最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2016年05月27日

耐えたアキリス

市 (2016年05月27日 12:49) │Comments(10)ビアンキカップ
ハウディー!
セプテット ザ ムヴァチョスさ~ん(勝手なネーミング) 皆さん楽しまれたよーだすね~♪ (=゚▽゚)v(=゚▽゚)v(=゚▽゚)v (=゚▽゚)v(=゚▽゚)v(=゚▽゚)v∈^O^∋/ >いや〜・・・(゜◇゜) 今年で34回目のビアンキカップですが、かつてこの試合がこんなに素晴らしい競技だったとは夢にも想いませんでしたよ〜(^◇^;)(^0^;) むむっ♪ イチローさんは 「血湧き肉躍る興奮のルツボ」のまっただ中で 次なる作戦をたて始めたノデアル~♪ ・・・と見た♪♪ m9(≧▽≦*) ビシッ♪ by イモムシやアキリースと装弾・・・あイヤ・・相談しながら T-16やドンドンパやジゲングリップやヘミスや太巻き型の玄米ニギリが(1つ美味しそう♪) どのよーに進化しながら真価を発揮していくのかにキョーミ シンシンなオトコ
マロンパ89


いや・・・じつはな(^_^;

連日の闘いで、この左足のアキレス腱が腫れて痛くてサ(×_×)

まだツマ先立ちができないのに酷使したもんでね(◎-◎;)

風呂にじぃーっと浸かってモミモミしたり・・・
よくぞ耐えてくれたと足に感謝したり・・・

このトシになってもビアンキカップの長丁場に耐えていられたことへの感謝もあったりと・・・

今は進化どころか、来年への健康維持が最も大切だと想っちょる。

“試合、無事に終わった〜♪”
とナナ奥にメッセイジを打ったら
“来年も出られるといいね〜♪”
という返信がきた。

なんという いたわり!!
なんという 元気づけ!!

わが奥様を見直したよ(^-^)
心の太い細君だ(^◇^)

これからの1年の目標は
「ビアンキカップに出ること」

もう、これだけで充分だわ(^o^)

ムーヴァーなんて0点でもいいわ(^◇^)

・・・・・・と、今は
そんな気分よ(*^_^*)

市  


2016年05月27日

不思議な事件

市 (2016年05月27日 11:59) │Comments(5)語りのプラザ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160525-00010000-doshin-soci

実弾、空包取り違え 疑問深まるばかり
 十勝管内鹿追町の陸上自衛隊然別演習場で発生した23日の事故では、厳重に管理されているはずの実弾が使われ、隊員2人が負傷した。どこで実弾と空包を取り違え、なぜ79発も撃ってしまったのか―。疑問は深まるばかりだ。陸自のOBや現役隊員からは「ありえない」「深刻な事態」などと、前代未聞の事故による信用の失墜を懸念すると同時に、原因の徹底究明と再発防止を求める声が上がっている。

「自衛隊の本質に関わる事故」
 「武器、弾薬を預かる組織という自衛隊の本質に関わる事故だ」。道央で勤務していた元陸自幹部の50代男性は厳しい口調で語る。「必ず原因をはっきりさせ、再発防止を徹底しなければいけない」

 北部方面総監部などによると、実弾と空包は部隊内の弾薬庫の別の場所で、それぞれ鍵をかけて保管している。元幹部の男性は「実弾は使い終わった後も全て数え、足りなければ数百人単位で捜索するくらい管理は厳密だ」と指摘する。

 空包も内部に火薬が入っているが、弾頭を詰めていない。発射時には光や発射音を伴うだけで、一定の距離を保てば、実弾と違い殺傷能力はない。

 実弾や空包を使う場合には申請書が必要で、弾薬庫からの受け渡しには幹部ら複数人が立ち会う。訓練直前に部隊の責任者が隊員に配ることになっており、今回は、全て実弾が手渡されたとみられている。

 この段階や小銃に装填(そうてん)した時点で、実弾だと気付くことは可能だったはず。道央の陸自部隊に所属する男性隊員(48)は「空包の先端には小さな穴があり、先がとがっている実弾と明らかに形状が違う。受け取った隊員も分かるはずだ」と首をかしげる。

 今回の訓練は、トラックで物資を輸送中に敵から襲撃を受け、応戦するという想定だった。トラックの援護役7人と敵役2人が計79発の実弾を発射した。

 昨年1月に退官した十勝管内音更町の元陸上自衛官末延隆成さん(54)は今回と同じ89式小銃を何度も扱った。「実弾と空包は撃った感覚も違う。1発で(空包での訓練で必ず銃口に付けている)アダプターは破損したはず。79発も撃ち合ったのは理解できない」と疑問を呈す。

 道央の駐屯地に勤務する20代の男性隊員は「ありえないことが多すぎる。自分たちの安全管理ができない状態で武器の使用は許されない」とこぼす。

 元北部方面総監で、道内の自衛隊OBでつくる北海道隊友会連合会会長の酒巻尚生(たかお)さん(72)=札幌市中央区=は「3月に施行された安全保障関連法で武器の使用基準が緩和され、武器や実弾の取り扱いには、より一層の注意が必要となった。単純なミスだとすれば深刻な事態」と強調。「自衛隊が発足して以来、60年余りをかけて築いてきた道民の信頼を一気に崩しかねない事故で、OBの一人として非常に恥ずかしい思いだ」と話した。


この事件、
たしかにありえないことだらけですね〜(◎-◎;)

まさかアダプターを付けたままで実弾が飛んだとは想えませんが・・・それともアダプターが吹き飛んだ状態で実弾を撃ち続けたのでしょうか?・・・あるいは、たくさんの空砲の中に実弾が混ざっていて、そのためにアダプターが破損し、飛び散った破片で隊員がケガをしたのだという推測なら成り立ちますが・・・ぜひとも真相を知りたい事件ですね。



  


Posted by 市 at 11:59Comments(5)語りのプラザ

2016年05月27日

テツヤのプレイト

市 (2016年05月27日 07:34) │Comments(10)ビアンキカップ

テツヤがプレイトに挑戦。

白熱したコロムビアの天気、
本人も観客も熱気でむんむん。

恐怖の10yd、
最初のラン。
よろめきながらもクリーン!!

二度目の10yd・・・

初弾ヒット、
その0.6秒ほど後に放った次弾、
ターゲットは倒れなかった。

ああ〜〜(゜◇゜)!!

そして15ydプローン、
素早く伏せたテツヤは順調に撃ち倒す・・・
だが、ラストショットが倒れないっ!! (@_@;)


・・・テツヤいわく
“あの〜・・・応援してくださった皆さん、え〜プレイトをクリーンできなくてすみません<(_ _)>・・・でも、今日は、来年の出場を決意しました!!! ですから落ち込んでいません!!・・・”