ〜 \(^O^)/

と、いうわけで、アンティック屋さんでは機転をきかせて会話を楽しもうよ、、ということをなるべく具体的に写実的に書きおろしました〜\(^O^)/
市  


Posted by 市 at 07:30Comments(4)語りのプラザ

2016年09月15日

想念、のはなし・・・

市 (2016年09月15日 02:17) │Comments(22)語りのプラザ


フォトショップの過程でなぜか偶然に色が浮かんできたので、そのまま定着してみたところ焼き物の窯変のように想えてイトオモシロシになりましたよ♪
この「強」という文字はちょっと台形になっていて、知性を伴った強さを感じられるので好きです(^-^)奈菜よデカシタ!!

「心」と「強く」の間に間をおいたのは「心づよく」と読んでしまいそうなので、そーじゃなくってぇ・・・「こころ、つよく」と読んでほしいんだってばぁ〜(`ヘ´) みたいな気持ちをこめての半角空けなのです(^○^)
ほんじゃあ「心を強く」と書けばいーじゃんかよ、、という考えも浮ぶのですが、それじゃツキナミすぎて跳弾しやすく、読む人の心に定着しないだろう・・・ワシはもっとシミジミと深さをもって表現したいのだから、土壇場に立たされてなんとか危機的な状況を打開するんだということを沈黙しながら自分に言い聞かせるというイメージをもって 「わが心・・強く」と、まあマーラーのタイタンという曲のような静かな強さを感じてほしいという気持ちをこめているわけです。

それと「く」というヒラガナって、すごく味のない文字になってしまうというキライ(懸念)があるので、幾度も書き直してもらいましたよ。

でまあ「心 強く」という3文字に決めるための構想に二週間、書くのに二日間と「熟考&実行」にはこれだけの日々を費やしています。あ、でも毎日8時から5時、そしてたまには残業を夜11時まで、なんてのではなくて(^o^) 朝の茶を飲みながらとか、運転しながらとか、射撃の合間のタマゴメのときとか、他の人が観たら「あいつ遊んでられてほんといいよな(-_^:)」とか「マロンパからはデノボウ」と呼ばれながらも心の眼はしっかりと創作の在り方を見つめていたのです(^^)

何かを創りたい、または造りたい・・・という気持ちって、ふとしたことで触発されるものですよね?
まるで時間と空間が存在しない「無の世界」にビッグバンがおこるように・・・
または「あ、これがほしい!!」という気持ちもそうです。
こういうのを「想念」といい、心に浮かぶ想いというわけです。

足を交互に早く長く動かせる人ほど徒競走で前を走れるように、この想念の強い人ほどアーティストとしてオカネを稼げる人になれるんです。
アーティストがオカネを稼ぐなんて言語道断だとワシは想っていましたが、じゃあランナーも水泳選手もカネをもらうなよナ、と発想を転換したら、やはりアーティストもオカネを意識せんと創作の自由が得られないと・・・(^^)
昔の音楽家などは貴族に家やオカネをもらわないと活動できませんでしたしサ(^^)

世の中の人々は、芸術家に対する偏見がつよいのですよね(^0^;)

それはともかく、

アーティストになりたかったら、想念を磨くヒツヨーがあります。

想念とは、なにも無い空間に自分で作品を想像すること。
つまり、自分の前頭葉の斜め上に直径4mくらいの3次元スクリーンを投影し、そこに画像を投影しながら眺めたり変えたりなどの工夫をするわけです。まずは想像ありき、、それが創造につながるのですよ。

まったくナニもなかった所に、カタチをもったモノが存在してしまう。
それが日常生活で役に立ち、持ってて楽しい♪
または役には立たないけれども観ていて嬉しい♪
これって、ちょっと痛快だと想いません? (^^)
ワシは、漫才がアートかどうかという議論には参加したくないですが、モノを造るということは、家具にしても家を建てるにしても焼き物などにしてもアートの分野だと考えています。

想像を発展させて創造に結びつけるのはソウゾウシイ場所でもできます(^o^)
でも、ワシの場合は音楽が流れていると想像を阻害されるのでダメです。なので歩きながらやドライヴしながらはめったには音楽はかけません。それと、テレビでやってるツイツイ引き込まれるが心にはナニものこらないドラマなどは脳によくないので観ません。お笑い番組とかタレントたちがシャベクッテいる番組などを観ると脳が停滞するか退化してボケ老人に向けて前進するだけだと感じるのでダメです。・・・というか、そんなの観ているヒマはないし、観てもバカバカしくて苦痛になるのです→この本能は天からの授けモノだと想います♪

音楽は、心が創造を求めていないとき、気持ちがヒマなとき、家族に心の滋養を与えたいときなどに、おもにクラシックをかけます。
クラシック音楽は、とくにベートーヴェンは、自分の心を強くするのに役立つことウケアイですよ。ちなみに「運命」というあのチョー有名な交響曲の5番をガマンしながら毎日一回 1ヶ月間聴いてみてください。すると「ほんとだぁ〜(゜◇゜)ガーン!! イチローさぁ〜ん、ありがとござましたぁ〜ヽ(^0^)ノ」とコメントしたくなりますよ(^^) そーならんかったら、君の感性は化石化しているので、さらにもう1ヶ月だね(^○^)

想念を磨きたかったら、浜辺を散歩しながら波や風の音を聴いたり、森林を歩いて樹の精を吸ったり、葉うらのそよぎに感動したりする習慣を身につけることです。
ちなみに、夏のおわりの夕暮れあたりにカナカナがしきりに奏でている林を歩いていると「ここでしずかに死にたい・・・」と写真学校時代によく想いましたよ。アーティストたる者、これくらいの感性がなかったら まったくラクダイなんですけどね (^-^)

でもって、
アタマの斜め上にスクリーンを投影する訓練をすると、それはもうスーパーコンビューターを得たようなものです、、といっても少し旧式のオバカなヤツですがね(^o^) その3次元画面の中では自由闊達な映像が展開されるのです♪
信玄君などは、おもにエッチな画像に匂いだの感触だのをリアルに味付けしながら味わっていますが、ま、それはオカネになりにくいのですが、ある種の「心の財産」として貴重ではないかと(^○^)

で・・・
あるとき、まったく突然に電源が入り、パッ!!! っとスクリーンが投影されることがあります。
脳ってヤツは、身体とともに寝起きなんかせず、自分の都合で生きてますからね〜(^○^)
そして、そのスクリーンには、ひごろ自分が考えていた題材にたいする答えとかヒントがバババーンと映るのです。
ワシの場合、仲間たちと食事などしている時によく起こり、目の前のヤツが「あっ! 観ろ!・・・イーチのアタマが働いてるゾー(゜◇゜)」とまっすぐにワシを指さし、みんなの笑顔がスクリーンの映像に半透明で見えるのですよね(^◇^)

皆さんも「白昼夢」というのを観ますよね?
昼間、起きているのに目の前の風景は見えず、想像世界だけが見えている・・・あれなんです(^^) あれの本格版なんです(^○^)

おもえばワシの時間の大半は、そこで過ごしているのではないかと(^○^)

と・・・つれづれに、
朝の空気を楽しみながら珈琲をたしなみ、アーティストの世界を少しバクロいたしました。

今朝も日本でいえば10月末の気候みたい・・・今年は秋の来るのが早いようですよ♪

市(^-^)/


  


Posted by 市 at 02:17Comments(22)語りのプラザ