最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2013年05月13日

教養とは何でせう??

市 (2013年05月13日 22:27) │Comments(1)語りのプラザ
申し訳ありません。本文からかけはなれますが、お聞きしたいことがありまして。 >イチローさんが常々書かれてる「教養」 私には未だわかりません。もし、「教養」について何か一定のご理解を得ているのであればご教授願えませんでしょうか。 決して揚げ足取りというわけではなく、反論材料というわけではありません。 今回の件に関して言えばイチローさんの仰ることもCYPRESSさんや他の方が仰ることも理解はできますので私には意見はありません。 ただただ「教養」について知りたいのです。 それが解らずマリポサでも悩み現在帰国しても何もできないでいます。 是非なんらかのご意見をご教授頂ければと存じ上げます。 麻酔三十郎

三十郎さん、ウエルカムバック(^-^)

ワシは教養についてたまに書いていますが
教養とはこういうものだ、とはまだ書いて
いません、、というのは教養とは何かを
まだ知らないからなんです(^_^;

射撃が世界一なら教養が高いかといえば
それは技術が高いだけで教養とは無関係
で、、ではお医者さんは教養が高いかと
いえば、医療には詳しいが教養の高さと
なると個人差がはげしく・・・
なので、
技術の高さや博識の度合いと教養とは
混同しないように考えたいと想います。

たとえばタバコを人前で吸う人・・・

毒の煙を人様に吸わせて平気でいられる
という心をもった人だと、いくら凄い
仕事をしていようが、スポーツマンだ
ろうがサクセスした有名人だろうが
教養度が高いとはワシには想えません。

このはなしは小説で書きたいと想って
いるのですが、
教養とは「磨かれた人格」のことであり
それには磨きの段階で「度」や「段」
があると想うのですよ。

2歳児は教養度ゼロ、
小学生は10、中学生は20、高校生は30、
大学生は10〜40、オトナは10〜100・・

てなぐあいに、オトナになってからの
自分自身の追求力や努力などによって
磨かれるものではないかと・・

で、教養の光を出すための研磨剤は何
かといえばやはり「洞察力」や「咀嚼力」
だと想うのですよね。

洞察できず、咀嚼もできない人間は
ガランドウなコンピュータと同じでは
ないかと想うのですよ。

で、教養の度合いについては、その人が
死んでから解る部分もあると想うのです。

人間は、皆、例外なく歳をとって老います。
この老い方に教養の差が出ると想うんです。
そして死にます。その死に方にこそ、人の
正体が出ると想うのです。

日頃は偉そうに語って周囲をだましていて
も、なにか事が起こるとエゴをまき散らし、
老いることをだだただ怖れ、死に直面
すると錯乱する。

そうならないために洞察力と咀嚼力を
己の思考回路にダウンロードし、
自分の教養度を高める努力をしたいもの
だとワシは考えているのですよ。

でもこのハナシ、長くなります。
洞察力とは何であり、どうやって得るのか、
咀嚼力とは何であり、どこまでかみ続ける
べきなのか?・・・

なので
長い小説を書きたいのですよね〜(^^)

で、三十郎さんも教養については長く
考えておられるわけですから、中間発表
をしてくださいな<(_ _)>オニガ〜イ

  


Posted by 市 at 22:27Comments(1)語りのプラザ