最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2014年06月07日

This is a pen. なり

市 (2014年06月07日 23:48) │Comments(5)クナイ


その理屈で言ったら、バナナを凍らせて持ち歩いていてもダメですよね?」って警察官に質問したら面白そう。
じゃさん

凍ったバナナを見せて「これは私の護身用です」といったら没収かも、、でも署に着いたころには解けてしまいますね(^o^)
ようするにたいていのモノは護身用に使えるわけで、護身用と言わなければいいのです。


イチローさん、ありがとうございました。十分気を付けます。私は普段からクナイとマネクリを持ち歩いているもんで。警告というか注意喚起サンキューです。
ハラハラショー

いまところ職質されたことはありませんか?
これまでは警察官もクナイにはモンクを付けられなかったのですが、上からの命令でなんとか自白させて没収せよと言われているのではないかと想います。

クナイの携行は軽犯罪法に違反するのかといえば、ただのペンなので違反ではありません。
ただし自分から「これは護身用です」というと、その時点で武器だと解釈されて連行されたり没収されるわけです。

ビー玉を靴下の中に入れておき、それは何かと聞かれたら「これは護身用の鈍器で威力あるんです」と言ったら武器となり、「これはただのコレクションです」といえば罪には問えないといったものです。

護身用だと言わなければ武器ではなく、
護身用だといえば石でも武器にされてしまうことを覚えておいてください。

もちろん、他のペンも「護身用です」と言ったら没収されますよ。

ただ、クナイは他のペンよりも丈夫にできているので、プラのペンよりは護身用として適しています。
しかしプラのペンで人を殺すことはもちろん可能です。鉛筆でも箸でも武器となります。ゲンコツそのものだって立派な武器となるんです。

クナイは武器認定されない護身の道具なわけですが、これからは
「護身用です」と持ち主が言ってしまうと没収される方向に向かうようです。

“護身用です”
と認めてしまうと警察の勝ちとなり
“護身用なんかではなくて筆記用具です”
と突っぱねられたら君の勝ちです。

警察官もふつうの人間ですから
「馬鹿なことをいいなさんなっ!!」
と強くいえば手強いと見てアキラメますが
オロオロしたり弱気を見せると
なんとか自白させようとシツコクなるので
そこらは気合いと駆け引きです。

警察官には自分の手柄がかかっていますから、かなり執拗に自白を要求するかと・・・。
ですから、君の頑を張ってください(^-^)


こんにちは、一言述べさせてていただきます。警察官が110通報から現着するまでは、7~10数分は要すると思われます。この「空白の時間」に何もせずにただやられるがままなど私にはできません!人が倒れて心肺停止になった場合は救急車が到着するまでの「空白の時間」にはCPR等がなされます。このように助けを呼んでもどうしても、自分達で何かをしなければなりません。助けを待っているだけでは遅いのですよね!そのようなことはわかっているクセに善良な市民が護身に使えるようなものを持てば取り締まるなど…理解できませんね 中には理解がある方もいるとは思われますが…。 「これはペンです。」荒井注でないけど 「ディス イズ ア ペン」と言ってやろうかと考えます。日本は、だいぶ物騒になってしまっているのに!どうして、どうして 頭の硬い連中は目を覚ましてくれないのでしょうか!?日本は今、外も危ない中も危ないのに「覚醒」してくれるように「拡声器」で叫ばなければなりませんかね!
赤備!

いや、まったくですよ・・・
アメリカではクナイを警察官が愛用し、警察官の妻や娘も愛用し、医師や弁護士などの知的階級でも使われており、最もセキュリティーの厳しい航空機への持ち込みさえも許されているわけですからね〜(^-^)

自分の身は自身で護れ!!
といアメリカ、
自分の身などは守るなっ!!
という日本(@_@;)

じゃ暴漢に刺される前に警察が来るかと
いえば、それはほぼ不可能で(;O;)

結局は泣き寝入りすることになり。

尖閣に上陸されたら自力で奪回できるかといえば、護身の国のアメリカに泣きつくしかない日本。

よく、サムライ魂のハナシが出ますが、
サムライという人種は腰に刀を差して
闊歩していたわけですよね・・・。

いずこまで続くぬかるみぞ(v_v)




  


Posted by 市 at 23:48Comments(5)クナイ

2014年06月07日

クナイペンはタクティカルペンではない!!

市 (2014年06月07日 15:45) │Comments(13)クナイ


警察官によるクナイ狩りがあるという
ようなウワサがあります。

クナイを没収された上に軽犯罪者に
されないように気をつけてください。

官憲に弱い人はクナイを持ち歩かない
ほうが無難です。

職質でクナイを見つけた警察官は

「これはなんですか?」
と、聞いてきます。

ここで「護身用です」と言ったら
一巻の終わりです。

日本では、どんなモノでも
護身用と言ってしまうと武器の
不法所持みたいに受け取られます。
ですから・・

「はい、ペンですが・・?」

と応えてください。
その時に警察官の名前を記憶するか
紙に書くかしておいてください。
その様子をここに投稿して戴きたいです。

「他にも使用目的があるんでしょ?」
といった誘導尋問が始まりますから、

「これはキレイだから持っています
それだけです」
ときっぱりと言ってください。

「護身用とかに使えませんか?」
ときたら、

「はああ??・・・」
と呆れてください。
クナイはただのペンです。
シロートさんが護身用に使えるわけも
ありません。

「タクティカルペンではないですか?」
と聞かれたら、
「タクテイカルペンとは中に刃物や
銃弾がしこまれているペンのことですよ」
と教えてあげてください。

相手はなんとかクナイが護身目的だと
言わせようと自白を迫ります。
しかし、それを言ったら没収された
うえに署に連行され始末書を書かされる
可能性があります。

それはクナイでも他のペンでも
同じです。
護身用だと言うだけで武器だと認定
されてしまいます。

できたら以下のことを覚えてください。

軽犯罪法第四条
「この法律の適用にあたつては、国民の権利を不当に侵害しないように留意し、その本来の目的を逸脱して他の目的のためにこれを濫用するようなことがあつてはならない。」と規定されている。

つまりペンくらいでイチャモンつけて
国民の権利を侵害してはいけないと
いう法律があるわけです。

ですから、
「私には筆記用具を持つ権利は
ないのですか?」
と、くいさがりましょう。

「オレの権利」という言葉はふんだんに
使ってください。

彼らには、街の平和を守るという
意識よりも、クナイを持った人間に
護身用だと自白させて署に連れ帰って
上司にほめられることのほうが大切
なわけですから、けっして自白など
せず、できたら弁護士事務所の電話
を控えておいて、その場で電話をして
事情を説明するのもよいかと。

「これ以上のハナシは私の弁護士とやってくれたまえ」
と言って黙る権利がアメリカにはありますが、日本ではどうなのでしょう?

「他人の身体に害を加えるのに使用されるような器具」
と相手は持って行きたいわけですが、
「人を殺傷する器具としての外観がなく、社会通念上直ちに他人に危機感を抱かせ得ない場合には、凶器にあたらない」
という凡例があるそうです。

昔は、特別高等警察という組織があって
「おいこら!!」と罪なき国民を呼び止めて
なんらかの理由をつけて連行し、自白させる
ために拷問をやったそうです。
なんだか、そういうかんじの「クナイ狩り」のようでイヤですね〜(>_<)

とにかく、

「護身用だろう?」
「違いますよ、書くためのペンです」
「でも闘いに使えるだろう?」
「それ、冗談ですか?」
「でもさ、いざとなったとき使うんでしょ?」
「いえ、そうなったら警察を呼びます」
「でも咄嗟のときに使えるでしょ?」
「それって小説とか雑誌の物語ですよ」

さらに、

「ところで、おまわりさん、
軽犯罪法第4条を知っていますか?
あなたは今、職権乱用していますよ」
この言葉には威力があります。

「ペンが武器だって??
馬鹿言っちゃいけないよ、
台所にある庖丁だったら幾人もの
人を殺すにゃ最適だがね」

で、クナイを護身用だと公言を
はばからない人はもちろん
「護身用」だと正直に言い、警察官に
連行されるのも一興かと。

しかし、警察官諸君、いくら上司の
命令とはいえ、どうみても悪者には
見えない一国民のペンを武器だと
言い出すなんて・・まじめに言えますか?


  


Posted by 市 at 15:45Comments(13)クナイ

2014年06月07日

皆勤賞ゲット!!

市 (2014年06月07日 13:10) │Comments(7)語りのプラザ


うむむ、盛大に出遅れました(汗) うちの長男次男も小、中、高校と皆勤賞でしたが、特に賞品はなかったような・・・ ちなみに、次男はちょっとだけ鉄砲に興味を持ってくれているので、徐々に射撃の楽しみを教えつつあるところです。
出二夢カズヤ

こんにちは、バットンです! 横レスすみません、日本の小学校で皆勤賞に賞品をだしたりしたら、ましてや自転車とか高額のモノだったりしたら、良識ある方々から「モノで釣るなんてなにごとだ!」って非難ゴーゴーで、テレビニュースになるぐらいの問題になるでしょうねw でも、親になったいまなら分かります。子供にとって「努力してそこに到達すれば結果がある」ということな大切であり、子供にとってその結果が憧れのモノであれば、その努力に対する姿勢はとても真摯なものとなり、一生懸命になる。その努力する姿勢が素晴らしいし、その努力から学ぶことが教育であると。 その結果が、自転車というのが実に合理的というかアメリカらしいというかw その自転車に乗るたびに、「僕は、がんばったから、これに乗れているんだ!」って自分を誇らしく思えるだろうし、まわりもその努力を称賛すべきですよね。 …大人になったら、努力の結果として求めるものは、賞品よりもっと即物的な『お金』になったり、もっと抽象的に『トロフィー』だったり、あるいは、なにもモノはなくても自分にとっての『栄誉』だったりするけど、別にそれがなんであれ、大人が努力して結果を求めることを誰も文句言わないですし、子供も結果を求め努力することはとてもいいことだと思います (^_-)-☆
バットン

イチローさん。こんにちは。 日本の小学校では 「雨の日も風の日もジリジリと太陽照りつける暑い日も元気良く毎日登校出来たでショウ」 なんて、B5版サイズの賞状がもらえます。 m(._.)m 賞品はなしです。 (T ^ T) 駄武ー

アメリカの学校は、そこの校長先生の
考えで運営されるので、皆勤賞の褒美
も賞状一枚だったり、このように盛大
に賞品をだしてくれたりと多様のよう
ですよ。
ケンシロの場合は、自転車をもらえる
と聞いた時点からマインドセットを
利かして頑張っていました。
(自転車は2台も持っているクセに(^_^;)

かなり熱が出たり、咳が出ていても
出かけて行きました。
咳の出る生徒を学校に行かすと他が
迷惑がるのかと想ったら、どうせそれは
学校で移された風邪なのでかまわない
みたいなところがあるようです。

昨日なんかアトピーのせいか、ケンシの
胃は食べ物を受け付けず、2度も
吐いていたのですが、朝になると
飛んで行きました。

ちなみにワシは、なにかにチャレンジ
することは父としてとても嬉しいが
ムリはするなと言っています。



ケンシロー!!
と、表彰会で校長先生が呼びました。
校長は、子供達を有名大学にやるよりは
その子の個性に合った方向に進ませ
たいと、まったくワシと同じ考え方を
もった女性なのでラッキーです。

一番背の低いケンシはすっくと立って
嬉しそうに壇上に登りました。

自転車を狙って頑張っていた子の数は
多かったようで、高熱を出して1日だけ
休んでしまった子も数人はいるらしい
んです。

と、見てきたように語っていますが
ビデオを見てそう書いているだけで
じつはワシはピストルの練習をして
いたのです(^_^;)

子供が問題を起こした時だけ出ていけば
それでよいだろうと想っているんです。

誇らしげに賞品をワシに見せた
ケンシローは、さっさと家に入り
早起きして組み立てた褒美のレゴ自動車で
遊びまくり、自転車などはどうでもよい
みたいです。

というわけで、
本日は とても嬉しい日でした(^-^)

それにしてもカズヤの子たちは凄い!!

  


Posted by 市 at 13:10Comments(7)語りのプラザ