最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2013年04月10日

夜間部で勉強

市 (2013年04月10日 00:35) │Comments(8)語りのプラザ
第二学科は要するに夜間部です。 私は昼間に写真屋でアルバイトしながら通ってますので、時間的にも学費的にも第一学科(昼間部)にはいけない身でして・・・
キース

ワシは高校を出たらクリーニング組合で
バイトをしました。
夕方早くに仕事をきりあげて写真学校に
通えばよいといわれたからです。
で、いよいよ学校が始まると
夜まで働かないと困ると言われ(;O;)
だまされたショックは大きかったです。

仕事は辞めて学費もないので休学し
次は渋谷のケーキ作りのショップに
入りました。職安では、この店は夜学に
行かせてくれるという約束をとりつけて
くれたので住み込みにしました。

部屋付きの食付きなので住みこみ以外
の生活は考えられませんでした。

ところが、学校が始まるとなったら
ここも夜学は困ると言いだし(;O;)

しかし、助ける神ありで
レコードショップで住みこみの仕事に
誘ってもらいました。
ここのオヤジさんはカメラ店を経営して
おり高校時代からバイトをさせてくれ
後になってレコード部も始めたのです。

写真ができてベートーヴェンが大好き
だったワシをオヤジさんは喜んで雇って
くれました。
住み込み三食付きで2万円の手取りという
夜学生には充分な報酬でした。

このオヤジさんに拾われなかったら
木村パンに入っているところでした。

木村パンの部長も、ゼッタイに夜学に
行かせてやると言ってくれましたが、
音楽を聴きほうだいという職には大きな
魅力がありました。
このバイトのおかげで自由な勉強が
できました。

しかし、ここのオヤジさんとオカミさん
にはすっかり迷惑をかけて自分が情けない
ので、数年前に謝りにいきました(v_v)

当時の学校は新宿にあったのですが
復学した時には日吉に移っていました。

高校を出してもらえたら、親兄弟からは
一銭の援助も受けない、もしも飢えること
になったら黙って自決しよう・・という
硬い決心があり、とうとう自力で写真学校
を終えました。

終えた、、とはいえ卒業はしていません。
卒業制作は悪石島の人々の生活を20日間
ほどかけて撮影し、重森校長から合格を
頂いたので、もはや卒業試験を受ける必要
などなかったのです。

前衛たれ、カタチに拘るな、果敢に撮れ、

そういう校長の教えだったので
「前衛たるものが卒業証書などもらって
喜べるものか」という自負とプライドが
あったのですよ。

そういうわけで、ワシは写真学校中退
というカタチです。

人の価値は、卒業証書や履歴の華やかさ
などではなく、
「いま、何ができるのか?」
「実行力はあるのか?」
「荒野に放たれて自力で生きられるのか?」

と、そういう所にあるとワシは想うので
常に捨て身であり、攻撃的でした。

命を含め、ワシには失うものがないの
です。失うものがあると受け身になり
行動を妨げられます。

「30年間のサラリーマン生活よりも
三日間のフリーランスが良い」

こういう危険思想(^○^)がワシには
あるのですよ。

「親にカネをもらって学校に通ってもろくな
人間になれないのではないか、、
奨学金ももらえないで大学に通って
どうしようというのだ」

「自力で生活できない自分は愚か者だ」

そういう思想がワシにはあり、
これは薩摩ジゲン流の教えというわけ
です。というか永田家の家風でしたよ。

キースさん、
苦しく辛いときは床に手をついて
苦しみをよく味わってください・・
そして、こうつぶやいてください

「負けてたまるか!・・・」

そしてニヤリと不敵に笑い、ズイと
立ち上がるのです。

ワシは幾度もそうして自分を力づけて
きました。

生きる勇気、それも武器ですよ。  


Posted by 市 at 00:35Comments(8)語りのプラザ