最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2015年05月17日

わたすぃーのかろーら♪

市 (2015年05月17日 21:03) │Comments(4)語りのプラザ


ウチからサンフランまで4時間でしょー?
そっからヒコーキで3.5時間でしょー?
キャンザスからクルマで2.5時間でしょー?

なんと10時間超の旅なんですよね〜(>_<)

遠いからイキタクナァイー(×_×)とダダをこねる者は、近くても行かない軟弱者であるぞ(-_^:)きっ!!

と自分を叱咤しないとできないのがビアンキカップなのですよね(^o^)

レンタカーはカローラです♪
しかしこのフロントグリルは今どきの人にはウケルのでしょうかね〜??
ワシのような時代遅れ老人には下品にみえてね〜

でもまあ、クルマとしては良いものなので安心して乗らせていただきま〜す♪



ドライヴ中にはお茶か珈琲がほしい・・・でも、いずれもマズイのしかゲットできないので、トモカズで買ったこのウーロンを楽しもうと♪


で、今年は鹿も飛び出してこなくてコロムビアに到着。さっそく食料品の買い出しです。このタナをみてくださいよ♪醬油などがじょじょにアメリカ社会に広がっていますね〜∈^0^∋
市  


Posted by 市 at 21:03Comments(4)語りのプラザ

2015年05月17日

来年の武器

市 (2015年05月17日 12:54) │Comments(8)てっぽ


真実、ああ、この過酷なるもの・・・



 キャンザスシティーに向かう飛行体の中でスタンダールの赤と黒を読んでいたイチナールは、ふと空腹をおぼえた。待望の弁当を開くときだった。けして盗まれることのないように大切に足下に保管してあったデラックス弁当を取り出しおもむろに開き、それをためつすがめつ愛でるように眺めた。まずは注文したとおりに主食が玄米であることを確認し感慨にふける。アメリカではいたるところで玄米にお目にかかれるわけで、これは元気老人のイチナールを喜ばせる一因ともいえた。けして食通でもグルメでもないイチナールだったが、旅に出るときは とくに深刻に考えるような事案もなく、心理的には退屈というような状態だったので毎食の食べ物には、おのずから興味を感じるものである。
 楽しい食事が終わると、飛行機が着陸するまでは もうなにもやることがなかった。昼間から飲んだジン&トニックが頭にまわってスタンダールを読むほどの集中力は失せていた。
 しかたがないのでウスぼけた脳でムーヴァーのことを考えていた。ムーヴァーとはムーヴィング ターゲットのことで、ムーヴァーとはニックネイムのようなものだ。またの呼び名をランニングターゲットともいう。日本語で書けば移動標的ということになる。
 世界には、様々な拳銃射撃の競技があるが、大口径部門でムーヴァーを連続48発、しかも10から25ヤードまでのステイジで撃たせるという競技はビアンキカップをおいて他に類をみない。
 ビアンキカップとは、ホルスタ製作で成功したジョン ビアンキが世界の拳銃射手を一堂に集めて競わせたいと思いついたところから始まった競技で、現代において最も正統な拳銃の試合だと考えられている。じっさい、その競技内容の困難さがゆえに名だたるシューターでさえ怖れをなし、自分はビアンキカップが嫌いだなどと、ほざくような者がいるほどである。そのようなシューターにビアンキカップに出場して撃ったことがあるのかと問えば、答えはノーであり、出場したこともないのにビアンキカップが嫌いだと言う本人は陰では笑いものになっているというのが現状なのである。
 様々な試合に出たという経験のあるイチナールにとってもビアンキカップだけは難敵そのものであった。射撃のコースは4種あり、バリケイドもプレイトもプラクティコォもイチナールはクリーンしたことがあり親近感をもっていたが、とりわけムーヴァーに関しては30年間以上も挑戦しているというのに、一度たりとも満足できる成績を出したことはなかった。もともと拳銃射撃というものは難しいものではあるわけなのに、その上にターゲットが走るというのであるから難度は数倍となる。
 40歳になってから出場したビアンキカップでマルパソの試算では今年で32回目になるそうであるが、マルパソ本人の確認はまだとれてはいない。これについては近々に公式発表がある筈であるというのが巷のもっぱらの評判となっている。
 イチナールは、アメリカ空軍の爆撃が原因となって、物心が付いた頃から貧しい育ちかたをしていたが、それが発条となって頑張りのきく人格が形成されていた。よく考え、よく働き、潤沢な生活も手に入れていた。射撃は金のかかる道楽ではあったが、自分で稼いだ金でたたきあげてきたので、そこらの親のスネをかじって無駄金を注ぎ込んでいる若造たちとは一線を画していた。そういうイチナールも仕事からほとんど隠居でき、いよいよビアンキカップに本腰を入れられるという環境を手にしている。
 いわば今年は隠居射撃元年といえるような年であった。そんなビアンキカップに向かう飛行体の中でイチナールは考えていた。他でもない、来年への作戦計画である。


 射撃練習のための時間と射撃場は確保できそうである。だが問題は他にもある。それは次回の試合に使う拳銃はどうするかということだった。いま使っている銃は二挺あるが、二万発という練習量を考えると来年のためには新しくあつらえた銃が必要だろうと想定していた。それには2011なのか1911なのかと熟考した結果、やはり1911にしようと決めた。そのための候補としてマックが早撃ち競技で獲得してプレゼントしてくれたSTI製のフレイムとスライドが銃庫のなかに温存されていた。それをイチナールはビアンキカップ会場に持ち込むことにしていた。その奈院天威令文はパーツが一切インストールされていなかったので撃てるという状態にはほど遠かった。だが、まずは極上のムーヴァーマウントを吟味して装着しようという目論見があった。その計画を達成するためにはウォーレンに会って談判をする必要があった。この男、一流の機械工でありディザイナーでもあった。しかし彼の新しいムーヴァーマウントには欠陥らしいものがあるとイチナールは考えていた。ここでウォーレンと酒でも酌み交わしながら満足できるマウントを造るよう促すくらいのことをしなければならなかった。
 そうこうするうちに飛行体はキャンザスに向かって降り始めた。つづきはやがて書くとしよう。

 酔って書いているので誤字脱字はゆるされよ。
 by イチタンダール

主婦の小雪さん、こんな読み物でも面白いかい?(^^)
 
   


Posted by 市 at 12:54Comments(8)てっぽ

2015年05月17日

ゆったりの時・・・

市 (2015年05月17日 01:36) │Comments(4)語りのプラザ


サンフラン空港のコンピュータブース♪
ここでながながとブログを書いています。
ワイファイもワンクリックでつながり、つかいホーダイ♪
なんと居心地のよいことでしょう∈^0^∋

もちろん無料デス。

ヒコーキ代は値上がりしてはいますが、今回はマイリッジを使ってタダなんですヽ(^0^)ノ

ヒコーキに乗らないのにマイリッジがたまるのは、クレディットカードがユナイテッド エアラインのもので、買い物するたびにマイルがタマルという嬉しくてタマラナイ理由があるのですよ (*^_^*)

さて・・・そろそろまたトモカズにもどってデラックス弁当を買うことにします(^-^)これを機内で食べるのデスヨ♪むっひっひっひ(∩.∩)
市  


Posted by 市 at 01:36Comments(4)語りのプラザ

2015年05月17日

Tomokazu

市 (2015年05月17日 00:58) │Comments(2)語りのプラザ


5時に起きて、チェックインが終わったのは7:30・・・もうハラペコでね〜(^_^;

ユナイテッドの乗り場にはトモカズという日本料理(多分中国人がやっている)があって、これが美味いのとそれほどでもないのとの中間なのですが、我々のように飢えていると嬉しくいただくのです。大きな声では言えませんが、スシに鍋焼きうどんも追加シマシタ(^○^)
市  


Posted by 市 at 00:58Comments(2)語りのプラザ

2015年05月17日

無事通過

市 (2015年05月17日 00:50) │Comments(45)語りのプラザ


ワタスィはピストルをもっているのですがね・・・

あ!・・・はい・・・モシモシ、ファイヤーアームズのお客さまですが・・・はい・・よろしく・・・

そしてセキュリティールームへ通される。
普段はケイスを開けて銃をチェックするのですが、今日は上に許可の赤紙を置いただけ(^-^)

するするーーと、無事に進んで、こんなクルマなら星いかも・・・
なんて眺めています。カエルワケナイ(^o^)
市  


Posted by 市 at 00:50Comments(45)語りのプラザ

2015年05月17日

きちん宿

市 (2015年05月17日 00:43) │Comments(1)語りのプラザ


はい、これがくだんの木賃宿でぇ〜す♪

70年代のディザインでしょうか・・・この古くささと、すえた匂いが懐かしいのデス∈^0^∋
市  


Posted by 市 at 00:43Comments(1)語りのプラザ