最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2012年03月30日

ロウプロのマネキュエイター 笑

市 (2012年03月30日 22:29) │Comments(2)タフプロダクツ

今日SATマガジンを購入いたしました。私の住む北海道は発売日が2日遅れるんですよね~。待ち遠しかったです。CCWの記事で各銃の解説をされる部分は、過去のイチローさんの記事が凝縮されているようで面白かったです。「ああ、これはあの時の記事の話だな」とか思い出して、ちょっと懐かしかったり。記事の最後の最後では「ええ~!?そうなの~!?」とひっくり返ってしまいましたが(笑)。 イヴァキュエイターの記事に名前の出ていたロープロのバッグ、いいですよね。私も幾つか持っております。ロープロのバッグが使いやすいというのは、違うメーカーのバッグを買ってみて改めて気づきました。ちなみにその違うメーカーと言うのは三脚で有名なマンフロットで、最近ここから出たカメラバッグがカッコよくて買ってみたのですが、その使い勝手の悪さにちょっとガックリしました・・・。やっぱり見た目だけ良いというのでは問題ですね~。使い勝手ではロープロの方が上に感じました。そのロープロをモデルにされているイヴァキュエイターの使い勝手はとても安心できそうです(笑)。今後の改良の様子も楽しみにしております。
GI


GIさん、よくロウプロをご存じで(*_*)

食料品と水ボトル、拳銃とタマ、、
だいたい20kgほどでテストしています。
時間がなくて1回に10kmほどの行進です
けれどね(^_^;)

ロウプロが好きなのでコピーしたはイイの
ですが、大切な事を忘れていたのですよ。
(^_^;
だいたいにアメリカで売っているリュック
類はアメリカ人のサイズに合わせてあるの
が多く、ベルトやストラップ類の調整で
めいっぱい短くしてもまだ足りずユルメで
背負うことになるのですよ(;O;)

着るモノはややラージ気味でもカンフィー
ですが、リュックはピタッと身体に
フィットするよう調整できないとツライ
ものがありますよね。

以前のプロトはM4がスポリとサイドポッケ
に収まりましたが、今度のは狙撃拳銃を
入れることにしました。
数秒で抜いて撃てるようになっていますよ
(^-^)

世の中にはすごく愚かな人がいて
ポッケにケルテックを突っ込んでみたら
「雨の日には濡れるだないか〜」
などと言い、その思考力の無さに驚いた
のですがね(^。^)

開発には解決してゆく優先順位という
ものがあることを想像すらできないらしく
情けないですよん(v_v)

ともあれ
時間を作っては イヴァキュエイターを
背負って歩いています。

そして感じたことは、
「避難力はリュックの出来不出来などより
も 本人と家族の体力錬成にかかっている」

というものですね〜(^_^;)
皆さんも身体を強く保ちましょうね(^-^)/






  


Posted by 市 at 22:29Comments(2)タフプロダクツ

2012年03月30日

警察署内で狙撃銃を撃つ!!

市 (2012年03月30日 13:48) │Comments(6)訓練

仲良しジェイソンはロサンジェルスの
アーケディアPDのSWAT隊長であり
オフィサー訓練の責任者でもあり
コルト社とは深い関係にあり
開発アドヴァイサーもやっているのです。

今回は、新しいアッパーが届いてテストを
するから立ち会い 撮影もして記事にも
しようというわけなんです。
で、明日から狙撃スクールに行くの
で 署の室内射場で二人でバッシュン
バッシュンと撃ってみました。
7.62mmにサプレッサーを着けると
信じられないほど静かにはなります、
でも室内だと やはりけっこうウルサイので
イヤマフはかけたほうがいいですよ。

ジェイソンが撮ってくれたフォトは暗くて
全容が判らないのでアップしちゃい
ますね〜(^_^)

“しかしこれ、レイルが短かすぎるね〜
ダメダね〜・・・”
なんてワシは文句つけています。
ジェイソンもまったくだ〜なんてシブイ
顔をしています。
それはともかく撃ち心地のよいこと♪市

>あーイケマセン。「狙撃」っちゅー単語にミョーに反応して、タンゴでも踊りそうな感じ…ワンタンゴダウン!(意味不明) 昔々、Ichiroさんが月刊GUN誌で紹介された「スナイパー フロム シカゴ」、そう、あのFBIのイケメンスナイパーのデイブ・ウェバーの記事(ってゆーか、主役はRemのM700のバーミントライフルでしたが)は、当時あまり好きでは無かったフォーティファイブを一目見て大好きにさせたボブチャウの記事と同じく、穴が開くほど何度も観て、読んでおりました。 気温が15℃上がると200ヤード先では1インチ(2.54cm)上に着弾するとか、メッシュのベールを被せてカモフラージュするとか…当時の中学生(小学生だったかな?)の私にはとてもイクサイティンな内容でした。またウェバー氏がホントにシブイ!私も生まれ変わったら、こんなクールなナイスガイに絶対なりたいと思ってましたよ、ハイ。 ウェバー氏は、最初期のHRTに絶対関わってますよね。狙撃班の練成とか、ひょっとして現役だったとか…いや、返事は要りません。Iciroさんにとってはこれも守秘事項だろうし、ま、聞かなくても私には分かることなんですよ、うん。(←観念的) 今度、是非ウェバー氏の近況をお知らせ下さい。お願いすますた。 お題とは微妙にずれた内容のコメになりますた。Ichiroさん、皆さんごめんなすって。 Mongoose

ソゲキ♪ソゲキ、そっげっき〜\(^O^)/
狙撃の心は父心〜っと(^^)

ちょっとまたウマラヤシガラセちゃい
ましたかね〜(^_^;)
ウェバーさんは、数年前はペンデルトンに
出向していまして、何をやっていたかは
詳しく聞くわけにはいきませんでしたが
マリーンスナイパーの訓練を一緒に見学し

“バイポッドという便利なものがあるのに
無理して使わないのはいかがなものか!”

と厳しく諭していまして、ワシもそーだ
そーだと頷きまくり、、、

そしてその後から海兵狙撃隊はバイポッド
もトライポッドずんずん導入しましたね〜

そのときFBIのパッチをくれて、その後は
互いに連絡が途絶えています。

もうリタイヤしたのではないですかね〜
(^_^;

いや〜、まったく
素晴らしい男ですよ 彼は〜!!
ワッシの狙撃の1番師匠ですしね(。◠‿◠。)  


Posted by 市 at 13:48Comments(6)訓練