最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2014年06月03日

シビリアンコントロール

市 (2014年06月03日 22:54) │Comments(3)語りのプラザ
市様
北海道で37度が記録されました。札幌でも33度です! 異常に暑い6月の幕開けです。  さて、私は思うのです。二言目には「集団的自衛権が認められれば、自衛隊が海外に戦争に行くに決まっている」とか「憲法9条が改正されれば、自衛隊は武力行使をするに決まっている」とか「我が子を、教え子を戦場に送るな」とか言う方々、政治家、知識人と呼ばれる方々に伺いたい。  「あなた方は、そんなに良識がおありになるのに、自国の組織(軍事力ですね、率直に)をコントロールする自信が、そんなにないのですか?」と・・・  現在の自衛隊は、戦前・戦中と違いシビリアンコントロールのもとにあります。統帥権の独立を盾に、政治家の介入を拒んだ時代とは違うのです。それなのに、いかにも徴兵制が復活するかのごとく赤紙に似せたビラを配ったり、地域の防災訓練への自衛隊の参加に抗議したり・・・そんなに戦後築き上げてきた民主主義に自信がないのでしょうか?本当に安倍首相が戦争へ、軍国主義へ国を導こうとしているなら、その時点で国民が黙っていないでしょう。  ありもしない不安を煽って、国を破滅に導こうとしているのは、そんな政治家や知識人(と呼ばれている)、あなた方ですよ。  
安倍首相の政治に期待し、応援しております。
魔弾の射手45

昔、北海道に行ったら6月だと
いうのにストーヴを焚いていて
すごいなと想いましたが、
37度だなんて(◎-◎;)!!

しかし10年後に小氷河期となったら
それもなつかしい想い出となります
から、熱気を味わっておくのもテで
はないかと(^-^)

さて、
軍隊とは、その国の国民の中の有志
が集まって命をかけて国を護ろうと
する集団なので、それをコントロール
するのは国民を代表する政治家たち
なわけですよね。
日本は陸軍のエゴによる暴走で
どえらい負け戦争をやっちゃいました
が、そのことを戈にして軍隊を作る
ことを阻止するなんてナンセンスでは
ないかと想うのですよね。

それって、火を扱ってヤケドしたから
火は持たない、というのに似ていると
いう気がします。

あの失敗を元に、今度こそは暴走でき
ない、が本当に強い軍を創ろう・・
と、そう考えるのが前向きな思考では
ないかと・・

日本人って、とても真面目で立派な
人々が多く、世界でもとくに優れた
国家を成していると想うのですよ。

でもね、世界中の人間達と比べて
観ると、
「ケンカに弱く 勇気のない秀才
で、緊急にあっての即断力に欠けた
軟弱タイプ」
みたいに想われるのですよね。

昔の日本人は「文武両道」という
言葉を大切にしていましたが
今は アタマデッカチな人と
思考力の無い自称武人が多くなり
ましたね。


  


Posted by 市 at 22:54Comments(3)語りのプラザ

2014年06月03日

家族は 最低単位の国家

市 (2014年06月03日 22:16) │Comments(3)語りのプラザ
イチローさん 我々は、右翼でも左翼でもなく、「日本国の危機をどう乗り切るか」を現実的に考える「リアリスト」ですね。 日本はアメリカをはじめ、オーストラリア、ベトナム、フィリピン等と連携や同盟を通じて、中国に対抗していかねばなりません。 その際に、足かせがあっては、イチローさんの仰る通り、同盟関係も水の泡になりかねません。 私はアメリカは用心棒ではなく、ボス、だと思ってます。 ボスが作った戦後の枠組みを変えようとすると睨まれ、仕打ちを受けますが、今回はボスも集団的自衛権については歓迎しているようです。 中国の脅威をうまく利用しつつ、本当の独立へ向けて、安倍総理には慎重なかじ取りを期待しています。
貸本屋

そうなんですよ、
ワシは右翼でも左翼でもありません。
とても平和を愛する小市民です。
宗教にも入っていません。

ただし 家には銃を備えています
それは ワシの子供を掠って
売春婦にして儲けようとか
臓器を裏社会で売りさばこうとか
我が家の財産などを略奪しようとか
そういうヤカラが家屋に入ってきた
時にだけ発砲するためであり、
隣りの家の人を銃で脅して
金品や土地を奪うようなことなんて
夢想だにしていません・・・。
むしろ 隣りに強盗など来たら
真っ先に駆けつけて(実際は音もたて
ずに忍び寄りますが)彼らを護ります。

とくに思想もなにもあれません。
ワシは愚直の趣味人なだけです。

悪人に踏み込まれて撃退しようと
するのは まっとうな事だと想って
いるだけなんです。

こういうワシを右翼だなんて
言う人は あたまがオカシイのでは
ないかと想うんです。

家庭において
父親というのは
最低単位の軍なのだと考えています。

妻と子供が暴力の危機に陥ったら
それを食い止めるのは ほかでもない
父親の役目だと想っています。

「妻を犯したかったら、
子供を連れて行きたかったら、
まずはワシを殺せ!!」

と、そういう信条なので
家族のためにも 強く在ろうと
心がけているのです。

ただ それだけの事なんです。

国家というのは、家族が大人数に
なったようなものではないかと
考えているのですよね。

アホな姉さん、グレた兄ちゃん、
ダメな弟、好い伯母さん、
優しい叔父さん、強い従兄弟、、
などなど多彩になるだけで・・・

しかしお父さんのマインドが
強ければ 国家も安泰なのですよね。

皆さん そう想いませんか?・・・

それでもワシは右翼と呼ばれる
のでしょうか・・・

だとしたら、右翼ってよほど
立派な個人ではないかと(^○^)

   


Posted by 市 at 22:16Comments(3)語りのプラザ

2014年06月03日

備えを常に!

市 (2014年06月03日 21:34) │Comments(0)語りのプラザ
いつも読まさせて頂いております。ありがとうございます。いつもは傍観しております自分ですが、今回の内容に意見を述べさせて頂きます。隣国の一党独裁、一部の物の私利私欲の為の汚職マミレの活動、少数民族弾圧、環境汚染等々、自国内には問題山積み…人民の目をそれらを見ずして外に向けさせ海洋進出と称して他の国々に対しての許しがたい挑発行為を目の当たりにしまして私の中の「誇り」が黙ってられなくなりました!世を騒がせている、憲法解釈は当たり前のことと考えます!今の今まで放っておいたのが不思議でたまりません!それらを「正」今ある脅威に断固たる信念で立ち向かう時と考えます!戦後~ずっとぬるま湯の状態でしたが…近年日本を取り巻く環境は熱く熱くなっています!やっと「それ」に気づき「このままでは大火傷」だと 「変わらなければ」「備えなければ」という日本国民の変化がみられるところです! 是が非でも、安倍総理には頑張って頂きまして、我が国の一人一人が誇りを持ち危機に対応するべく強いリーダーシップを発揮していただきたいです!「備えを常に」 まさしく今は、「赤備」だと考えます。 これからも、ブログを読ませていただき す。今後も、よろしくお願いいたします。 自宅庭に掲げた、国旗をみながら昼間に 考えた意見を述べさせて頂きました。 ありがとうございました。
赤備!

こちらこそ ありがとう!!
日本人にとって
本音を表明することは勇気の要る
ことだとワシは解っていますから・・・
市  


Posted by 市 at 21:34Comments(0)語りのプラザ