最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2014年08月28日

この精度っ!!!

市 (2014年08月28日 23:46) │Comments(12)てっぽ


昨夜は疲労の極限で、このまま眠りについ
て朝方には死ぬのではないかと想うくらい
にコンパイしていました(^_^;

ここんとこプロジェクトを四つも抱えて
おり、ジタバタなんです。

で・・!!
この5発のグルーピングを見てください。

見てください、見てください、
見てください、見てくださいっ!!!
(マルパソ風に(^^)

“ほほうビアンキガンのテストですな♪”

センセ、ちゃうんですよ(^_^;

テチヤっ、ちがうのっ(`ヘ´)

昨日、初めてSAOの命中精度を
テストしたのです。
これまでは1000発超のクリーニング
なしの射撃で故障ゼロ。ジャム無し!!

そして50ヤードにおける精度がこれ
なのです・・・・・・
(*_*)(O_O)(゜◇゜)ガーン!!

このトシヨリがSAOを自分の手で
握り、机の上に委託しての射撃で
この性能なんです!!!!!

(?_?)エ? 仲間5人がこれを見て絶句!!

ワシだってピストルの性能について
詳しくないとはいえないわけですが、
この結果にはヒッタマガリました(@_@;)

ヒッタマガルの意味は、
「ヒッ」は「オッ」
「タマガル」は「たまげる」
たまげる→魂が消える、つまり
「オッタマゲル」(の薩摩弁)

ま、じつは驚きながらも
サモアリナンという気持ちもあるの
ですよ・・・その根拠は、もともとSAOの
原型はスイスで設計され、元となった
のは、あのSIG P210なのですからね。

P210というのは、ワシの知るかぎり
では世界のミリタリー拳銃の中で唯一
50ヤードで2インチの性能を出せる
ピストルなのですからね。

よく当たる拳銃といえば1911系の
カスタムガンなわけですが、これらは
30万円とか50万円もします、が、SAO
は10万円で買えるんです♪♪

もうワシはこれでSAOをすっかり
好きで好きで好きでタマラナクなって
しまいましたよ\(^O^)/

もちろん、三つばかしの欠点らしき
ものはあります、でも、それらは
シューター自身の工夫でカヴァーできる
ものなので、この性能の前には
あばたもえくぼ (*^_^*) うっふっふ♪


  


Posted by 市 at 23:46Comments(12)てっぽ

2014年08月28日

吉田清治という人

市 (2014年08月28日 22:49) │Comments(0)語りのプラザ
ここで慰安婦問題の元祖らしい
吉田清治という人物についてウィキを
読んでみましょう。

ウィキの情報は正しいなんて
けっして想ってはいけませんが、
こういうことが書かれているが事実は
どうなんだろう?・・・という思考の
てがかりにはなるわけですからね。

http://ja.wikipedia.org/wiki/吉田清治_(文筆家)  


Posted by 市 at 22:49Comments(0)語りのプラザ

2014年08月28日

謝罪する必要はない

市 (2014年08月28日 00:00) │Comments(13)
http://sankei.jp.msn.com/life/news/140823/bks14082312050001-n1.htm


「謝罪する必要はない」と言い放った朝日新聞社長
2014.8.23 12:05 (1/2ページ)[花田紀凱の週刊誌ウォッチング]

「慰安婦問題どう伝えたか 読者の疑問に答えます」と題した8月5日付け朝日新聞紙面

 夏休みに合わせて朝日に「従軍慰安婦」大誤報訂正をぶつけられ(?)、夏休み明けの各誌、その間の切歯扼腕(やくわん)ぶりが伝わってくるような誌面だ。

 『週刊文春』(8月28日号)「朝日新聞よ、恥を知れ!『慰安婦誤報』木村伊量社長が謝罪を拒んだ夜」

 『週刊新潮』(8月28日秋風月増大号)「全国民をはずかしめた『朝日新聞』七つの大罪」

 『週刊現代』(8/30)「日本人を貶めた朝日新聞の大罪」

 『週刊ポスト』(8・29)「朝日新聞『慰安婦虚報』の『本当の罪』を暴く」

 『フラッシュ』(9・2)「エラいぞ、朝日新聞!(怒)『従軍慰安婦問題』誤報検証を検証する」

 内容は各誌、大同小異。

 唯一『文春』が加藤清隆氏(政治評論家)が最近、本人から聞いた話として木村社長の肉声を。ある勉強会で加藤氏が「朝日はちゃんと謝った方がいいんじゃないか」と言うと、木村社長、こう繰り返したという。

 「歴史的事実は変えられない。したがって謝罪する必要はない」

 歴史的事実を朝日がねじ曲げたのではなかったか。
  


Posted by 市 at 00:00Comments(13)