最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2015年08月22日

ホースィーリポート♪

市 (2015年08月22日 22:12) │Comments(2)タフプロダクツ

試合に出るために必要な道具類の全体像です。
JSCは外部パワーソースが使えるので、ホース付き専用マガジン1本で済みます。
なお私の場合、バックアップガンは基本的に持っていきません。


ガンや小物類を2つのメインコンパートメントに納めます。
BB弾ローダーや予備のガスはL-Maglletの中に納めればコンパクトにできます。
ガンが1つだけなので、下段のバッグはまだ余裕あります。


ベルト、ホルスター、マガジン等も含めるとこんなパッキングになります。


固くて丸めにくいシューティングベルトでも最上段のコンパートメントに収まり
ます。
ホルスターを入れてもまだまだ余裕あり。
マガジンはホースになるべく曲げクセをつけたくないので、前面の大きいポケットに
入れています。


エアガンでは使わないアモバッグも、ホルスターの保護に使おうと思えば使えます。
(あまり意味はないですが!?)
ベルトを入れた状態でもアモバッグは最上段のスペースに押し込めます。


最上段もサイドのポケットもまだまだフリースペースだらけですので、ここに着替え
などを入れれば、1泊の遠征ならこれひとつで十分対応できます。

2. JANPS ~ジャパンビアンキ~ (静岡掛川開催)



JANPSは外部パワーソース禁止なので、マガジンが複数本とフロンガス、そして
ガスの軽量用の電子スケール(はかり)を持っていくのがJSCとの主な違いです。


マガジンの本数が増えてもL-Maglletの中に納められるので、問題なくパッキン
グ可能。


JSCよりもさらに余裕ありです。
JANPSは2泊コースなので着替え等の量は少し増えます。
あとここに入れるのを忘れましたが、JANPSは体育館での開催なので上履きが必要なの
ですがShootist Proともう1つ小さな手提げバッグでもあれば十分対応できそう
です。


さらにウレシイのは、試合中に身につけておけないタクレットを、最上段のス
ペースに
スッポリと入れておけることです。これはホントにありがたいです!


その他所感
まだ本格的に使っていないのでなんとも言えないのですが、特にバッグの底の部
分の角
などがすり切れたりしないように補強があれば安心感が高まるのではないでしょ
うか。
とても便利かつ高価なものですからできるだけ長く使いたいですし、軽量化と耐
久性を
両立させるような工夫があると、商品価値がさらに上がると思います。


追伸(コメント欄より)
シューティスト PRO の完成おめでとうございます!
WCSでプロトを使わせてもらってその有用性を実感し、日本に持ち帰ってからは、これをエアガンの試合で使う場面を思い浮かべてはニヤニヤしておりました。 私は地方在住なので、大きな試合に行くときは電車で移動することが多く、このバッグはとーってもありがたいんです。 そこで、実際に遠征に行くときの荷物を入れてみて、どんなパッキング状態になるのか試してみましたのでご紹介しますね。

1. ジャパンスティールチャレンジの場合 上段: ベルト、ホルスター 中段: アイプロテクション、グリーンガス/レギュレター、BBローダーと予備ガスを入れたLマグレット、ガンのパーツ類 下段: スピードガン1丁、工具/ウェス、BBボトル2本 前上ポケット: 外部ソース仕様のマガジンとホース 中段はかなりきっちりですが、上/下段のコンパートメントはまだまだ余裕あります。 さらに前下ポケットと横の上/下ポケットはフリーですので、ここに着替えなどを入れれば、1泊の遠征ならこれ一つあれば余裕で対応できます。

2. JANPS ~ジャパンビアンキ~ の場合 上段: ベルト、ホルスター 中段: アイプロテクション、予備のBB弾、マグ4本とBBローダーを入れたLマグレット、ガンのパーツ類 下段: カップガン1丁、工具/ウェス、BBボトル2本、フロンガス1本、ガス計量用の電子スケール JANPSでは、外部パワーソースが使えないためマガジンの本数が増えてフロンガスも必要になるのがJSCとの違いですが、結果的にはJSCとほぼ同等もしくは若干コンパクトに納めることができそうです。 スティックシフトをつけた背の高いカップガンも問題なく入ります。 また、JANPSは11月開催なので着替えの量も少し増えたりしますが、それも含めてなんとか収まりそうです。 さすがに、試合会場で必要な上履きまでは入りませんが、あとは小さな手提げバッグでもあれば十分対応できます。 どちらのケースにも共通ですが、うれしいのは上段のコンパートメントの大きさとカタチです。 最近のレースホルスター用のベルトはかなり固くて持ち運びに困るのですが、これだけの底面積があればムリヤリ小さく丸めなくても大丈夫です。また、ベルトから外しにくいホルスターでも、全長の比較的短いもの(DAAのレースマスターとかゴースト、リムキャットなど)であれば、ベルトにつけたままでも収納可能ですね。 さらに個人的にすごくうれしいのは、上段のコンパートメントからベルトとホルスターを出したら、そこにタクレットをすっぽり入れておけることです。普段はタクレットに携帯電話やカード類などを入れて身につけていますが、試合中は外していますし、貴重品類が入ったタクレットを外から見えるところには放置したくありませんので、これを入れておけるスペースがあるのはとってもありがたいです。 ホントに「これ以上ない!」ってくらいの理想の射撃バッグです。 で、敢えてひとつだけ心配なところを挙げると、バッグの生地の耐久性です。 まだ本格的に使っていないのでなんとも言えないのですが、特に底の部分の角などがすり切れたりしないように補強があれば安心感が高まるのではないでしょうか。とても便利かつ高価なものですからできるだけ長く使いたいですし、軽量化と耐久性を両立させるような工夫があると、製品としての価値がさらに上がると思います。 私自身は対策として "底鋲" というものを取り付けようかなと思っています。 少し大きめのカバンの底によくついている直径1cm程度の足というかポッチリみたいなやつです。手芸用品店で手に入るので、これを取り付けてバッグの底が直接地面に触れないようにしてやれば、すり切れたりするのも防げるかなーって考えてます。
以上、ダラダラと書きましたがお役に立てれば幸いです!
ホースィー高嶋  


Posted by 市 at 22:12Comments(2)タフプロダクツ

2015年08月22日

シューティストPRO 動画

市 (2015年08月22日 09:11) │Comments(16)タフプロダクツ


http://gunsmithbaton.militaryblog.jp/e688132.html

お待たせしました!(自分も、随分待ってました(^^ゞ) 
イチローさんがこだわりにこだわったシューティストプロの動画と写真をアップしました!
『TUFF最高峰の最新作【Shootist Pro】公開!』
(株)バトンTrading

  


2015年08月22日

Shootist PRO 射撃バッグ

市 (2015年08月22日 03:49) │Comments(4)タフプロダクツ
こんばんようさんです。 ムーバー退治が本格化してきましたねぇ~ ところで、 ジラされてる、 バックのことは、TAKAさん動画で気づいたファンが多数いることでしょう。!! ナンジャ?? イバキュレイターにしてはデカイぞ?? ・・・どこから出てくんねん!!! と日本全国、いや全世界が大阪弁で突っ込んだことでしょう!! ☆彡イ ★い 星井~ と無条件物欲を理性でネジ伏した夏。 そんなここのブログ住人が何人いるんでしょう。 ふふふ。バッグのことはバックレましょう。ヽ(*´∀`)ノ でも知っているのに知らんふりぃ~のできないバカは、私です。だって。だって。見てしまいましてんもん。 知らないほうが良かった??  物欲倍増ぉ!!!! JWCS訓練にはオーナーさんが何人か来られるんでしょうね。裏山裏山。 お口チャックしとこ。  
これから皆がイチローさんにジラ~されて。ワテみたいに物欲大魔王を育てておくれやすぅ~
まう@東大阪

おおお~!
ついにその全貌が!!
Takaさんブログの動画で目撃して以来、夜も眠れず昼寝するほど(汗)気になっておりました! 詳細情報を楽しみにお待ちいたします!!
出二夢カズヤ

T-16も仕上がりが順調にきてる見たいですね。ジャムもなく良い事だと思います。かばんの方ですがぜひとも手に入れたいと思った次第です。 ハラハラショー


なんだぁ〜・・・(^_^;
だれもなんもいわんので興味ゼロだと想ってたよん(*^_^*)

これは「シューティストPRO」と申します。以前、レンジバッグをディザインしたときから構想を立てていました。

これまでの長い射撃生活から浮かんできた射撃バッグの理想を実現したものです。
プロトが完成したのは春のことで、五月のビアンキカップから実戦配備していました。

じつは、本場WCSを撃ちに来たシューター達は、おりよく出来ていたプロダクションプロトをタフプロから購入し現地で使い、そして日本に持ち帰ったのです。

そして昨日、最終的な完成品が届き、チェックしてOKを出しました。

では、バットン将軍や、
あの作ってくれたシューティストPROの動画をアップしてくだされ !(^^)!


  


Posted by 市 at 03:49Comments(4)タフプロダクツ

2015年08月22日

Day 19th

市 (2015年08月22日 00:29) │Comments(4)訓練


コールドで10&15ydから12発ずつ、計24発を放つ。
ビアンキカップ ムーヴァーの前半戦というわけです。

しばらくぶりとはいえ、
感じ良く撃てた・・・
全弾命中、だと想った(^^)ニコッ♪

でも・・あれれれぇ〜(◎-◎;)
3パツも外れているぅ〜(>_<)
自覚はなかったのにぃー(;O;)・・・

次は15ydからの48発・・・

黒丸がXリングで直径は4インチ、
その外側2インチは10点圏、
なのでせめて黒丸から2インチ以内に
撃ち込みたいところなんです。
マロンパがスコアを割り出したいのなら
黒丸の半分の距離までは10点と見なすベシ。


上の黒丸は左行き、下は右行き。例によってリードのとり方と追跡のクセを観るためにXリングを分けて撃つのです。
で・・・無失点でラストストリングまでイッちゃいました・・のです。

とうとう48発クリーンが出るかぁ〜(^。^)

と、最後はとくに慎重に狙いました・・・
すると、ちょっと遅く撃ち、ターゲットは早々と逃げ込もうとしました。
バンッ!・・・かすかに慌てて撃ちました。

それが外れたのです(;O;)エンエン

ところでこのバッグですが・・・



ちょっとオモシロゲではありませんか?(^-^)
そろそろ観ていただきましようかね(^-^)

以下、じらーす(^◇^)


  


Posted by 市 at 00:29Comments(4)訓練