最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2015年06月05日

天下一品 ブラーゾのバレル!!

市 (2015年06月05日 14:23) │Comments(6)てっぽ


松浪君、
なにを隠そう、これはまさにブブブのブラァゾにござるよ(^。^)
ほしかったでござるぅ〜♪







なにがスゴイかって?・・・

コンペンセイターとバレルが一体なんですよっ!!

ね〜(^-^)すごいでしょー?(^。^)

あのね、じつはね・・・
わがキャリフォニアではバレルの先にネジを切ってあると違反なんですよ。サイレンサー付けて悪いことすんだろテメー(-_^:)みたいな法律があるのですよ(^_^;・・・なのでコンペンセイターを着けているレイスガンはホボぜんぶ違反と・・・(>_<)
でもまあ、ポリスもどこも取り締まりはしていませんが、別件逮捕したくなったらヤラレル可能性も・・・(^_^;)

ところが、この武裸蔵さんちで作っているバレルなら桶桶のオッケー!!(^^)/

コンぺってヤツはですね、撃っていると定期的にゆるむのですよ。かなり強力なロックタイトを使ってもヤッパシいつかゆるむのです。
こいつはゆるまない・・・ハズです(^^)

ま、そういうことは別としても、ブラーゾには魅力があるんです。
ワシ、こーゆーのって好きなんですのヘルナンデス(^o^)
でも50ydテストの結果を観ないと本当に良いかどうかは判りませんけど・・・
観たかぎりでは素晴らしいですよん♪

さあーて、ここでナゾナゾでしゅよ〜(^-^)
ライフルにもフラッシュハイダーとバレルが一体のやつがあります・・・
それはどれでせうぅ〜(?_?)???


マルパソや、こりがオニダンだぞえ^_^; タカイ・・・

  


Posted by 市 at 14:23Comments(6)てっぽ

2015年06月05日

Day 3

市 (2015年06月05日 00:58) │Comments(3)訓練


12:08 pm

ムーヴァーは走った・・・


17ダウンでした。

セヴンティーン ダウンで想い出すのは往年のチャンピオンだったブライアン イーノス・・・
まるで、オイルをたっぷりと含んだ機械のように正確に撃ち続けられる男・・・不敗のシューターだと皆が感じていました。

それがあるときのビアンキカップで-17点だったのです。

“いったいどうしたの?・・・”
と、ワシは聞きました。

“わからない・・・アイドンノーなんだよイーチ・・・自分でもわからないんだ・・・”
これがブライアンの言葉でした。

そして、彼はもうビアンキカップを撃つことを止めてしまいました。

“もう燃え尽きた・・・”
と、あとで言っていました。

一流選手が5点ゾーンを撃ち始める・・・
この症状はワシにも起こり、以来えんえんと続いているのです。

なぜ、そうなったのか・・・?
どうすれば、この、あまりにも長いスランプから脱出できるのか・・・。

それをワシは真剣に探っているのです。

心が平安となり、幸せの度合いが高くなるにつれてワシは執念が薄れていった、という気もしています。

名を挙げたい、自分を社会に認めさせたい・・・そういうハングリー精神がなくなっている自分があります。

気持ちが満たされ、幸福になった今・・・
ワシは新たな気分でムーヴァーに立ち向かっています。

執念でもなく、仇打ちでもなく、勝ちだ負けだという低次元の勝負心もなくなった今、ワシが目指すのは感情の無いロボットのようになってムーヴァーを撃ち続ける・・・そういう無の世界にわけいってみたいのです。

両手を挙げる・・ターゲットが走る・・それを追って撃ち続ける・・・この単調な動きの中に無限のようなドラマを感じます。でもいまやりたいことは、まったくの無感情で撃つということ。

そういう挑戦がなんになる?・・・
なんにもなりません。
時間とカネのムダだね。
はい、まったくです。
建設的ではないね・・・。
はい、浪費乱費そのものです。

みなさん、いったいワシはどうしてブライアンのように止めてしまわないのでしょうか?・・・

ただ言えることは・・ここでムーヴァーを止めたら、糸の切れたタコのようにワシはフワフワ〜と風に揺られながら地に向かって落ちてゆく・・・ムーヴァー挑戦をやっているかぎり糸はピンと張り、ワシは全身で風を受けながらシャンとして空中に留まっていられるということ、なのです。




  


Posted by 市 at 00:58Comments(3)訓練