最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2014年07月08日

特性キビナゴ

市 (2014年07月08日 10:54) │Comments(3)語りのプラザ
おやっとサーです。
例のきびなごンできもしたが、いけんいたしましょうか??
ガナリー

わわっ(゜◇゜)ガーン!!
な、なんですか?
喜多長のお知り合いの方ですか?・・・
あいがとがんす!!

そんならゼシともヨシのところに
送っていただければ
支払いもヨシがやってくれますので
よろしくオニガイいたします<(_ _)>

たのむでヨッシー!!
市  


Posted by 市 at 10:54Comments(3)語りのプラザ

2014年07月08日

ストレイト スティールの結果

市 (2014年07月08日 10:48) │Comments(0)訓練
おはようございます!バットンです。あれやこれや本当にみなさまに感謝です! ちなみに、自分や石井さん、トモさん、矢田さん、そしてぶわかもの達など、実銃WCS/スチールチャレンジ、そしてエアガンJWCSを撃った方々のタイムを検討したところ、実銃WCSとエアガンJWCSは、タイムに10%ほどの差があると思います。 エアガンJWCSで70秒なら、実銃WCSを77秒 エアガンJWCSで90秒なら、実銃WCSを99秒 エアガンJWCSで110秒なら、実銃WCSを121秒 いままでのデータから類推すると、これぐらいの感覚ではないかと思われます。 イチローさんの言うタイムは実銃WCSのものですから、エアガンのうちらはこれを10%割り引いた感覚。初心者の場合、ストレートスチールを3.6秒以内で安定し撃てるように練習すればいいと思います。 ↓下記がJWCSCスコアライブアップデートの公開用URLで、開いたページが「ストレートスチール(SS)」のシートですからご参考までに (^_-)-☆ https://docs.google.com/spreadsheet/pub?key=0ApUTxcZUtsoFdDFOel9BUnM0Uy1kU1JxaTdwZXFvckE&output=html ※上部の「SS」、「GBU」、「WB」といったところを押すとそれぞれのステージのデータが見れます。

市より
はあ〜(^0^;)みなさん苦戦して
いるんだね〜♪
ワシだけじゃなくてウレピー(^◇^;)

それにしても さすがに
ゆいは上手いんだね〜(^-^)

まだ みんなコースに不慣れなので
これから記録は上がるだろうね♪

気張っち いこうぜいっ!!!
市  


Posted by 市 at 10:48Comments(0)訓練

2014年07月08日

JWCSの参加人数

市 (2014年07月08日 02:38) │Comments(1)語りのプラザ訓練
イチロー様 みなさま

こんちわっす! バットン・オーツカです。

みなさんのおかげで、『第1回 ICS cup JWCSチャンピオンシップ』を
無事に開催できました。本当にホントにありがとうございました!

7月4日 写真集
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.718070781593907.1073741836.674431632624489&type=1

7月5日 写真集
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.718566914877627.1073741838.674431632624489&type=1

7月6日 写真集
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.719181008149551.1073741839.674431632624489&type=1


書きたいこと、言いたいことは山ほどあるのですが、仕事が溜まりまくって
いますので、取り急ぎ、御礼だけ申し上げます。

市より
初回の参加人数は45人ほどだったと
聞いていますが、ワシは25人くらい
しか集まらないのではないかと
想っていましたよ(^^)

日本人は保守的というか、新しい挑戦に
たいしてナニカと理由をつけて尻込み
する傾向がありますからね〜(^-^)

やれ会場が遠いだとか、バットンの
ようなポッと出の新参者がやるのは
気にくわないだとか、イチローは
幸せすぎるから反感持つとか(^o^)

そういう独特の裏事情のハタラクのが
ジャパニーズの射撃世界ですしね(^_^)

でも、試合は参加人数が少ないほうが
ワシは好きですよ♪
だって静かな雰囲気でより楽しく
やれるので(^o^)
マリポサクラブではだいたい15人ほど
で、これを二組に別れて撃ち、
終わったらバーガー屋に集まる∈^0^∋

なんだか射撃を趣味として生きる自分
の幸福感が充分に味わえるのですよ♪

ところでアメリカのWCSには
スティル チャレンジの時よりも
多いほどの人数が集まり、試合進行が
タイヘンでした。
それにくらべてスティル チャレンジは
衰退の傾向にあり、今年はシューターの
多いユタで開催したにもかかわらず
集まりは少なかったようで・・・

WCSを始めたシューターたちに聞いて
みたところ、撃ちやすくなったとはいえ
WCSの攻略そのものには奥深いものが
あって、もはやスティル チャレンジは
いらなくなったという意見ばかりで・・・

本格派のシューターが撃つのは
スティル チャレンジで、
アマチュアが集まるのがWCSという
図が初年度の傾向と見受けられます。

でも、このままいくと
スティル チャレンジにはスポンサーが
集まらなくなくなって賞金も賞品も
出せなくなってしぼんでしまう恐れも
あり、そうならないといいな、
と心配する声が多いのですよね。

毛色の変わったマッチって多いほど
選択肢が増えて楽しいわけですしね。

で、JWCSが初めての試合だったと
いう人たちには、敷居の高いと想って
いた「競技」というものが、こんなに
興奮度が高くて面白くて驚いた、、
という印象があったと想うのですよ(^-^)

自分の出してタイムのフガイナサに
驚愕のガクガクだった人もいるかと
想うのですよ(^o^)
でも、実は上の連中もみんなそうなの
です。上手い連中も全力を振り絞って
チャレンジし、どのシューターも納得
いかないスコアなんです(^-^)

自分の持てるチカラをいかんなく発揮
できたシューターなんていないのです。

でも、ここが競技の醍醐味なんです(^^)
醍醐味とはダイゴミと読み、
「物事の真のおもしろさ」のことです。

自分との闘い・・・これが試合なのです。

とうぜんながら長く撃っている者の
ほうが上手く、オカネとヒマのある
人間がツオイです(^_^;
オカネとヒマを作れること自体から
して「人生の試合」みたいなもので(^^)

しかし「試合とは自分を試す場」なので
他人との競争よりも、自分の過去の成績
を上回ることを目指すべきなんです(^-^)

たかが射撃の競争で
「あいつよりも0.3秒早く撃てる(^ニ^」
なんて喜んでいるうちは人間として
未成熟でね〜(^○^)
そのスキル自体にはなんも意味もないのに
威張るというのは愚か者の考えなんです
よね〜(^◇^)

他人と比べて一喜一憂している自分を観たら
厳しく戒めるようなシューターになって
いただきたいですよ(^_^)

これまでの自分を超えられるか!!!

これがチャレンジのしどころです。

ですから、初回で何百秒だったろうと
次でそれを縮めるための挑戦をすれば
よいのです。
初めほど成績はグイグイと上がるもの
ですから、それはそれはヤリガイが
ありますよ。

(*^_^*)夢中な人間は素敵だ!!

と、いうことで、けして負けた
気持ちなどもたず、
やったるぞぉ〜ヽ(^0^)ノ
と気張ってください。

まずは、攻略する相手を定めましょう。
たとえばストレイトスティールです。
ちょっとイヤなやつです(^○^)
これを4秒以内でやっつける練習を
しましょう。そして練習試合で出せる
かどうか試してみましょう。
独りで撃つのと、改まった場所で
自分を試すことの違いの大きさに
ショックを受けるハズです(*^^)

うまく4秒を4回切れたら
自分を祝い、他のシューターをも
祝ってあげましょう。
これができたら君は人間として立派な
シューターなんです(^_^)(^。^)

ちなみにワシは、暖気運転ができた
状態ならストレイトスティールを
2.8秒で撃てるのですが、試合では
3秒を超えてしまうんです。

身体がコールドな状態で
いきなり試合の場で撃つのって
ものすごく難しいのですよね(^_^;)

次の日曜日は月例試合があります。
ここでこそストレイトスティールを
3秒斬りでそろえて、
少なくとも12秒以下を出してやろう
と・・・今日は仕事の合間にドロウの
練習をしようとカクサクしているの
ですよ(^○^)

毎日200回はやらないとね〜(^_^;
しばらくサボっていましたよ(>_<)
これってタイヘンですよね(^0^;)

でもワシはウキウキしながら
やるんです♪(^^)♪
だって、こんな楽しい事って他に
あんましないのですよね〜!(^^)!

あっ、フォトショップを始めなきゃ(*_*)
ようやく戻り、これから5日間ほどは
内勤なんです(∩.∩)

ですから45分仕事、15分ドライファイヤ
というスケデュールでいきます(^-^)

できたら試合前に3回は実弾射撃も
やりたいと時間の盗み方を算段して
います。

趣味って、忙しい中でやりくりする
ほど 喜びも大きい、、という気がする
のですよね〜(^o^)(^○^)






  


Posted by 市 at 02:38Comments(1)語りのプラザ訓練