最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2013年02月15日

恥とは???

市 (2013年02月15日 17:17) │Comments(9)語りのプラザ
お世話になります。渡邉智彦です。 イチローさん!ありがとうございます!ご指摘なるほどです。投稿したのがはずかしいです。しかし、指摘して頂いた感動はもっと大きいです。ちょっとした事の配慮と全体の流れ、そうかーーーー、勉強になります。全部をうまく見せたい、って、事にとらわれていました。また、恥をしのんで投稿させていただきます!これからも応援しています。 渡邉智彦


諸君、これは大切な話なので咀嚼し洞察してみましょうや。

恥とは何でしょう??

「聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥」
という言葉が昔からあり、ワシは高校の時から、まったくそうだと想ってよく質問するタイプになりましたよ。

ところが、米国で長くすむことで、この言葉に疑問を抱くようになりました。
この国では「聞く」ことは恥ではないのです。
日本では、どうして「聞くは一時の恥」なのでしょう??
考えてみると、それは恥なんかじゃありませんよね??

子供のころから、聞くのは恥みたいに想うとしたら、大人の社会が間違っているのではないかとワシは想うのですよ。

聞くのが恥なら、学ぶことはすべて恥に属するような気がするのですよね。

そんなアホな〜(>_<)

「聞くは成長の元、聞かぬは一生の恥」
としてワシは自分の子供達に伝えているのですよね。

ま、何を聞きたがるか・・その内容にもよるわけではありますが、それは例外として処理しませう (^o^)

ここで、このブログにフォトを投稿して真な板(^^)に乗った三人衆、、勇気があると想う人もいるでしょう・・ね?・・

ワシも彼らを辱めないよう、とても気を使ってトシのコウをみせていますよね?

ここでまた、想い出話をしますね・・

写真学校の時です。
東京総合写真専門学校というスクールの夜間部に通っていました。昼間はバイト、夜は勉強です。住み込みで働いていたので完全独立していました。エヘンプイプイ、こういうことは自慢させてもらいます(^。^)

さて、クラスが始まった夜は50人くらいしか座れないルームに70人以上の生徒が出席し、立って授業を聞く生徒が多くいました。
先生が言いました。

“ちょっと大勢すぎて大変だろうけど、しばらく我慢すれば教室は空くから・・・半年もしないうちに半分になり、来年にはまた半分になり、卒業するころには7〜8人となるから・・・”

そして授業は始まり、皆楽しそうに仲良く勉強をしました。
現像の時間、引き伸ばしのクラス、ポートレイト撮影、コマーシャルフォト、カラー写真の勉強、社会派の課題撮影・・・

ただし月に1度「合評」という恐怖の授業がありました。
これは重森校長自らの授業でした。

課題を出され、作品を焼いて壁に貼り、校長はそれらひとつひとつについて評を下します。各自に点数がつけられ70点以下は「撮り直し」を命ぜられます。

それは技術面と芸術性のバランスを問われます。現像しくじって粒子が荒れたり、ピントが合ってなかったりするとウンと怒られました。

校長はとても厳しい人でしたよ。
“君はどうしてこんな撮り方をするんだ? 才能ないから止めたほうがいいんじゃないか?・・え? どういう気なんだ?”

と、そんな調子なのですよ(;O;)(◎-◎;)

“はい、55点、撮り直し!!”
70点を超える生徒は5人も出ません。

撮り直しです(;O;)
来月は合格しないとまた撮り直しとなり、それは合格するまで引き摺るんです(×_×)
いったいどう撮れば合格するのか?? そんなヒントなんていっさいくれません(-_^:)

まあ、簡単な課題もありました♪
「メーデー」という課題です。
メーデーを撮影します。
でも、条件がありました。

1 知らない男を撮ること
2 顔のアップで60cm以内に迫って撮る
3 被写体の眼はキャメラを見ていること

とうぜん殴られた生徒もいました(@_@;)
でも、これは楽な課題でした(^o^)

しかし、恐怖は毎月増大します。
なぜかと言うと、合格しなかった課題を撮り直しする上に、さらに出た課題も撮らないといけないのです。

三カ月目には三つの課題を抱えた生徒が続出していました。最初のハードルを越えられないのに、さらにハードルが次々と増え・・・(◎-◎;)(;O;)

みんな青い顔をしていました。半年を待たずして生徒は半分になりましたよ。
写真館の息子はとくに辛そうで、ワシの作品を借りに来て課題ひとつを凌ぎましたが、それでも脱落してしまいました。

たしか1年後には他のクラスと合同となり、それでも15人くらいだったかも・・

今に想い出しても「苛烈な授業」だったと想います。というより、あのままだったら学校は生徒不足で倒産していたと想います。

二年目になると生徒は激減し、校長の家に招待されての個人的な会話もありました。

“自分では辛い気もするんだが、授業は厳しくしないと根性を養えないからな〜・・だけどな、こいつはモノにならないと断じていたヤツが突然にイイ写真を撮り出したりするんで、少しは優しくすべきかとも想うんだがな〜・・・”

そういう校長でしたよ。
生徒を大切に扱い、長く学校に留まらせてカネモウケをしよう、、ということより、適性のない生徒は本人のために早く追い出したいという態度でしたね。
写真で食っていくことの困難さをよく知った人でした。

で・・ワシの言いたいことはですね・・

「写真をヒトに見せるのが恥ずかしいだってぇ〜(-_^:) ワシなんかカネを払って毎晩ガッコ通って叱咤されて独学同様にして艱難に耐えながら学んできたんだぞぉ〜!!! あまったれるんじゃないぞぉ〜!!!」

と、すごぉ〜く控えめにいえば、このようになります、はいい !(^^)!

「扉をただ叩くのは無駄かもしれぬ、学べよ、されば開かれん」
イーチェ

「見せたくも
見るにたえない 駄作かな」
市茶
だはははは(^○^)
それでええのだ。

生きるということは、様々な感情を味わうということです。生きるということは、羞恥と絶望との狭間にあるわずかな幸福感を味わうことです。
なんちゃって判ったふうなことを言いながら、今夜はこれで(^-^)/

ようするにだ、
楽しくいこうぜ、諸君!!!
  


Posted by 市 at 17:17Comments(9)語りのプラザ

2013年02月15日

凝ったグロック

市 (2013年02月15日 13:55) │Comments(2)語りのプラザ




まう@東大阪でございます。
大変お忙しいと思い、日曜日にメールを書いてみたものの、
送信するのにためらってしまいました。
なんと奥が深いのかとおもいつつ、ファインダーを覗いてるときに
OKと思っても、モニタでみtり、パソコンで開くと。。。全然ダメ

メインはこれ!と決めて、小物を配置すると、間延びしたりごちゃごちゃしたり、
わざとらしかったり。

光と影をいろいろ工夫してみたのですが、センスも機材も1年生なので
これが、先日の日曜日の実力です。

①M36-2 は、スナビーとM36(メッキが剥げた旧コクサイABS)の金属感を
 出そうとしましたが、色合いも修正の限界で。。。。ボツ
 他にも、ダメなところが見えるように勉強します。

②G26-3 は、小物をやめて、本体だけを写そうとしましたが、
  なんか、納得できないんです。それがなにかわからないんです。まだ。。。

③MAU_G26 は、結局これで、応募しました。 今の実力です。

時間があれば、撮り続けてしまいますねぇ。ハマります。
いろいろ配置や照明を変えてやってます。

部屋が狭いのと、光量がすくないので、どうしても長時間露光になってます。
それがそもそもの間違いなんでしょうか???
焦点距離も広く確保したいので絞りこむし。。。

お手本の写真を見ながら、レイアウトや照明をまねてみるところかr
何かつかもうと思います。気長に楽しみます。
おやすみなさい。

市より
ワシのバヤイ、シャッタースピードは
たいてい2秒から3秒という長さですよん。
絞りは22前後です。
ときどきシュアファイヤだけで撮り、
そんときは5秒とかかけます。
長時間露光はなんのモンダイもありません
からISOは一番低いところで撮ってください。

で・・・
オウ ボウイ・・・(やれやれ困ったゾ)
上がおじりなる(^^)で下がイジッタもの
ですねん。
よーするに見る人の眼にグロックが
いきなり飛び込んで、ちょっと釘付けに
した後にリズミカルにならんだ脇役たちを
スムースに見てもらうようにしてますねん。

で、あんま手を入れたもんで、どこを
どーやったかワスレテシモタわ〜(^○^)

じゃから、本人のまうさんに変えた部分を
すべて見つけて箇条書きにしてほしねん。
そりゃたいへんやろけんど、わいかて30分も
かけてイジッタんやけん、そんくらいやって
もろてもえーやろな〜(^o^)

「小道具を並べる時は、ひとつひとつを
吟味して置くべし」
『ひとつひとつをギンミして置くべし』

“吟味せんと無神経写真になるんや〜(>_<)”

“タマコロみっつも並べさせたら
そのフォトグラファーのセンスが丸見え
になるっちゅうくらい大切なんや〜(^o^)/”

ほな、楽しみに待ってまっせ〜!(^^)!

他のフォトはまた時間あるときに
やらせてもらいますねん。

そやけんど、あんさんもえらい凝ったグロック
持ってまんやな〜∈^0^∋

  


Posted by 市 at 13:55Comments(2)語りのプラザ

2013年02月15日

情熱を表現しようぜ

市 (2013年02月15日 04:10) │Comments(2)語りのプラザ




イチロー様
お世話になっております。渡邉智彦です。M-4の写真投稿を見て、以前自分で撮った写真をはずかしながら投稿させていただきます。
これは、1980年代のAR-18とM-66のイチローさんの写真をもろ感化されて撮ったものです。たまたま、トミーガンのブルーイングをすべてやり直し、ストックにニスを塗って、修理を全て完璧にした記念に撮りました。
バランスが難しく困りました。
写真と言えば、NHK特集でロバート・キャパの倒れる兵士が、本人が撮った物でも、戦時中でもなく、ましてや兵士も撃たれていない。との事実がわかった、と言っていました。キャパはわずか40歳でベトナムで亡くなっています。キャパが生前その写真について一言も言わなかった、言えなかった事情を聞いて泣けました。兵士が持っていた銃がモーゼルだったんですね。
これからも応援しています。

市より
ストックのニス仕上げ、
きれいじゃないですか〜∈^0^∋
66のグリップもすっかりワシ好み(∩.∩)

で・・
上のフォトはオリジナルで下は
ランボー手抜きのフォトショップで説明
させていただきますね。

まずトミーの直線に対するストックの
ラインの角度がきつめなので右端を
ちょいと上げてみました。
(白い部分が元の位置です)

これで弾倉の底部とストックの間にあった
「離れ感」が軽減され、トミーとストック
に「有機的なつながり感」が・・・
つまり他人のようだったトミーとストック
が仲良く融合したという感が出ました(^^)

そう感じるのはワシだけでないといいの
ですがね〜(^_^;)

そしてトミーの背びれ(^^)の上の空間を
ちょいと埋めたいのでローダーでもなん
でもいいので置いてみませう。

トミーグリップの右の空間も
サミシーので何かがほしいですね。

それと画面の右上は露出過多になっている
ので光を落としたいところです。
ここの明るいシワシワに眼を奪われる
ので、ここはもっと単純にするほうが
よいですよん。
となると対角コーナーも暗くしてバランス
をとりましょうかね〜♪

フォトを見る人がパッと見た瞬間に
その人の眼がどこを見てよいか泳いで
しまうことを避ける必要があります。

「は〜い、ここをまず見てくださ〜い♪
きれいでしょ〜♪さあさトミーを鑑賞したら
ストックのラインをなめらかーにお見せ
しませうね〜・・そしてラストに66の
存在も鑑賞してくださいな〜(*^^)」

というった具合に美の世界にご案内する
わけですから、主演俳優と脇役、そして
小道具たちをうま〜く配置しないと
見る人の眼をウロウロさせて疲れさせる
わけで「疲労感を感じさせない」という
構成をしたいところなんです。

そのためには、
主役に対する脇役たちの角度に
「視覚的にムリのない滑らかな流れ」
をつくりたいわけです。
このリズムができれば楽しいメロディー
が鳴りだして見る人は感動するのですよ。

一挺のテッポだけを撮るにしてもその
置き方の角度、撮る角度、光の当たる
角度といった「アングル」がぴたりと
一致しないと見る人を不愉快にさせる
わけです。ましてやひとたび小道具を置くと
なると高度な「空間処理能力」が要求され
無限の挑戦となるのですよ。

空間処理・・・
画面に二つのモノを置くと関係が生じます。
画面の中でのバランスが生じます。
置き方次第でそれらは語り合い、反目し合う
のです。です、なんて決めたような口調です
がこれはただワシの経験から得た感覚に
過ぎませんけど・・・でもワシの脳内では
そうなのですよね〜

もっとも、見る人の「美意識の洗練度」
ということは、もうこれはまあ優劣が
しっかりありますけどね〜(^○^)
それと人格の捻れた人は微意識がツオイ
ですね〜(^o^)
不幸な人は美を意識できないという
傾向もありますしね(>_<)

ともあれ、智彦君のフォトは構図が緊密
で、なによりも君の熱い気持ちがよく表れ
ていますよ。
ここまで撮れれば自分のアルバム用と
してはOK僕場です(^_^)

でも、世界市のガンフォトグラファーに
私事で師事したからには彼の指示を
支持してプロクラスのフォトが撮れるよう
になるまでチャレンジするっきゃない
ですよ〜ん♪

これからも応援しています ∈^0^∋ハハハ

で・・・
キャパの「倒れる兵士」は写真学校の
素材でもありました。

でもテッポの世界に入って学ぶにつれ
疑問が湧いていましたよ。

戦場なのに他の兵士がいない
丘の上を突っ立って歩いていたのか?
撃たれた瞬間に重たいライフルを
片手で横まで振るのはオカシイ
倒れかたが映画的だ

そう想ったのでマイク エイジャックスに
聞いてみたのですよ、、
したら彼もヤラセだと想うと言いました。
そのあとで太陽という雑誌だったかで
ヤラセの様子のコンタクトプリントを
発表していました。

さて、
ハンドガンナー誌のスタッフとして
働いていた時に、三日間にわたる合同
会議があり、その中で
「売れる写真と売れない写真」という
講義がありました。

売れる写真
本物のUFOのフォト
人が死ぬところなどショックな映像
戦争など悲惨な光景

これらはフォトグラファーの技術や
芸術性は無関係で、ミーハーが喜ぶので
数が出てオカネになる。

その次に儲かる写真は
「裸の女」
そしてエゲツナイ写真ほど人気は高い。
芸術に興味のある男は極めて少なく、
ほとんどの男はポルノが大好き。

(ちなみにワシはポルノがキライで、ポルノに
凝っている人とは交際しないという珍種・・
いやチン種かな(^◇^)(^○^)

そのクセ女好きでね〜(*^^)v(*^_^*)

これは一般大衆が芸術性などを求めては
いないことの証明でアル。

雑誌社が芸術性で売ろうとすると
つぶれるしかない。

そして営業部長はこうしめくくりました。

“とはいえ、銃の世界の読者はイーチの
ストライキングで情熱に充ち満ちた
ハイクォリティーな芸術写真には
ファンタスティックに反応をするのです!!”

パチパチパチ(*^_^*)

ここの皆さんもそーですよね?
ワシの情熱に呼応しているのですよね。

熱いだけがトリエのバカヤローですがね〜
(^○^)(^◇^)

ありがとうございま〜すヽ(^0^)ノ
  


Posted by 市 at 04:10Comments(2)語りのプラザ