最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2013年03月04日

マック堺からの手紙

市 (2013年03月04日 02:44) │Comments(4)語りのプラザ
マックが映像関係に目覚めて
「いろいろ教えてくださ〜い」と電話して
きましたよ。
「だったら良い映画を観れ〜」
と応えましたよ。
「どんなエーガがよいですか?」
「七人の侍観たか?」
「いいえ」
「なにい〜???(-_^:)すぐ観れ〜!!!」
「あ はいい・・今夜観ます(×_×)」

というわけで、今マックからメイルが
届きました。
本人の了解を得たので感想文をコピペ
しますね。

しかし諸君!! 七人の侍を観たことない
って、それではあまりにも非道〜いと
ワシは心から想ってしまうのですが、、
世の中ってそこまで人心が荒廃している
ですかね〜…>_<…(-。-;)
あっしには信じられね〜こってすたい。


イチローさんへ
昼間は、いつものことながら教えていただきありがとうございます。
早速見てみました。

七人の侍の感想文
長い映画で最後まで見れるか心配でしたが、最初から最後まで楽しめました。

すごい面白かったです。

間の取り方、構図、表情で言葉に出さなくても伝わることが多く

今の映画ってうすっぺらいなぁと感じました。

笑いあり、悲しみあり、人の優しさ、残酷さ、恋、いろんな人間模様が描かれ心が動かされました。

決闘シーンの画面の切り替えのリズム感、目の動きで様子を伝えるなど緊迫した雰囲気に手に汗を握ります。

戦闘シーンも迫力があり、追うシーン、引くシーン、緩急があり終わってみればあっという間でした。

話の展開も次がどうなるんだろうと、どんどん話に引き込まれました。

言葉が聞き取れない部分もあり、改めて見てみたいと思いました。

様々なシーンで、考えられた構図だなぁと感じることもありとても勉強になりました。

大変いい作品を教えてくださりありがとうございました。

マック

  


Posted by 市 at 02:44Comments(4)語りのプラザ

2013年03月04日

今、だけが自分の抑制下にある

市 (2013年03月04日 02:25) │Comments(8)語りのプラザ
お疲れ様ですm(__)m 先程は、禿げ増す私の心を強くして頂ける励ましのお言葉、ありがとうございましたm(__)m こちらを昨夜、マルパソさんから頂きました時、市郎さんにも若かりし頃があったのだな〜と当たり前でありますが感慨深いものがありました。 マルパソさんイチオシのお写真で、私も画になるお姿と思いましたのでお送りしてしまいました(汗) 最近、時間について考えておりまして、佐治晴夫さんという感性豊かな理学博士の作品をまた読み出してますが、 「人生とは何か?」と聞かれたとき、その答えのひとつは、日々、新しいことや人との、出あいや別れと言ってもよく、それらは、すべて現在、つまり、「いまという瞬間」との出あいであり、別れであるということ。 そして、「使える時間」は「過去」のものでも、「未来」のものでもなく、この瞬間の時間だけしかない。 いちばん大切なことは、 「いましかない、ということと、向き合うこと」 であり、 「これから」が「これまで」を決める という言葉にひとり感動しておりました。 「これまで」が「これから」を決めるという考えが一般的ですが、過去に固執し振り回されている私では市郎さんの「ゼロ拘泥のススメ」に触れることが出来なくて悩んでおりましたf^_^; 黒髪のワンピース姿の女性が描けましたら、お送りさせて頂きますm(__)m 「であい」位は漢字付きで普通に書けても良いと思うむうたでした。
むうた

うむむむ、素晴らしい!・・・
記憶したいので ちょっと整理しましょう。

「人生とは新しいことや人との出逢いと別れ」

「今という瞬間との遭遇と別離」

「自分が使える時間はこの瞬間だけ」

「過去も未来もすでに自分のものではない」

これだけを咀嚼するだけで
かなり人生が解るのではないかと。
でも人生経験が不足していると
実感を伴わなくてムリかな〜・・

でも心に留めておくと、TOMさんのように
時限バクダンとしてハレツする日がきます
からね(^-^)

>>過去に固執し振り回されている私では
市郎さんの「ゼロ拘泥のススメ」に触れる
ことが出来なくて悩んでおりましたf^_^;

で・・
「ゼロ拘泥のススメ」ですが、それは
ここで書きましたっけ??

強い行動力を身につけたかったら、
強力な推進力がほしかったら、、
これはまず心でマスターしないと
いけないことなので、また書きたい
と想うのですがね。

しかし・・むーさん、
君のように震える心で真理を追っていて
しかもよく学んでいるような人がですよ、

「拘泥するべからず」

という言葉に触れた時に(゜◇゜)ガーン!!!
いや〜まったくだぁ〜\(^O^)/
と瞬時に悟れないというのは どうして
なのですか?・・・

そこのところの心のメカニズムを
説明してもらえると、ワシもこれからの
ブログの書き方をもっと明解にできると
想うのですよ。

なにしろ、今のままでは時折ワシが
精魂こめた直球をハッシとばかりに
投げても暗闇の彼方に飛んでいくだけで
バスっと受け捕ってくれ、瞬時に剛球を
投げ返してる人がいなくて
孤独感が増すのですよね〜(^_^;)

“諸君、振り返るな! 遠い星を求めて
まっすぐに進め〜!!!”

と、ワシが叫んだら
“おおおおおおおお〜!!!”
という轟きが返ってくるといいのにな〜

これって安っぽいロマンなのでしょうが
たまにはあってもいいよね〜∈^0^∋  


Posted by 市 at 02:25Comments(8)語りのプラザ

2013年03月04日

すいみっとう→水蜜桃

市 (2013年03月04日 01:08) │Comments(1)語りのプラザ
こんばんようさんです。 水密桃がわからず、この年でググってしまいました。 どんな香りなんでしょう? 普通の桃より、甘いのかな? などと想像しとります。 香りって、急に記憶がフラッシュバックすることがありますよね。 水蜜桃と硝煙の香りが混ざるとどうなるんでしょ? うぅ~ん もんもんしてきたです。
まう@東大阪

瑞々しくて新鮮で蜜のように甘い桃の
ことですよ。
ようするに「白桃」なのです。
昔は「すいみつとう」それがつまって
「すいみっとう」とも呼ばれていました。
どうやらチャイナの「上海水蜜桃」から
きた呼び方ではないかと。

戦後の日本は食料が足りなくて、砂糖の
代わりにゲゲーっと下品に甘いズルチンや
サッカリンを使っていました。そういう
時代に たまに食べられるスイミットウの
味と香りときたら、飽食の時代となった
今では想像もつかない美味しさでしたよ。

そういう時代背景のあるわっしなので
「カレンの唇は白桃の味がした」と
書くと品性に欠けるという気がする
のですよね〜(^◇^)

「カレンは美味しい水蜜桃の香りがする」
のほうがワシの心にはよく響くのです。

桃って美しいですしね ∈^0^∋
桃のようなふくよかなオナゴって
素晴らしいと かねがね想っているの
ですよね(*^_^*)

心にそういうことを描いている市本人は
どうかといえば「スルメ」または
「トビウオの乾物」みたいな野郎、、
というところが笑えますがね〜(^○^)

  


Posted by 市 at 01:08Comments(1)語りのプラザ