最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2012年03月18日

村の射撃屋

市 (2012年03月18日 23:20) │Comments(3)訓練


おはばんよん♪
金曜日から火曜日までの拘束で撮影を
しています。朝の射撃も夕方の散歩も
いっさいできません(; ;)

これは先週の男根、、じゃなくて弾痕な
のですがひどく散っていますね(^_^;

25ヤードからドロウして6秒間に3発、
これを8回繰り返すというコースを
延々とやっているのですよ。

ちょっと気が散るとコレなんです(@_@;)
ヘタになったもんだと感震(^^)しますよ。


でもですね、
ときとして無我の境地にはいって
強く逞しく撃てることがあり、そーなると
このよーにバシーンと一流クラスの結果
が出るのですよ。
24発の美事なグルーピングですね〜(^_^)

こんなように撃てることは10回に1回で
しょうか、、あとはどこかでバンッと外を
撃ってしまいます。

心の集中が乱れるために、身体が銃の反動
を怖れ、トゥリガーを引く前にビクッと
銃口を振ってしまうのですよ。

心と技が離れるわけですね。
自分にある技を引き出すのは心であり
心のあり方しだいで技はどうにでも
コントロールできるのではないかと想う
のですよね。

どうもワシには集中にムラがあり、
これがビアンキカップの成績を落として
いる原因なのです。

若い頃は、もっと自分に対して怒ったもの
ですが、このごろノホホンとしていて
射撃に対してハングリーではないのです。

駆け出しのころは、
「ワシは射撃が上手くなり、この存在を
アメリカ人どもに見せつけてやって
見返してやるんじゃ〜」
といった気迫がありましたよ。

でも、ビアンキカップ8位に入ったあと
射撃が上手いということと 他人から
尊敬されるということとは無関係なのだと
気がつき、そこらから鬼気迫るような練習
ができなくなってきたのです。

自分は見返したとしても、世間はまったく
見返されてなどいないのですよね(^◇^)

いわば射撃は自分を鍛えるための趣味の場
として、自主トレの一部になったのです。

なので今は昔のように当たらなくても
落胆しないし悔しがらないし自分を責める
こともなくなったわけで、、これが2流の
シューターになった原因なのです。

このことについてはもっと長く書かないと
説明しきれませんが、まあだいたいそう
いったことなのですよ。

しかし、ムーヴァーをクリーンするという
夢は決して捨ててはいません。
ただ心に負担をかけるような練習はできず
そのためにムラがあるわけですよ。

以上、ムラからのリポートでした(^o^)





  


Posted by 市 at 23:20Comments(3)訓練

2012年03月18日

なつかしのピッツバーグ

市 (2012年03月18日 00:05) │Comments(3)語りのプラザ
はじめまして。イチローさん。 書き込みをするのは初めてですが、お会いしたことは何度があります。ホントのはじめては20年以上前のピッツバーグでした。ヒカルさんやヒロさんに連れていってもらい、遊んでいただきました。 私が今一番読みたい本は、イチローさんの半生記です。 70年代後半。これまでのGUN記事とは違う切り口で我々を魅了したレポート。その中にちりばめられた米国の生活やフェアな考え方。 イチローさんのそんな文章が、自分の歴史の中で指標として残っている人は結構いるんじゃないでしょうか。 なんでそんなメンドクサイことを、とお思いになるかもしれませんが、銃器趣味というある一つの世界で第一人者の一人であることは間違いないのですし、これまでも多くの思想を発信してきてるのですから、その責任があると思いますよ。大げさかな。 もうそろそろ良いおトシだし、準備はじめてくださいよ。ご本人にその時間がなかったら、トモさんあたりが書くことになるのかな。 勝手なこと書いて申し訳ありません。これもネットならではかと。
ヤマハの単コロ

ピッツバーグ時代には いろいろな読者の
人たちと会う機会がありましたね〜(^_^)

あるとき、日本人がゴロゴロ集まってきて
楽しく撃ち続け、休憩になっても
誰もタバコを吸わないので
“君たちはどうしてタバコ吸わないの?”
と聞いたら、皆驚いた顔でワシをキッと
見てこう言いましたよ

“タバコなんか吸うな、とイチローさんが
書いたじゃないですか〜(`_´)”

あのときはビックリしましたよ(^_^;)
皆が読者だったなんて想いもしません
でしたからね〜(^^)

また、あるときは、、
 
“おまえらほんとに頑張って撃つんだな
どうしてそんなに熱心になれるんだ?”

すると、
“自分はいつも何かに熱くなっていたい、
と書いたじゃないですか〜(`ヘ´)”

ワシは自分が熱くなるタイプなので
そう書いただけなのに、記事を読んだ人
までが熱くなるなんて想像もして
いなかったのですよ。

でもまあ、男にとってテッポの魅力は
たまらないものがありますからね〜

ともあれ、
ピッツバーグ時代のワシは青くてバカで
元気もあり、後も横も見ることなく
前だけを見て猪突盲信(^^)してました。

今は元気が衰えてもバカなままで
チョトズツ盲進しています(^o^)

あのとき会った柔道家の人はどうして
いるのかと、たまに案じていますよが
まさかヤマハ単コロさんがあの人なので
はないのでしようね?

> 私が今一番読みたい本は、
イチローさんの半生記です。

う〜ん、、どうもこれは気が乗らないの
ですよね〜
無味乾燥なサクセス ストーリーになりそう
なのですよん・・・。

ただタクティカルライフとして自分の
人生から切り抜きながら、どういう
態度で生きると高みに上れるかは
書けると想い、人生の教科書として
著していきたいと想っているのですよ。

でもタクティカルライフへの読者の反応
はあまり聞こえてこないので、どうも
今の享楽的な日本では受け容れられない
ようで書く気を失っています(;O;)

やはり聞いてもらえないことには
熱くなれませんしね(^_^;)

でも、69才になった爺が書くことは
読み手も69才にならないと見えない
風景があり、反応を期待せずに書けば
いいのだとも想います。

それと、子育てにも時間を分けたい
のですよね。
自分の子供も満足に育てられなくて
なにをえらそーに、、みたいな気持ちが
つよいのですよ(^_^;

というわけで、時間ができたら
タクティカルライフをまた書きますから
それで許してくださいな。市

皆さんの意見を興味深く拝見させていただいております 自分なりの結論として 今の日本人に圧倒的に欠如しているのがマインドセット、気構え ではないかと現職の志ある後輩諸兄姉のもつ気構えと 愚昧な患部の妄執にも見える思い込み この隔たりは埋まる事の無いように思うと悲しくなります
圭太

マインドセットが大切なことはなんとなく
解ってきた人がいるようですね、、でも
マインドセットとはどういうことか?
不動心とはどういうことか? について
よく解っている人はきわめて少ないかと
想われます。
たとえば、ワシはが不治の病にかかったり
モーロクしてきたとか家族の足手まといに
なる時がきたら自決すると書いて
それはイケナイと反応する人は
マインドセットという言葉を理解して
いない人なのですよ。

(^(Ξ)^)さんからは
「すでに耄碌しているから消えろよ」と
いうコメントをいただいていますが、
まだしっかりと働いてオカネを稼いでいる
のですから、それはオユルシを(^_^;)

それより若モーロクが増えているので
気をつけましょうね(^。^)
自意識過剰はその兆候ですからね(^o^)

ここで朝のジョークを、、

ワシはモーロクなどしとらんぞ、、
ところで今 何時だ?
ああ! もう6爺だぁ〜(^◇^;)

ははは、くだらん・・・
くだらんが笑える はははは

では行きま〜す。。。


  


Posted by 市 at 00:05Comments(3)語りのプラザ