最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2013年04月07日

苦労すれば風が美味しく

市 (2013年04月07日 23:15) │Comments(4)語りのプラザ
おはばんわ〜(^-^)/

>イチローさん、オハ今晩わ! 美味しい風、私が感じているのと同じものなのでしょうか・・・

TROOPERさん、
風が美味しかった理由は、それを吸った
場所が山の中だったからだと想いますよ。

太平洋を渡ってきた海風が西海岸の
深い森林を通りながら酸素をたくわえ
樹液の香りを含むなどして谷をつたって
そよ吹いてくるのですよ。

つまりそこの空気は料理学上、現実的に
美味しいのですよね〜(^○^)

で、その空気を吸った70歳のワッシは
自分の飛び越えてきたハードルの数々を
想い出し、よくやってきたわい・・
というしみじみ感と重ね合わせたために
山の空気がいっそう美味しく感じたの
ですよ。

TROOPERさんは、事故という強力な
ハードルにぶち当たってしまいましたが
そこで停まってくよくよしていたら
自分を含む誰もが幸せになれないわけ
で・・・その悲しみと苦しみを抱えられ
るだけの脚力、体力を養うことがまず
大切で・・・
よたよたしながらも、明日に向かう態度
こそが君の道ではないかと。

ま、君は今そうしているので
こうして言うのもなんなんですが^_^;

颯爽と元気よく前進する、、なんていう
人生なんてなくて、
じっさいは手かせ足かせを引き摺りながら
ゆっくりと行くものではないかと・・・

それは、青春は美しく清いものではなくて
ドロドロとした無知の沼であり
青春は人を傷つけずして通ることが
できないのと関連がありそうで・・・

かさぶたの下の生傷をもちながらも
70歳まで生きれば、きっとワシよりも
美味しい空気を味わうことになりますよ。


>どれほど多くのハードルを越えなければならないのかを考えると気が遠くなりそうですが(笑)。 私自身の「美味しい風」に出会うまでに、 人生の苦さも酸っぱさも十分に味わってやろうと思ってます。

ルーさん、
うんとこさ運動をして喉がからからに
なって飲む水は格別に美味いのとおなじで
艱難辛苦のハードルを越える数が多いほど
に風は美味しくなると想います。

アメリカも日本もダメになった理由は
「苦労知らずの蔓延」に尽きるとワシは
想っているのですよね。
で、苦労知らずの人には、美味しい空気も
ゴミための香しさも同じだと想うのですよ
(^o^)はははは

>それらの趣味やエアガンが悪いとは言いません。 先人がやった功績の結果がマニア排除のような処置に傾くのかと思います。 それらを否定し、自らを認めてもらうためには銃剣道も手段として必要かと考えます。

先学防人さん、銃剣道で勝った隊は士気がが高くてすごいんだ、なんて想われる風潮はあんましよくないですよね〜。鉄砲ひとつ上手く撃てないで、そういうことに血道を上げているのを見ると とても心配になっちゃうわけで^_^; 野球やサッカーで強いからといって日本はすごいんだあ〜! と感じるのは国が成熟していないのと、国民の劣等感が強いからではないかとワシは感じるのですよね。ゲイムと国としての実力は別物ですから、そういった認識力を磨きたいものです。  


Posted by 市 at 23:15Comments(4)語りのプラザ

2013年04月07日

銃剣道

市 (2013年04月07日 15:37) │Comments(2)語りのプラザ
はじめまして、質問というかどう思いますか?ご意見をいただけないかと連絡しました。市郎さんならご存知だと思いますが自衛隊には銃剣道という物が存在し、競技会も開かれ訓練そっちのけで明け暮れている隊員もいます。ルールも実戦的ではありません。精神力や団結力等は向上すると思いますが、実戦に直結する様には思いません。クラブ活動的な時間配当ならまだいいのですが、競技会前ですと課業時間をかなり占める割合も多く、疑問を感じた訳です。これよりCQBや格闘を実施した方が良いのではないか?国民は中隊が大会で優勝する事を願っているのか?銃剣道を反対している訳ではなく位置付けがどうかな?これは実戦では役に立つ剣術ではない・・・銃剣格闘の方が・・・と疑問を持つ隊員もいます。武術を学んでいる市郎さんはどうお考えでしょうか?やはり自衛隊の武術として、士気高揚の為に必要なんでしょうかね~バランスが大事な事も理解はしているのですが。ご指導の程、よろしくお願いします
CBRN

自衛隊が軍隊として認められ、いったん どこかの国と1戦を交えたら、やがて銃剣道をやる新隊員はいなくなると想いますよ。隊員たちは実戦的な射撃訓練をやりたくなりますし、指揮官たちも隊員を死なせたくないので、おおいに射撃をやらせることになりますし、国民も国家を亡ぼしたくないので訓練費の増大を認めますしね(^^)

で、ワシがもし若くて自衛隊に入ったとしたら、誰か1人エアガンの好きな隊員を見つけ、そやつと2人でエアガン同好会を作ります。そして片方は部屋、片方は部屋の外に立ち、合図で撃ち合いを始めます。胸の中心、またはヘッドショットが決まれば勝ちとなり、次は立場を入れ替えて勝負します。一日一回、または週に1度でよいから、この二番勝負をします。そしてやがて様々な設定で撃ち合いをやるようにしてゆきます。

バカにされますし、マニア呼ばわりされるのは必至ですが
“エアガンで相手を仕留められない者は実戦では死にます”
といつもいつも言い張ります(*^_^*)

そうしているうちに二見司令官みたいな人の耳に入って「立派な行いだ」と推奨してもらえ、同好会員も増えます(∩.∩)でも、連隊長が替わると「たこつぼ掘って埋め直し、また掘って埋め直し、またまた掘って埋め直せよ」みたいになっちゃいますがね…>_<…

とにかく自衛隊から戦死者が出ないかぎりは自衛隊のイビツさと日本国の不可思議さは消えないのだとワシは考えています。

でも、いざ戦争が起こっても米軍が敵を叩いてくれ「安保あるからダイジョービよ」みたいになってケロリとする人々もかなり多いかと(;O;)

平和ボケ→平和認知症→不治の病

もうすべては遅いかも・・・
ワシは時々、そういう気がするのです。

相手は核装備ですからね(>_<)
核装備には核、またはもっと強力な
武器がないと負けますからね。

核武装をするか、、または滅亡か・・

愚かなワシのアタマには、
この二つの選択肢しか浮かばないの
ですよ。

将棋をさすときにですね
「相手の嫌う手を打て」という格言が
あります。

「核装備」

こりゃ敵さん嫌うどころか
大慌てになりますからね〜(^。^)

ともあれ、大局的に観ると
銃剣道もエアガン訓練も、核無しと
いう背景では虚しいという気がします。

少子化、老人国家、軟弱化国民、
大日本丸はゆっくりと確実に滅亡に
向かっている気がして辛いのですよ・・

日々が忙しく、慌ただしく、
未来どころじゃない毎日の生活に
流されるのが世の常ですがね・・・

でも、想うに・・・

未来が信じられないので子供を
作らなかった人々が多いのかも・・

かくして信じられない未来が早めに
すぐのところに・・・

いやはや、、今夜は思考が暗い方向に
いきました(^_^;

銃剣道ね〜
好きな人をお止めするわけには
いかないですね〜
でも、自分の息子には他の事をやら
せたいですね〜(^^)
  


Posted by 市 at 15:37Comments(2)語りのプラザ