最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2015年07月24日

JWCSでの見学

市 (2015年07月24日 23:38) │Comments(10)訓練
シアトルさん はい、JWCS公式レンジでの『イチロー射撃訓練』は定員も限られ、参加できない方も多くなる可能性が高いので、基本的に見学OKとしようとは思っております。 …ただ、参加者の定員を出来る限り多く、会場のキャパシティぎりぎりにする予定ですし、当日は特殊作戦群区さんのサバゲ貸し切りも入っていて、かなり混雑することが予想され、訓練参加者の動線を最優先させていただきますので、上手く見学できない可能性があることもご了承ください。 また、参加要項に記載していますが、当日はターゲットの方向が決まっているシューティングマッチではなく、撃ちあいの訓練で四方八方に弾が飛ぶので、会場では見学の方も含め、終始、ゴーグルまたはサイドまで保護できるシューティンググラスの着用を義務付けさせていただくとともに(シューティングマッチのようにメガネだけは不可)、流れ弾が当たる可能性が大いにあり、ケガをしないような服装(長袖長ズボン)でご来場いただくことをお願いしようと思います。 以上は確定事項ではなく、これから訓練内容などを検討したのに、見学の可否の詳細は、のちほど発表したいと思いますので、いましばらくお待ちください。
(株)バトンTrading

市より
二重の円陣となって、内側と外側とで撃ち合うことになりますから、おびただしいタマが会場にまんべんなく飛び交います。これは誰が勝ったか負けたかの勝負ではなく、自分がターゲットを識別して正確に撃つという訓練なんです。ターゲットは各自の胸に直径20cmほどのプラ板を付けてもらい、それを撃つのです。
定員は50名ほどにかぎりたいと想っています。で、この訓練は見学者がいると気を使うことになるのでナシにさせていただきます。
射場が2つ使える場合は2組に分かれて異なる射撃ができるので定員100名も可能ですがね・・・
そこらは、これからバットンと相談しますね(^-^)/


  


Posted by 市 at 23:38Comments(10)訓練

2015年07月24日

集団的自衛権

市 (2015年07月24日 07:50) │Comments(22)
集団的自衛権は違憲か合憲か???

そんなことはどうでもいいのだ。

日本を守ってくれる米国が危機に陥ったら全力をもって助けるのが人の道というものだろうが・・・。

アメリカがやられたら、日本の存続などありえないし。

日本をとりまく現実を観ようではないか。

イーチェ  


Posted by 市 at 07:50Comments(22)

2015年07月24日

18歳未満のバヤイ・・・

市 (2015年07月24日 01:05) │Comments(12)訓練
イマムラです。
お願いなのですが、18歳未満でも親の承諾書などで、親の同伴なしでも参加出来るようにしていただけないでしょうか? もちろん鉄砲は年齢に適応したものを使います。 滅多にないチャンスなので、是非参加したいのです。 どうぞよろしくお願いします。

サバゲと護身術の講習なのですから、ワシとしては受け入ることにモンダイなど感じませんが、田村学校の校則ではどうなっているのかを聞きたいと想います。ただし護身術では習ったことを他人に教えられると犯罪に使われて困りますので秘密は守っていただきますがね。

どうなのタムヤン?
返信くだされね(^^)/



お疲れ様です。お久しぶりに コメントに御返事を頂きまして 大変嬉しく思っております。 ありがとうございます。 ここで1つ御質問なんですが その前に、自身につきまして 公開させていただきます。 実は、私も公務員をやらせて いただいております。職種は 救急救命士であります。しかし 田村さんの訓練には警察、海保 自衛隊とありまして私の職種は 記入がないので受講はNGなのか と思いまして…たしかに私の職種は 警察、海保、自衛隊の方々とは 違い闘う可能性は低いのが現実です が時折、身の危険を感じる場合も あるのが現実です。 …私のような者は10/3~4の 訓練内容で十分でしょうか!? いずれにしても、休みの調整を取り まして是非とも参加と考えております 私のできることであれば救急的なこと になりますが御協力できれば幸いです。 何か身体が軽く感じられ、内からヤル気 がみなぎって参りまして、すべてのこと に対し喜びにみちあふれています! ジャパンにいきますよぉ~んを見てから 間近にて教えをいただけるチャンス! それらを考えますと上記のように ウキウキしてまいります! それでは、失礼いたします。
赤備

公務員さんの訓練とウタウからには、市役所のタライマワシの専門家さんが来ようが、年金発給の係さんが来ようがワシとしては、そのヤル気だけでオーケイ僕場ですよ(^^) ちなみにアメリカのSWATには必ずメディックが混ざっており、とても重要な役目を果たしています。作戦の途中で隊員が撃たれたら、ティームの各隊員は一糸乱れぬ動きをもって犯人の攻撃を封鎖しながら負傷者をメディックに渡すわけで、赤備さんが参加されたらより現実味をおびた訓練になるので有り難いです(^-^)

念のために、この件についてもタムヤンの返事をまちませう。




  


Posted by 市 at 01:05Comments(12)訓練