最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2012年09月12日

南京陥落

市 (2012年09月12日 06:56) │Comments(5)語りのプラザ


はい、これが「支那事変写真集」です。
上 中 下とあるらしい
のですが、ワシとこには
下がありません。ざんねん。


これが奥付です。
昭和13年3月1日、朝日新聞社の発行です。
値段は2円50銭です。







これらの部分が南京陥落の模様です。
このキャプションが読めるといいのですが。


で、気になるペイジを発見したのですよね、
それがこれなんですよ。


とくにこの写真、、うろ覚えなのですが
南京虐殺とやらの証拠写真として使われて
いたような気がするのですよ、、
どこで観たのかも覚えていませんが
もし解る人がいたら教えてくださいな。
たしか「中国人を連れ去る日本軍」みたいな
書き方だったと記憶しています。


まあ見方によっては、残虐な日本軍が
地元の住民を引き回しているように見えなくは
ない、かも知れませんね。


ところが写真説明はこういうもので、、
「硝煙下の桃源郷」ですからね〜
桃源郷って桃の産地じゃないのですよ〜
楽園って意味ですからね〜

「日本軍の温い庇護の手で平和に蘇った
部落がある・・・」
まあ、日本のマスコミはこぞって戦争讃歌を
唱い、国民は完全にノセラレ、とうとう米国
との戦争にまで拡大しましたが、、

すくなくとも、この写真は虐殺とはまったく
無関係なのですよね〜







これらの写真には日本の兵隊さんたちの
優しいところが写されていますね〜

これはまあ朝日新聞社も陸軍の暴走を讃えて
戦争継続と遂行に大いに役立とうと全力を
注いだがゆえの宣伝写真ではありますが、
規律ある強くて優しい兵隊さんが多かったの
も事実だとワシは想いますね〜

by まう@東大阪
市殿 もちろん!!!見せていただきたいですぅ!!! 下名、78年だったか(記憶あいまいです)Gun誌でイングラムM11の記事で、木グリを自作されてたのが、記事を拝読した最初です。その後ベネリで目を怪我されたり、されましたよね。その教訓に従いそのころからモデルガンでもサングラスをして撃ってました。85年のビアンキカップのビデオも持ってます。2年前にGun誌休刊の折に、年間購読で泣きね入りしたことを始めてブログに取り上げていただきました。 下命の会社が軍需関係なもので、84年入社時の社員研修では、「北朝鮮スパイに拉致されない為の講習」がありました。しかし下命が銃が好きなことは近所の知れており、当時は興信所が調査したんでしょうね。下命の根が”悪ではない”と会社が判断して今の部署に配属されたのだと思います。入社後すぐに家の近所で、見知らぬ男女に声をかけられました。「あなたは火薬に詳しいですよね。一緒に成田で闘ってください。」とスカウトされました。 もちろん、下名の思想と正反対なので断りました。 その後、数十年がたち、私も労働組合活動に協力しないといけない年齢になりました。労組は”赤”だと思ってましたが、今はそうではないですね。 会社と協力していい方向に向けるため努力する労祖も多くあることを知りました。 そう 労組の研修では、国家●●●会のOBの方の講和を宿泊研修で受けました。戦前戦後の共産主義者が日本で何をしてきたか。子供たちにどんな教育をしているのか(日教祖)。安保闘争前後の動きなど、写真や実録音声などで生々しい事実を知りました。 労組幹部時代には、全国の共産主義者名簿も提供を受け、社内の”赤”を把握し、(手法は極秘です)各種訴訟と対峙してきました。 あくまでも民間会社ですよ。念のため。 思想・仕事の話はこのくらいですが、銃に関しては、海外に撃ちに行ったこともありますし、日本でオリンピックが開催されるなら、今からでもチャレンジしたいし。日頃はモデルガン・エアガンで十分楽しいし。 タクレットもタクレーヌもG26用もタイニーポーチも買ってしまうミーハーですが、日々楽しいですよ。 昨年、体調がすぐれず、いろんな病院を回って最後に会社の紹介の精神科に行きました。 「私、流行のソフト欝ではないですか?」と入社以来の経歴や就業時間のメモを持っていきました。精神科の医者いわく。「私も医者の端くれ。カルテにあなたの症状を書かなくてはけない。あなたの病名は言うなれば、”神経質”です。二度と来ないでください。お帰りください。ご健康です。」と言われました。 その時、本当の”鬱”とは何か、どんなものかを聞きました。組合時代に社員の20%は鬱であると、メンタルヘルスについても学んでいたのですが、いろいろ意識が深まりました。 何度も言いますがただのサラリーマンです。南極や硫黄島の出張がある会社ですが。そうそう第一次湾岸戦争後んじょペルシャ湾機雷除去の支援にもいきましたねぇ。プルトニウム輸送船にグリーンピースがぶつかってきた時も、潜水艦から見てましたし。。。楽しい、苦しい出長もありますが、、、、 こんな私も市様だけでなく、軍神みやじまさんの写真集を買ってるので、みなさんと近いものを感じていただけると幸いですぅ。。。

市より、
は〜い(。◠‿◠。)
今日は表紙を一枚だけ撮る仕事でしたので
ついでに南京陥落の部分を複写しました〜

たまには日本軍の姿を観て戦時に
想いを馳せ、今の幸せを噛み締めるのって
いいですよね〜◠‿◠ϡ
  


Posted by 市 at 06:56Comments(5)語りのプラザ

2012年09月12日

りちょうの焼き物

市 (2012年09月12日 04:04) │Comments(2)語りのプラザ






三十郎さん、
これが「お気になりの(^^)」トックリです。
李朝の三島象嵌(みしまぞうがん)だと
想います。
よごれがあり難もありの安いモノです。

ただ完品でないだけに日常で使いやすく
そのふっくらとした佇まいには暖かさと
優しさを感じます。
それにしても、この美意識の研ぎ澄まし
はいったいなんなのだろうと、悔しい
気持ちにもなります。このトックリの前
ではワシのフォトなんてドンクサイので
いやんなっちゃいますよ〜(-。-;)

あ、いけない
サカズキを写すのを忘れました ^_^;

良い陶磁器って すっごい美人に対面した
ようにドキドキするんですよね〜(^_^)
ちゅうか、ワシは美人の前ではヘーキ
なのですが、美しい陶器を触ると鼓動が
上がるのですよ。

でも、この世界を覗いてしまうと魔道の
ようでアブナイため牛*のを慎んでいます。

筆者注*(牛→カウ→買う)(*^^)v

またいずれ、他のモノも観ていただき
ますね〜!(^^)!  


Posted by 市 at 04:04Comments(2)語りのプラザ