最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2012年08月26日

事故に遭いました

市 (2012年08月26日 04:03) │Comments(17)語りのプラザ


ケンシロウをスタンフォード大学に
つれていきました。
この有名大学はウチから4時間ほどの
ところにあります。

「おおう、さすが〜英才教育ですね?」
いえいえまったく違うんです。
本人が学習が得意で奨学金をとれる
くらいでしたら大学にやりますが、
そうでなかったら手に職をつける方向
で教育したいです。

子供達はまあ、しっかり独立して
テッポを撃てて日本車は高くて
買えなくても安いフォードにでも
乗れるようになればイイというのが
ワシの考えなのです。

してそのココロは、、(^^)いいですか?

「ズダンフォード」
\(^O^)/\(^O^)/\(^O^)/

おほん・・・すみません(^_^;)

で、じつはケンシロウのアトピーが
ひどくてひどくて身体中の皮膚が
ガラパゴスの岩肌のようになってしまい
ローコの医者もオテアゲなのです。
こーなったらテッテ的に頑張ろうと
決めて二段階攻撃作戦を立てました。

① スタンフォード大学病院で診察。
②日本にしばらく移り住んででも
 専門医にかかる。

というわけなんです。
その帰りですよ。ナナリンが運転して
おり、フリーウエイが混んでおり、
前の車列が停まった瞬間に
きゃきゃきゃきゃぎゃ〜!!!!!
と派手なスキッド音がして

ガシィ〜んんん!!!

ランクルに異常なショックがあり
後部が一瞬浮きましたよ。

で、降りて見るとコレ、
このとおりです(@_@;)

ホンダの小さなスポーツカーが
このように(゜◇゜)ガーン

ランクルの後部にもぐったのです。

で、ランクルはといえば
無傷、、、そうバンパーの下側の
塗装が少し剥げているだけで
あとはタイヤを吊っているチェーンが
緩んでいたので締めたら元通りに。

相手は19才の真面目そうな青年。
平謝りでした。

「君ね、ワシの方は修理しないですむ
ので、君はなんとか自分のクルマを
自力で直せないかな?」

と、ワシは提案しました。
19才という若さで追突、、アメリカで
これは免許に傷が付き、わるいことに
保険屋が解約を要求してくるか、
ものすごく値上げをしてくるかのどっち
かなんですよ。

保険を使わずにそこらの板金屋さんの
見習いに週末のバイトでブッタタイテ
もらえば安くあがりますから、
けっきょく将来的にそっちのほうが
安上がりなんです。

「え、この事故はなかったことにして
もらえるのですか?」
わりと好青年だった追突者はホッとして
いましたよ。

で、子供達は何もしらずに車内で
スヤスヤと寝たままで、あの衝撃で
起きもしませんでした。

イチオー、彼の免許と保険を写して
お別れしました。

“ランクルじゃなかったら大変だった
かもね〜”
とワシはナナリンに言いました。

“そうね〜、プリウスだったら後が
壊れてたわね〜”

“ムチウチになって一家で病院行きに
なった可能性もあるね〜”

“やっぱガソリン代がかかっても
ランクルのほうがいいのかしらね?”

“我が家は通勤もしないし、遠出も
少ないのだからこのままがよさそうだね”

というわけでプリウスの導入が
見直されるという事故でしたよ。

で、さすがスタンフォード、、
湿った服を着せて寝かせろだとか
ステロイドは初めに強く、じょじょに
減らしてゼロにするといった治療方法
でケンシロウは見る間に皮膚が蘇生し
今までけっして汗が出なかったのに
走ると身体中から汗が出ています。

まだ始まったばかりの治療ですが
希望が見えていますよ。
ただ、ステロイドはイケナイという
意見はハゲシクくて、、、
しかしホッておくと身体中のカユミで
人格が悪くなるかもしれませんしね〜

子供がもがくのを見るのはとても
ツライことですしね〜(>_<)

  


Posted by 市 at 04:03Comments(17)語りのプラザ