最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2015年05月09日

二天ダウン

市 (2015年05月09日 20:23) │Comments(2)訓練


あの重かったナウリンですが、ドライヴしていると、まるでトラックから乗用車に乗り換えたみたいで(^^)
すっごく軽快なんですよん♪

ドロウもシャープになり、ターゲット追従時のユラユラブレが激減しました。

リロン的には、体重10トンくらいの人が500kgほどの重い銃を撃てばムーヴァーのクリーンはたやすいことなのですが、65キロしかないワシには1.6キロほどの銃が合っているようです(^_^)

で・・昨日は2点ダウン、つまり一発ハズしで・・・ターゲットをセンセに献上できるまであと一歩に・・・(*^_^*)

もっと練習してムーヴァー撃ちを会得したい、でも撃つと腕が痛む・・(>_<)
もう痛みのギリギリのところで撃っているんですよ。

今朝は3時に目が覚めましたね〜(^-^)
コーフンしているわけなんです(^◇^)

でも、これでは身体にムリがくるので
いまからまた寝ますね。
(^^)/ 市
  


Posted by 市 at 20:23Comments(2)訓練

2015年05月09日

まだボケてはいないです

市 (2015年05月09日 19:38) │Comments(5)訓練
何年か前に自衛隊でイチローさんが訓練された時は、 自衛官からの質問の受け答えがおかしくて、 「あの爺さんボケてんじゃねぇの?」と言われていましたので、 すでに認知症の初期なのかもしれないですよ。 検査を受けることをお勧めします。
とおりすがり



ええ、じつは自衛隊では途方にくれるような質問を受けることがあるのですよ(^_^;

たとえば、
“M24にはサイレンサーを付けられるのでしょか?”
という質問があり、ワシは絶句して、まさに言葉を失いましてね・・・
“できるにはできますが・・・フロントサイトの台を切り落としてネジを切ってアダプターを装着して・・・”
などなどと説明してもよく理解できないようで、こういう武器音痴な人が銃の開発に携わっている
なんて いったいどういうことかと驚愕し、話す元気もなくなったワシはボケに見えたのかもしれません。

ところで、これは、ニック射場で開いた警察のインストラクター訓練なのですが、
ドアエントリーに関する高度な訓練でして、彼らはとても真剣で、ワシも精一杯の教えを
投入しましたよ。(赤シャーツが市です)
で、こういう訓練を指揮している自分を観察するに、認知症の症候などまったく見当たらないので
大丈夫ですよ。ですから とおりすがりさんも安心していてださいな (^○^)

とおりすがりさんも、他人の言うことにすぐ尻馬にのって烏合の衆となって
愚かな発言などしないよう成長してくださいね(^^)
市  


Posted by 市 at 19:38Comments(5)訓練

2015年05月09日

発展ダウン

市 (2015年05月09日 13:33) │Comments(3)訓練


八点ダウン♪

なんで「♪」かといいますとですね・・
ビアンキカップで八位になったときは
たしかムーヴァーで8点ダウンだった、とおもいます。

ただし、あの頃はムーヴァーの練習ではアタリマエのようにクリーンしていました(^◇^;)

このままですと本番では20点くらいは落とすかと(^0^;)

でも、不調が定着していたワシにとって、これは一筋の光明といえる発展ダウンなのですよ(^^)
市  


Posted by 市 at 13:33Comments(3)訓練

2015年05月09日

生きてさえいればプラス。

市 (2015年05月09日 13:20) │Comments(11)語りのプラザ
私のミスで迷信ボタンを押してしまったらしく、先の投稿が送信出来ていないようですので再送信させて頂きます。以前のものが届いておりましたらお手数ですが削除してくださいませ。 dnagと申します。 恥の多い生涯を送っております。 4年前、市郎さんの対包丁訓練を学校現場に取り入れられないか、またこちらのブログで知り合った長崎のKenさんの子ども防犯活動を当時自分の勤めていた学校で実践できないか、と動いていた者です。 3年前、丁度Kenさんを学校にお呼びしようとしていた時期に大きな自損事故を起こし、入院。市郎さんのブログから姿を消し、Kenさんにはお詫びのメール1通送っただけで音信不通になってしまいました。あの時期のこと、本当にすみませんでした。本当に余裕が無くて。 入院は長期に及び、先ず職を失いました。次いで精神をやられました。身体は治ったのですが、罪悪感、仕事が無い焦り、虚無感、流れた結婚などが複合され、鬱を発症しました。自死希求が出てきたのもこの頃です。外科病棟から精神科閉鎖病棟に移りました。症状は3年経った今も続いていて、一晩で大量のクスリ、ジプレキサやフルニトラゼパム、リスパダール、ブロチゾラムなどを飲まないと眠る事も出来ません。永田洋子じゃないですが、辛うじて「私、生きてます」の状態が続きました。 最近になって解放病棟に移りiPadが使えるようになった為こうして眠れぬ夜に投稿しています。(昨年1度だけ2ちゃんねる関係で投稿させていただいた時は実家に一次帰宅していた時に自宅PCからでした) メンヘラ人間さん、上記のように私も重度のメンヘラです。 さてどうやって生きていきましょうか。 私のお勧めは1度入院する事です。とにかく自死希求を取り除くのが先決なのと、入院中は病院が自殺から守ってくれます。精神科に入院すると、社会生活の殆ど全てを失う事になります。私も仕事、結婚、公職への再就職の道、貯蓄、全てを失いましたが、その代わりお陰様でまだ生きています。 因みに仕事も結婚も生きてさえいれば幾つになっても努力して得られる事は市郎さんがいいお手本となります。とにかく病院に入って徹底的に自死希求に打ち勝つ事です。鬱は一生モノなのでクスリは一生涯飲み続けなければならず、何を以って勝ちとするのか分かりにくいですが、自殺せず生き続けているだけで連勝しているといえます。 高額医療費制度などを利用させて貰い、自死希求を追い出すための入院をすることが「メンヘラ人間はどのように生きていくのがふさわしいか」の一つ目の解になるのではないかと思います。 仮に「入院するほどじゃあないよ」と考えられるようでしたら、安易に自殺をほのめかす様な書き込みはしないことです。
dnag



生きているかぎりはプラスであり、
死んだ時がゼロだと想います。
人の世にマイナスなんてないと
想っています。

そして、生きているかぎりは
やり直しができます。

時間は前に向かって進むもので
後ろにはもどりません。
まっすぐ前を向くのが不屈の精神というもの。

dnag さんもメン○ラさんも、
打ちのめされた今こそ踏ん張って
ワシが自決するのを見届けるまでは
生きていてもらいたいですよ。

ワシの自決の時ですか?
それは不治の病にかかって家族に迷惑をかける、と自分で判断した時。
それと、
認知症の初期症状が出た、と自分で判断したときもそうです。


  


Posted by 市 at 13:20Comments(11)語りのプラザ