最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2012年09月06日

夢は不条理ですね

市 (2012年09月06日 13:07) │Comments(2)語りのプラザ


夢って不条理で現実離れしていて
とんでもない事なのにちゃんと納得したり
想像したことさえない風景にでくわしたり、、
意識下の世界のようなものが観えたりと
ミステリアスですよね

今日はちょっと忙しく
たくさんのコメをいただきましたが
お返しができずのいけずです

あ、これは
モノレイクの夕景ですよ

ではお先にグンナイzzz

  


Posted by 市 at 13:07Comments(2)語りのプラザ

2012年09月06日

小雪さんに・・・

市 (2012年09月06日 03:35) │Comments(1)語りのプラザ


小雪さん
わし クラスィックが大好きですが
古い唱歌も とても好きなんです

この「浜千鳥」は中学のとき鹿児島でよく
唄っていましたよ

子供ながら 詩人たちの表現力におどろきを
感じていたのです

とくに「椰子の実」には高校になっても
深い感銘を受けていました

「実をとりて 胸にあつれば
あらたなり流離のうれい」

とくにこの部分には涙しました
そして今もときどき・・・(•̥̀  ̫ •̥́)

落ちている椰子の実を抱き
自分のさすらいの身に重ねる
そしてそこから「りゅうりのうれい」という
美しい言葉を創るなんて なんと素晴らしい
ことだろう幾度も想いましたよ

こどもたちに歌詞の意味をよく説明して
一緒に唄ってあげてくださいね

わしが言葉を咀嚼しませうと皆さんに
訴えるのは感動を得てもらいたいから
なんですよ

猫に小判では人生が
もったいないですからね〜(・・;)

皆さん わしは とても弱いから強いのですよ
その落差からチカラを得るのです

これを覚えておいてくださいね

  


Posted by 市 at 03:35Comments(1)語りのプラザ

2012年09月06日

森羅万象

市 (2012年09月06日 02:44) │Comments(6)語りのプラザ

これはホキマ射場から観る夕日です。
つまり西の方角、、向こう側には懐かしい日本
があります。
ワッシは夕日を眺めるとき、その美しさと
寂しさに感動せずにはいられないのです。


そして、これはホキマから観る月の出です。
ワッシは月の光を浴びると神と逢えるような
聖なる気持ちになります。

我が家はオンボロですが、、
朝日と夕日、月の出と月の入り、
この両方X2が観られるのです。
これは心の財産だと想っています。

としをとるにつれて「しんらばんしょう」と
いう言葉が心の中で輝きをはなつように
なってきました。
その気持ちをこめていろいろな風景を撮って
います。

「さすがプロ」なんてコメントしてもらえる
となんだか嬉しくて、またサーヴィスし
ちゃいましたよ〜(⊹^◡^)♪
  


Posted by 市 at 02:44Comments(6)語りのプラザ

2012年09月06日

対人狙撃銃

市 (2012年09月06日 01:19) │Comments(12)てっぽ




「対人狙撃銃」って変な呼び方だと想うの
はワッシだけでござんすかね〜??

ハンティングライフルやスポーターなんて
のもありますがスナイパー ライフルと
いえば対人とソーバが決まっているわけで。

でもまあCQBを「閉所戦闘」みたいに言う
自衛隊ですし、まあどうでもいいのです。

でね、M24という銃は元々「対物撃ち用」
のライフルにスコープを載っけただけ
だという気がするのですよね〜

バレルの先っぽの上にフロントサイトの
台座らしきものがあるではありませんか?
アレは競技用サイトのナレノハテだと
感じるのはワッシだけでござんすかね〜?

それで米陸軍はイヤンなって放棄し
自衛隊がアリガタク高値で買ったという
気がしていますね〜(@_@;)市

公務員さんと銃の命中精度についてお話をしたことがありました。 そのときのお話の中でとても不思議に思ったことがありました 「命中精度なんてあまり気にしない。 シャワーのように銃弾をばらまける銃が欲しい、そうすれば照準を気にしなくてよい。」 私は、 「百発百中の砲一門は百発一中の砲百門に勝る」 などと難しい議論をするつもりは毛頭ありませんでしたが、公務員さんたちが年間に何発も打たない訓練でよしと考える根底には、そのような考えがあるのだと感じました。
gundog

市より
パラシュートで降下しながらシャワーの
ように撃つために89式のセレクターは
いきなりフルオートにしたのだと富士学校
で聞きましたよ。
しかし敵が下で待ち構えていたら
そんなことしても狙い撃ちされますし
89をムキダシで両手に持って降下する
のも非現実的な気がしますね〜

で、市街地戦闘では敵味方が入り乱れ
ますし、民間人もいるわけですから
特別な場合を除いてフルオートは禁物
ですよ。
M4訓練でも、イッパツ必殺を心がけて
練習するのですよね。

一撃必殺でないとイケナイという教官が
圧倒的に多い中で最もウルサイのが
ポウル ハウです。
モガデシューのあの烈しい撃ち合いでも
ワンブロックを歩くときの平均発射数は
たったの5発、これで5人をヒットしたとい
うわけです。
でないとタマが持ちませんしね。
なのでポウルハウ訓練は延々と走らせ
ながら1発、そしてまた走って1発撃つ、
という内容なのですよ。

バコバコバコ撃ってはマグチェンジ、
そしてまたバコバコバコというのは
基礎訓練としてやってもいいし
やらなくてもいいと想うのですよね。

でも実際の戦闘では近くに敵がいるのに
タマ切れさせるのは自殺行為ですから、、

ともあれ、実銃は50mも離れた所から
フルオートで撃つとゼーンゼン当たりま
せんよ。
エアガンとはまったく違うのですね。

だいたい
マグレ当たりに頼るのは本当の兵士では
ないわけですしね〜(>_<)

狙撃力のある兵士、それとミニガンや
ロケットなどによるエアサポート、、
この確立が大切のようですよ。









  


Posted by 市 at 01:19Comments(12)てっぽ