最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2014年03月08日

きみに、記事を書いていただきたく

市 (2014年03月08日 23:47) │Comments(11)語りのプラザ


「Be Storng!」
Chatter Boxです。
この間コメントした際、イチローさんの言葉をうろ覚えで記載したままで記載し、気になっていたので、古いGun誌をスクラップしたものをひっくり返して見つけました。  この号は、パイソン・ハンターの特集記事で、見た目のカッコ良さと1000ドルという値段の高さの割りには、品質が悪く、イチローさんのもっていた6インチパイソンにレオポルドのスコープをつけたE.R.ストラウプさんが作った「パイソン・マンハンター」の方が、断然命中精度がよいと書かれています。 その後、エアガンでのケンさんのクリーンヒッター理論などでも、バレルが長いと当たるというわけではないという事にもつながる内容でした。  ケンさんといえば、パイソンが大好きなことで有名ですが、イチローさんの家にイソーローしていた間に、4インチパイソンのエジェクター・ロッドを壊したという話を後に伺いました。確かにこの号でも、4インチのパイソンのみ、エジェクター・ロッド側が写った写真がないんですよね。ケンさん、MJマガジンはノーギャラでもいいんでしょうか?(笑)  自分もGun誌を始めて1年過ぎたくらい、「そんなもので遊んでないで勉強しろ!」と親に怒られていた時、この一文を読みました。どちらかというと、その当時の、小学生の自分より、大学受験の時や社会人になって、人生に躓きかけたとき、この言葉を思い返し、 「紫電の炎」のハードカバーにイチローさんのサインとともに書かれている「Be Strong!」という言葉とあわせ、自分自身を奮い立たせています。

Gun誌 1981年3月号より抜粋  

・・・しかし、このテストをそのまま信じて、8インチよりは6インチ・バレルの方が良く当たるのだなんて思い込むのはよくない。私の6インチ・パイソンは、かなり昔の質の高いパイソンで、その中でも特に精度の良いものに当たったのかもしれない。  確かに50ヤードで6cmのグルーピングなんて、ヘビー・バレル・カスタムなみの素晴らしい性能なのだ。それに引きかえ最近のパイソンなんて(S&Wもそうだが)仕上げは悪く、手抜きによる品質低下ぶりは、アメ車と同じで驚くべきものがある。  
アメリカの労働者達は賃上げをしてもらうたびに、自分たちの作る品物の品質を落とすことで会社の期待にこたえているのだ。自分の国(私の国籍はアメリカです)の悪口を言いたくないが、我が国民はゼイタクで努力を怠りすぎるものだから、楽しむことも知らない日本のような国民からはどんどんと追い越されるのだ。  働きアリのように働いて、人生の輝ける部分を知らないままに淋しく年とって死ぬ多くの日本人も気の毒だが、週末にならないと目が覚めないという怠惰なアメリカの労働者も困ったものだ。  自分の仕事がどんなに困難であれ、退屈であろうと、それを好きになれなかったら悲惨だ。
私が事務員だった時、ケーキ屋の下働きだった時、タクシーの運転手だった時、そしてアメリカのレストランで皿洗いだった時、退屈と疲労でまいりかけると、  「こんな仕事だが、これは今日一日だけだ。今日一日だけだったら、退屈じゃないさ、一生懸命やろう。明日は今日と同じじゃないさ、そう、少なくともこうして一日を一歩のつもりでしっかりと歩けば、やがては周囲の風景だって変わってくるさ・・・。」  と自分に言い聞かせ、やれるだけをやり、また適当に荒れながらも自分の運命を自然の流れにゆだねて今日まで生きてきた。  「今日一日を3度食べて生きることさえできたらしめたものだ。何しろ私の人生、死んでもともとなのだから・・・。明日の心配は明日すれば良いとして、もし、あわよくばあさってだって、生きられるかも知れないのだ。  とにかく今日というこの日を充実させて、今できることを行ない、優しい人となって一日を過ごしたい・・・。  これが最近の私の哲学で、毎朝起きると「サァ、今日一日をしっかりと生きよう!」と私の家族と自分に声を掛ける。そして、その日の可能性いっぱいに、それは遅々としてしか見えないだろうが、自分としては精一杯に一日を生きようと努力する。明日を心配するあまり、今日の事に手をつけずにいたら、明日もあさっても永久にやって来ないのだ。  いやはや、今日は久し振りに話がとんでもない方向に行ったが、これは私のところに送られてくる多くの悩める読者の手紙に対する返事だと思って下さい。
自分の夢と現実のギャップに、あるいはモデルガン・コレクションという少年らしい趣味に対する家族の無理解(これは、勉強の方をすっかり放ってしまう本人の方に問題のあることも多いが・・・)などで、中・高校生の読者から続々と悲しい手紙が届き、でも、残念ながら私には返事を書く時間がないのです。  もし、それをやったら、私は毎月の内30日間は手紙を書いたり、要望に従ってホルスターやカタログを捜して送ったりしていなければならなくなってしまうのです。  「この世には金で買えないものだらけだ、特に大切なもの程、ますます金の力の及ぶところでない・・・。」  と常々考えている私なので、当然金持ちではない。従っていつも仕事で忙しいのです。そこのところを理解してもらえる?本当に悪い気がするのだけど・・・?ではまた。
ICHIRO

みなさん、いかがでしょうか。私のような人間がよけいな事を追加するのはどうかと思いますが、これって人としてどう生きるべきか。これぞ「タクティカル・ライフ」ではないかと私は思います。 イチローさんやみなさんが私にまで一緒にガンバローなんでありがたいお言葉です。 これからどんなことが待ち受けているかわかりませんが、お手伝いできればと思います。 一つの意見ですが、日本であれば、このブログを見ているみなさんが、参加しているシューティングマッチや、サバイバルゲームの記事を投稿するなんてのはどうでしょう。 雑誌をつくる上でかつては、リポーターの方が取材にくるのが一般的でしたが、今なら Eメールで写真も記事も送れる時代です。「編集部に取材しましたあ」って、記事を送って 内容がわるければ「ボツ」みたいになっちゃいますが、みんなの生の声は聞こえるし、取材費用もかからない・・・。北は北海道から、南は沖縄まで、様々な情報満載になる。 中身はみんなで作るから広告主の意向には左右されない。(でも、圧力はかかるかも?)  それと、大事なのはみなさんお金出して買おうって事です。結局、紙媒体は売れて何ぼだと思うんです。ネットで何でも見れるのもいいのですが、手元にとっておいて、折に触れて読み返しながら、見返しながら、少し色褪せた写真もその風情を楽しむくらいがいいのではないかと思います。 私なりの思っていることですが・・・。 chatter box

市より、
>「一つの意見ですが、日本であれば、このブログを見ているみなさんが、参加しているシューティングマッチや、サバイバルゲームの記事を投稿するなんてのはどうでしょう」

この件、ゼヒともオニガイいたします。
まじ、ほんとにゼッタイ真剣に実行して
いただきたいです。
のちほど、メアドを載せますから
皆さんの好きなことを自由に書いて
送っていただきたいのです。m(__)m

chatter box さんも執筆・・といいますか
執パソといいますか(^〇^)
さっそく、とりかかってくださいな。
市  


Posted by 市 at 23:47Comments(11)語りのプラザ

2014年03月08日

バットン将軍、ISIに侵攻

市 (2014年03月08日 11:55) │Comments(0)語りのプラザ


マリポサが雨ならISIで撃とう!!

と、そんなわけでISIまでやってきました。

バットンは、ひとつの夢がかなって大喜びです。

なんと運のよいオトコなんでしょうね ( ^ω^ )


本場で撃つWCS・・
この経験を活かして日本でのJWCSを
素晴らしいものにしてほしいですね〜 (^w^)


5時間ドライヴで4時間練習・・
さすがに疲れて運転ができなくなって
後部座席でグーグーバットンです(^。^)
  


Posted by 市 at 11:55Comments(0)語りのプラザ

2014年03月08日

ブレックファストはサブウェイで

市 (2014年03月08日 00:16) │Comments(3)語りのプラザ


バットンはサブウェイに行ったことがなく
ダイエットが必要なので野菜サンドを
たべることになりました。



でもって昼の餌用にはパンダで・・・
これはテイクアウトの中華料理で、安くて
ボリュウムたっぷりで・・・太い人には
大好評ですよん♪

あ、料理のフォト撮るの忘れました〜(;^ー^)

  


Posted by 市 at 00:16Comments(3)語りのプラザ

2014年03月08日

南は晴れて

市 (2014年03月08日 00:04) │Comments(0)語りのプラザ


99号線を南下すること3時間・・
雨はあがっていました♪

今回のレンタカーはこれ、
インフィニティーです。

日本ではスカイラインだそうですね。

アメリカでは、いたるところに国旗が
ひるがえっています・・
自分たちの国家を大切に想う心の現れです・・

日本もこうなると嬉しいのですがね。



  


Posted by 市 at 00:04Comments(0)語りのプラザ