最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2011年08月31日

練時バッグ

市 (2011年08月31日 22:51) │Comments(6)


おはばんにゃん♪
いつも犬なので今朝はネコなんですにゃん
(^_^)

さてさて スティル チャレンジには
ステイジバッグで事足りるわけなんです
が レンジバッグの大容量はミリョクボサツ
なんですね〜

なにしろ予備テッポも入るし外側パウチ
にはイヤープロテクターがスッポリと
入るんですよね〜

それとマグパウチが内蔵されているので
このよーにズィッパーを開くと
キレイキレイなマグが現れるんですよん

スティルチャではマグを腰につけず
いちいちバッグから取り出して使いたいと
いうシューターも多く
たしかにズッシリと重いナマリ弾を腰に
装着するよりは軽快感があります

タクティカル的にはオモロクないのですが
これはスポーツ射撃なんですし
高速マグチェンジの必要ナシなので・・・

で ビアンキカップでは伏せ撃ちがあり
こんときもマグを外しておくと快適なんです♪

名を呼ばれて
スティルチャのステイジに立ちます
まずはサイドポケのズィッパーを開きます
続いてテッポの入っているとこのズィッパー
を開きテッポをスッとホルスに移します

ガガ ガガガッ
と五回のストリングを撃ちます

タマを抜きテッポを戻します
ふたつのズィッパーをススッと閉じます
これでテッポもタマも砂塵から
カンペキぺキネンシスに護られます(^^)

サンキュー!
とROと握手を交わして引っ込みます

エアガンにはない砂塵対策の状景です

なにしろ砂塵ゆえにデルタボウイは
1911からグロックに替えましたからね〜
1911のハンマーの根本に砂がたまって
発射できなくなるわけなんですよね〜

砂風で身体も手もバッグもシャリシャリに
なっているときズィッパーを開けると
テッポとマグがピカピカのスベスベだと
すごーい安心感があるんですよん♪

以下はコメント欄からで〜す

おーちゃんです。 こんばんにゃ~
 久しぶりのレンジバックですね。
・・・・と言っても先日、横浜PCMで
イチローガン団のお身内衆がお持ちに
なっていましたので拝見させて頂きました。
先日、モリケンジィジの故郷越後は
春日山に行った時、ステイジバック、
リュクサックの大小と3個持って、電車で
行ってきました。ステイジバックがもう
少し大きければと思いながら・・・・。
このレンジバックならあとリュックサック
とで良いのではないかと。
早く出て鯉と待ってる おーちゃんでした。

市で〜す
あっ ここにもネコが!(^_^)

でもこれとリュックだとまるで終戦後の
コメの買い出しみたいで官憲によって
没収されるかも 笑い
いや〜 ほんと今は良い時代ですよね〜
レンジバッグ濃い恋いと待っててくれる
オーチャンは嬉しい存在です
タフプロは混み合っていますが
なんとかクリスマス前には少数でも出し
たいですよん_(._.)_


byピーター
これは、また~^^
天然の迷彩塗装ですか?ww レンジバッグ
も欲しいですね~ ステイジバッグは持って
ますが、 欲しいです。
あと、狙うはチェストリグにスリングです。
お休みなさいzzz

マリポ射場は草があるので
大したことないですが
パイルーは裸の荒野みたいで
砂がスゴイで砂〜(^◇^)なんですよね〜

チェストリグとスリングは少数ですが日本に
先日送られましたよん
ショップに問い合わせてみてください
もし発見できなかったらここで知らせて
もらえますか?
スリングはちと重たいカモーン(^^)
チェストリグには弾倉に高低差を設け
抜きやすくしてありますよん♪
凝り性ピーター君の批評を聞きたいですん

あれれ?
今朝もフォトをアップできません(@_@;)
あとでまたトライします













  


Posted by 市 at 22:51Comments(6)

2011年08月31日

シャバーテスト

市 (2011年08月31日 13:37) │Comments(3)


今年のスティル チャレンジもよく風が吹き
涼しかったのですが砂塵もよく吹きました

なのでレンジバッグにとって格好な
本番テストの舞台でもありました

シャバーテストというのはタフプロ製品を
娑婆でテストすることを指すのだと
永田広辞林苑にありますが(^_-)USO
これこそまさに
砂場ーテストというわけです(^○^)

あはい、バカこいてないで寝ま〜す
21:30(-_-)zzz

  


Posted by 市 at 13:37Comments(3)

2011年08月31日

イヴァキュエイター

市 (2011年08月31日 00:43) │Comments(9)


おはばんわ〜ん♪
これは 開発中の避難用バッグです。

避難はエーゴで「イヴァキュエイト」
といいます。スペルはevacuateです。

ここからとって「イヴァキュエイター」と
いうコードネイムをつけています。

日本では「イバキュエーター」に変えられ
でしょうけど、まあそういう慣習なので
さからいません(^_-)-☆

初めのイヴァキュエイターはかなり大きな
ものでしたが、今回は小柄にしました。

小柄というのは「旅行カバンサイズ」です。
預け入れ荷物の規定に合ったサイズ、、
というわけです。

あるときハッと想いました。
避難することを想定すると、
どこに向かうのかと考えます。

「エアポートに向かい、
そこから飛んで離脱する」

こういう可能性もけっこうあるのでは?

で、そのときにサイズが大きすぎたら
預かってもらえない、、
またはすごい超過料金ではないかと。

カウンターで聞いてみたところ、
「サイズ過多だと預からない、
けど多少は大目にみる」
と言ってました。

それと、
避難バッグと限定すると、それが活躍する
のは一生に一度か二度だけといったもので
あり、それよか大きな旅行とか出張でも
普通の旅行カバンとして使えるほうが
生活が楽しくなるのではないかと考え
たのですよん。

こういったカバンって通常生活のなかで
使うことで慣れることができ、イザという
ときに迷うことなく自然に使える、、
と想うわけです。

そういうわけで、一般の旅行で使えるという
サイズに変更しました。

ここはナイツ社の撮影ストゥディオです。
イヴァキュエイターに撮影機材や食品や
着替えその他を詰めこんで持ち込みました。

まだぜんぜん完成度は低いのですが、
こういった場景の中に置いても普通の
旅行カバンより違和感なく雰囲気に溶け
込んでいると感じました。

ナイツ副社長を含む撮影スタッフの前で
使い方をデモってみせたところ、
皆から素晴らしいという賛辞を
いただきました。

スティル チャレンジに来た日本人
メンバーに見せたところ、やはり
感動してくれました。

マックサカイはどんなに高くても買う、、
とその場で予約を入れてくれました。

大げさな〜ですって?・・・

このオイラがフツーなモノを作るなんて
まだ想っているアナタ、、そしてアタナ、、
そーだ 君もだぁっ! (^◇^)

この感動をよぶ秘密のギミック!!・・・

ご期待くださ〜い\(^O^)/

でも他の仕事で忙しく、
なかなかサンディエゴに行けなくて次の
プロトにかかれないでいるんですよん
とほほほ・・・(;O;)






  


Posted by 市 at 00:43Comments(9)