最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド
※カテゴリー別のRSSです

2017年03月07日

ムーヴァーフルコース動画

市 (2017年03月07日 15:32) │Comments(7)ビアンキカップ




君がニック射場に来たとします。
したらイチ兄さんが練習していたのです。
そこで君はテントの中で
その市部始終を眺めていた・・・

・・・という視点で録画してみましたよ(^^)

https://www.youtube.com/watch?v=6gNX3cBy-m4  


Posted by 市 at 15:32Comments(7)ビアンキカップ

2017年03月06日

一勝出来

市 (2017年03月06日 04:27) │Comments(6)ビアンキカップ

昨日の気温は20℃・・・
ウララカな良い天気でした。


これは初回の成績です。
あいかわらず5点射の名手(×_×)
(影で見にくいですが)
自分がイヤにならない・・・
というとウソになりますよ、もう…>_<…


これは15ydからの48発。
なんとかクリーン、
でも質の良くないクリーンです。
けど、減点はないので
明るく受け止めるべきか・・・

とはいえ技術不足が目の前で証明されて
いるのですから「勝てる!!」だの
「オレはやれる!!」だのといった
空自信など持つのが虚しく(^_^;

昨日の練習メニューはこうでした・・・
1 フルコース
2 15yd 48発
3 25yd 48発
4 フルコース
5 15yd 48発
6 25yd 48発
7 フルコース

フルコースは3回だけ、
あとは苦手なステイジをモクモクと
つづけるというものです。

さて、15と25ydをラリーのように
消化したあと、二度目のフルコース
にトライしました。
すると10ydから荒れ模様で
かろうじて10点圏をキープ・・・

リラックスしすぎても
緊張しすぎてもミスが出る、
というところでは射撃も同じなの
ですが、このときは淡々と撃って
いるのに弾痕が散ってしまい
10ydでこれではアカンという
軽い失望感が・・・

モンダイなのは、キチンと撃って
いるのにどうして10ydという
ラクなステイジで上手くうてないの
かが解らないことなんです。

なので15ydではとても慎重に撃ち、
これが10ydよりもキレイに
ズボズボと入ったのです。

20ydは気持ちを仕切り直して
これまたテイネイに撃てました。
丁寧に撃つなんていうと
簡単そうに聞こえますが、
丁寧に撃てれば苦労せんわい(-_^:)アホ
てなもんなのです。

ターゲットが走る、
エックスリングを追う、
トゥリガーを引く、
銃口はターゲットの2mも上まで
跳ね上がる、
ダットがターゲットに戻るのを待って
黒丸を狙い、そしてトゥリガーを引く。
0.7秒おきにこれを3発・・・

「タン、タン、タン」
と、はたからみるとノンビリとした
テンポに見えます、が、
本人にとっては必死の闘いなのですよ。

25ydもよく狙えていました。
エックスがらみは少ないものの、
少なくとも5点は撃たないですんだ
という安堵感がありました。

「5点を撃たないようにしなさい」
これが永田コーチがイチローに出した
課題なのです。

「8点を撃つことを恐れるな、
ただし5点は撃つな」

まずはこの妥協点をクリアーすること
が目的となっているのです。

「クリーンなんて生涯なくてイイ、
ただし5点はゼロにせよ!!」

これが、今のイチローの目的です。

なので、フルコースで5点を撃たな
かった時はホッとします。

もちろんのことですが、
エックスリングを狙って
トゥリガーを引いた瞬間に
タマがどこらに着弾するかは
瞬時に知覚できるものなのです。
弾丸が5点を貫く前に
“しまったぁ〜(;O;)”
と心で叫ぶのですよね。
まあ慣れたらのハナシですけどね。

で・・・
5点の無いターゲットをチェック
しようと歩きます。
25ヤードからだと点数までは
見えないので、確認できる5m手前
ほどまで歩くのは一種のタノシミで。

よしよし、イイ感じだナ(^。^)
・・・(?_?) ヤヤヤ!!!
アレッ(◎-◎;)

ラインカットがやたらに多いが・・・
よく10点圏にからんでるな〜・・・
おう、ヒトツだけのハズレかぁ〜(^0^;)

おい、まてよ・・・
左下のこれ、ハズレかい?・・・

まあ、近年マレに観る
上出来じゃ(^o^)記念写真撮ろう(*^^)

うむむ・・・
しかしよく観るに・・・

これはラインカットしとらんか???

採点のルールでは、線に弾痕がタッチ
していれば IN・・・つまり10点なのです。
NRAのレンジオフィシャルである
ナガターノゼブラが鑑定するに
これはタッチだろうと・・・
よしテイプを剥がして確認じゃ。

うむ♪タッチしとる!!


よーし、タマを突っ込んでみよう、
ほら当たってるオシダー\(^O^)/

こうなると韓国のレフリーが
自国の選手に勝たせるための
暴挙とオンナジで
気持ちはよう解るネ(^◇^)

それはともかく、
ニック射場における公式ハッピョでは
『クリーン」でした(^◇^)\(^O^)/


恥ずかしい満点デス。
でも、去年の練習での満点は
でなかったとキオクしてるけど、
どうだったかなマロンパや(?_?)

ターゲットを観ながら
ナナ奥が持たせてくれた
甘いベゴと珈琲をば・・・∈^0^∋

そして、
ダウグがビアンキカップで初めて
ムーヴァーをクリーンした時のことを
想い出していました。
このようにラインカットがいくつか
あったのです・・・
それを観ながらダウグはコブシを
握りしめて目立たないように
喜びを表現していました。

市ニーサンも、これを大舞台で
再現したいと願っています。

で・・・
そして大切のは、クリーンした次の
ランです。
次にドンガラガッシャンでは
市ニーサンはかわゆすぎだにゃん (^◇^;)


して、これが次の成績でした。
うん♪ 5点がない(*^_^*)ヨシヨシ

しかし・・・・・・
次回の朝イチで5点ナシで
いけるのかどうか・・・???

これがコワクて今日は射場に
いけない・・・(@_@;)

というのはウソで、雨がザンザンと
降っており、WCSの試合だったのが
キャンセル・・・

日曜なので、子ども達と 
歌劇「カルメン」を観ていました♪

これから「ゴズィラ」を観ます(^o^)
アメリカの古いやつです。

マロンパや、
「シンゴジラ」を観たいゾヨ(∩.∩)

市(^-^)/




  


Posted by 市 at 04:27Comments(6)ビアンキカップ

2017年03月03日

ムーヴァー25yd 48発の動画デス

市 (2017年03月03日 00:04) │Comments(14)ビアンキカップ


自分の射撃姿勢などをを研究するには前から録るのが市番ですからね、そこで自録り脚を作ったわけなんです。
で、録ってみると自分の欠点がよく判るのでハズカスィーですわん(^◇^;)

“これなんて映像的にもなかなか面白いのだけどyoutubeに載せ方しらんしメンドクサイしね〜”

と、ケンシロウーに言ったら、

“ボクそんなのできるよぉ(^o^)”

“そーかー(゜◇゜)
じゃやってみてよ・・・”

そしてまかせたところ、音楽入れたりタイトル書いたりとイッチョマエにやるではありませんか
(@_@;)

それもiPhoneの中だけでやってしまいました
(*_*)


というわけで、ケンシロウの編集、
「MY DAD ICHIRO NAGATA」(私の父さん)の動画をお楽しみくださいな(^O^)/

https://www.youtube.com/watch?v=vV6gE9cP5Do  


2017年03月02日

動画載せたく候えば・・・

市 (2017年03月02日 03:20) │Comments(8)ビアンキカップ


ビアンキカップの練習風景を動画でアップしたいのですけどそうろうえば、どなたかアイフォンで録った動画を外付けハードに移す方法をおせーてたもれ!(^^)!
 市  


Posted by 市 at 03:20Comments(8)ビアンキカップ

2017年02月28日

124グレインの弾丸

市 (2017年02月28日 13:31) │Comments(5)ビアンキカップ

モンタナゴールドの124グレインという重めのブレットを試してみました。
左が124で右はいつも使う115グレイン。見かけはそっくりですが115は尻がへこんでいます。

124グレインを試す理由は、こっちのほうが撃ちやすいかもしれないからなんです。
ビアンキカップで規定しているパワーファクターは120で、これはタマのスピードx重量で算出されます。
軽くて速いタマか重くて遅いタマを選ぶ・・というわけですネ。

軽いタマは反動にシャープ感があり重いタマは鈍な感じになります。
いずれにしても慣れてしまえばどちらでもよいという気がしますけどね・・・
でも、ひょっとすると124グレインのほうが命中精度が高いのかもしれません。


ところが、、
25ydからT-16の練習機で撃つとXリングいっぱいという悪さ(◎-◎;)
ちょっと困りましたよ、、だって4千発入りの箱で買ったのですから(^_^;


115グレインですと、このとおりクセもなく・・・しまったな〜(;。;)


そこでナウリンにコンペを付けたらどうなるだろうかと想い、急いでクリーニングを・・・だって汚くて、まるで黒バレルかと想えるほどに
(^◇^;)


まあ、練習で25ydから撃つならなんとかなるかと・・・だってなんとかこのタマを使い切らないといけませんからね〜(@_@;)


久しぶりにナウリンにコンプを付けて撃ちましたが、やはりなかなか良いです♪


左の方に飛んでいるヤッキョーが写りました。アイフォンのセルフタイマーで運良く(^^)


ナウリンはT-16よりも軽いのでドロウが楽なのですよね(^-^)


ラストのフルコースはT-16で、、ありり?・・グルーピンは良いのに全体に下に・・・(?_?)銃なのかサイトなのか・・・

というわけで射撃そのものにはあまり集中できない日でしたよ^_^;


  


Posted by 市 at 13:31Comments(5)ビアンキカップ

2017年02月26日

前傾で攻めようと・・・

市 (2017年02月26日 16:29) │Comments(2)ビアンキカップ
はやる心を抑えながら

さっそく前傾姿勢で勝負。


ところが・・・
自分では前傾いっぱいのつもりが
いまひとつ・・・

“おいイチローさん、
ヨシさんみたいにやらんかいナ(`_´)・・・”
と、怒られそうです。

その心は
山下ぜんけい (^◇^)(^○^)

ヨシのフルネイム(^。^)(^_^)∈^0^∋


成績はこれデス。
5点は撃たなかったデス(^_^;


前傾に慣れるためには T-16でもかなり撃つ必要がある・・と感じたので戦闘機を温存しようと練習用スライド&バレルに交換します、、それとどちらも汚れがひどいのでクリーニングしました。

このあと、立て続けに撃ちまくりましたが、自分の思い描く射撃姿勢とフォトに映った姿勢とでは一致しないところがまずいと想っています。

何度でも言いますが、銃はきつく握ろうと柔らかく握ろうと、構えは前傾だろうと後傾だろうとかまわないのです、、ようするにトゥリガープルさえキレイならばそれだけで当たるものなのですよ。
ただ、前傾すると反動からのリカヴァリーが速くなるのは確かです、、なので連射に余裕がうまれるのです。
しかし、前傾になりすぎるとリキミが出やすくなるのでそこんところに気をつけなければなりません。

というわけで今年は前傾で攻めようという策がたちましたよ。Gunバリマース(^O^)/



  


Posted by 市 at 16:29Comments(2)ビアンキカップ

2017年02月26日

姿勢を正す

市 (2017年02月26日 01:34) │Comments(6)ビアンキカップ
14日目、

銃を抜いてターゲットを追尾するとき、うまく追えるときとそうでない時があります。
そこで自分のフォームを見ると、立ち方にやや力弱さがあるような・・・
これは日拳の構えながら、相手と対峙したときの構えなのです。
押しも引きもできるという柔軟な姿勢なのです。
それだけに積極性には欠けると。

そこで姿勢を変えてみました。

より前傾です。
これはパンチを送り込んだときの姿勢です。コブシにかかる圧力をパワフルに保つために後ろ足が伸び、打撃の反動を地面でツッパル、、というのが森師範の教えでした。

WCSではこの姿勢で撃っているのですが、ビアンキカップのような精度を重視する射撃ではカンフィーな構えのほうが身体に負担が少ない、という気がしていたのです。

でも、昨日、ラストにこれで撃ってみたら反動の戻りが明らかに速いことに気がつきました。

そこで、今日は体調維持と雑用があるので休まないとイケナイのですが、イテモタッテモイランナイ症候群にかかって心と身体が宙に浮いて落ち着かないので、これからウントコサ撃ってきます(∩.∩)

とりいそぎの市(^O^)/  


Posted by 市 at 01:34Comments(6)ビアンキカップ

2017年02月24日

全敗の日・・・

市 (2017年02月24日 23:41) │Comments(3)ビアンキカップ




天気が良くなりました♪

イチローは負けにこりることなく果敢に練習しています。



しかし、
あっちゃ〜(◎-◎;)・・・
5点がふたつ(;。;)

ワームアップされてない朝のフルコース、ここに自分の能力があらわれるわけでね〜・・・


自分の射撃姿勢を見ると、本能的に日拳の立ち方で撃っています。
大切なのは立ち方よりもトゥリガープルなのですが、トゥリガーを気持ち良く引くためには反動に耐えるバランスのとれた立ち方でないといけません。
今日のフォトは自作した「自撮り機」で撮っていますがフォームの研究に役立ちます♪・・・とはいえ、トゥリガーでしくじった瞬間というのは動画でも判りませんけどね(^_^;

今日の10yd48発は・・・

あかーん!!!
ハズしてしもうたよ(-_-;)

15ydは・・・

やはりダメ・・・( -_-)


20yd、最初の12発。
これは素晴らしい∈^0^∋
ところが後はダメでした。

25ydは・・・

やはり5点を撃った(>_<)


ここらでスライド&バレルを戦闘機に替えました。
上の2インチ角のターゲットは25ydからゼロ合わせをしたもので、下はフルコースの結果。


フタツ外し・・・おしい(^^)
しかしこんなグルーピンでクリーンするなんて恥ずかしいことで・・・

今季ここまでの練習で解ったことは、48発撃つと8発ほど良くないトゥリガープルが出るということです。

8発もかぁ〜・・・
先は永いなぁ・・・・・・

帰りにギャススタンドに寄ると

いきなり黒雲が広がって雪が降ってきました。

視界50mというかなりの雪です(゜◇゜)

でも、すぐにやみましたけどね。

さて、、朝です・・・
今日もいこうかな・・・

疲れていますけど、
手首も痛いけど、
がんばろうかな・・・

 無段の市(^-^)/
  


Posted by 市 at 23:41Comments(3)ビアンキカップ

2017年02月22日

ウィルスンのマグ

市 (2017年02月22日 14:57) │Comments(2)ビアンキカップ

ウィルスンの10連マグは スプリングフィールドの9連マグよりも長い←あたりまえだ(^o^)
けど、タマを10発こめると銃にインサートするのがキツクて困る。
なので9発が実用範囲と想われる。

で、ビアンキカップのバヤイは8発こめるのがよい・・・。

こうなるとウィルスンマグは魅力的に光る♪

装弾数が市目リョーゼンなのが良い♪

スプリングはスプリングフィールドのよりもヤヤ硬めで安心感もある。

ふと、今年のビアンキカップではコレを使ってみたいと想う。

しかし、ここでカネをかけるのはゼータクだと想う・・・
しかし、ゼータクでも欲しいモノはほしい(∩.∩)

だいたい、どうしてウィルスンマグがあるのだろう・・・?
飼うた覚えがないゾ(?_?)

おい、テチヤ・・・もしかしたらワシに貸したかい?

して、コレは1本イクラするもんだい?

あまり高いことゆーなよナ(^◇^)



  


Posted by 市 at 14:57Comments(2)ビアンキカップ

2017年02月22日

晴れ間に撃つ・・・

市 (2017年02月22日 14:27) │Comments(4)ビアンキカップ


晴れ間が出たので跳んで行って撃つ・・・

うう〜(>_<)
10&15ydで想わぬ失態 (;。;)
集中力が欠落していた。


朝イチは5点がフタツ・・・とほほほ



プラクティコォの10yd・・
3秒2発
4秒4発
ウィーク6発
イメイジどおりに撃てた(^^)

じつは10ydステイジは、毎日15ydから撃っているのです。
この5yd差は大きいです。
これでクリーンできるなら本番もコワクないのです♪

プレイトも10yd ステイジは15ydから6秒で撃っていて、これもクリーンでした。
けどムーヴァーがこれではアキマヘンわ(^_^;



さて、朝イチでミスった10yd・・・ま、ちょっと振りグセが見られますが48発クリーン♪


15ydも、まあなんとかクリーンかな・・・ところがね〜(@_@;)・・・なんとラストショットの48発目でドシッとハズしたのですよぉ(◎-◎;)


20yd・・・とくに進展ナシ(×_×)


25ydが終わると5点がフタツ・・・

難しいなぁ〜(-。-;)
今日は晴れたり降ったりで、風がつよく、風の日は撃ち始めると目が急速に乾いてつらいのですよん^_^;




フルコースの連続攻撃です。
うま味はあるのですが
ヘタ味はそれ以上あってね〜(^◇^)

でも元気は満々にあり、
夢中になって600発も撃ちましたよ (゜◇゜)

去年よりもムーヴァー退治にシツコクなっている自分を感じています(^-^)

右手首がかなり痛い市でした(^-^)/


  


Posted by 市 at 14:27Comments(4)ビアンキカップ

2017年02月21日

ウィークの世界♪

市 (2017年02月21日 02:44) │Comments(5)ビアンキカップ

はいぃ〜みなさん(^。^)/

ちびゆきさんの看過できないシツモンに応えて不肖イチローさんはわっざわざアイフォンのセルフタイマーでウィークハンドの解説をいたすこととなりました(^^)

まずドロウですが、右手でグリップ後端をつかんで抜き上げます。
左利きの人は左手でね。
以前はスコープをつかむというブライアンイーノス式でやっとりましたが、今はこっちです。




グリップの後ろを握る理由は、このようにウィークハンドにスイッチするときグリップ上部にスキマをつくるためで、これによりスムースなトランスファーができるわけです。
なお、タクティカル射撃のバヤイはこういうことはしません。ウィークハンドで抜くのはストロングハンドが使えなくなったときなので、なんとかしてウィークハンドで抜くわけです。なお、右手から左手にスイッチする場合は撃てる握り方のまま移動させます。

と ここまでは、ちびゆきさんの知識が正しいわけです。
つぎはワシの練習方法をセツメイいたしませうね。

ターゲットがクルッとまわってこっちを向いたら急いで銃を抜くわけですが、この瞬間にワシは声にだしてカウントするのです。

“イチ、ニィ、サンッ・・・”とね。
1は右手で抜く動作、
2はスイッチする動作、
3は左手を伸ばしながらセフティーを切るという動作です。
自分の動きにあわせてかけ声をかけてリズムをつくるのです。

“いっちにぃさん!!”
と元気よく正確に動くのです。

そしてサンッのつぎはダットを黒丸の上におきながらトゥリガーに指をかけて狙います。ここには時間をかけます。

“いっちにぃさん!!・・・いち!!”
と、ラストの“イチ” でトリガーを引くのですが、これにはかなりの練習が必要となり、とても楽しいチャレンジでもあります♪

どうして1,2,3・・・1と数えるのかといえば、1が初弾だからです。
このあとは撃つたびにタマ数を数える必要があります。
ですから、
“いっちにぃさん・・・いーちにぃーさん・・・いーちにぃーさん”
と2枚のターゲットに3発ずつ撃ち込むというわけです。

始めは素早く、狙いはゆっくり、射撃もゆっくりと撃ちます。
実弾のウィークハンドときたら拳銃はランパントコルトのように跳ねますから、ゆっくり狙わないと当てられないのです。
10ydの距離から4インチのターゲットを狙い撃ちするという全行程のタイムリミットは8秒・・・なかなか微妙にモノスゴク忙しく動かないとならないので楽しめますよ(^^)

で、時間割としては、初弾までのタイムは3秒、残りは0.8秒平均で撃ちます。もちろん3発目の後は6フィート離れたターゲットに移るので0.5秒くらいのエクストラタイムをとります。

8秒というタイムリミットは長いので、撃っている間に“そろそろターゲットが返りゃせんだろか〜(@_@;)” と心配がわき起こります、そのために撃ち急いでミスショットがバンバンでます。
(^◇^;)

ですから、とくに初弾を放つときに自分はオンタイムでやれたのかどうか・・・を確認するために鉄道員のように“いっちにぃーさん→発射よーし!! ドカン、ドカン、ドカン・・ほいドカンドカンドカン” とリズムにのって6発を撃つと焦りがなくなるのです(*^_^*)

え?・・・
リズムが狂うことないかですってぇ??・・・
ねんじゅうアリマスよぉ〜(;。;)
ですから音楽のように絶対速度を決めて、そのリズムから外れないために日夜努力しているのですよん(^-^)

ロボットのように毎回正確に動き、反動を恐れることなく淡々と撃つ・・・いうはやすく、行うは不可能・・に近くてね〜(^0^;)

みなさん、おめでとう(^O^)/
ようこそウィークハンドの世界へ♪

君はワタシのおかげでマレにみる楽しいチャレンジの世界に入れるのだからカネをもらう・・・とはゆわないが(^o^)すくなくともこんなに素晴らしいゲイムを紹介してくれたイチローさんに感謝のことばをおくってもエンマさんのバチは当たらないよぉ〜ぅ(^◇^)
これからはワシを「市兄ぃさん」と呼びたまえよ(*^^)

で、ですね(*_*)きりっ!!
ビアンキカップでは192発を撃つのですが、ウィークはたったの6発だけ・・・
この6発のためにどれくらいの練習時間と弾を費やしてイイのかと自問するに、答えは「もったいないからテキトーにやっとけや」となってしまいます。

しかしですね、イチローさんはビアンキカップのクラスではハイマスターという最上級にいるのですからウィークを外すようではハズがカシーのです。
ですから、これからは毎回、最低48発はウィーク練習に捧げようと決めましたよ。
本番でミスってもいいんです。ハズカシーのは練習不足でノコノコと出かけて行く自分の意思の弱さなんです!! (*_*) きっ!!
そして、自宅でのドロウ&ドライファイヤは欠かさず行うという決意に充ち満ちています。

「ささげよ、さらば開かれん・・・ともかぎらないが、精神だけは鍛えられるゾ」
イーチェ

ちぇすとぉー!!!
市  


Posted by 市 at 02:44Comments(5)ビアンキカップ

2017年02月20日

ムーヴァー二段の腕前

市 (2017年02月20日 14:37) │Comments(5)ビアンキカップ


朝一番の勝負は、すごく良い感じで撃てました♪
ところがなんとサイトが8クリックも下に
(@_@;)
思い当たることといえばグリップを削るために着脱を繰り返しただけ・・・

ま、それはともあれ、このグルーピンを毎回だせたら嬉しいのですがね〜(^^)

さて、今日の特訓はかねてからやりたかったことです・・・

ムーヴァーは10,15,20,25ヤードという4ステイジから12発撃つわけですが、これらに各48発を撃ち込むという訓練なのです。
どうしてこれまでやらなかったかといえば、ワンコースでのタマが48x4回もいるわけで、いくらなんでもモッタイナイと・・・(^◇^;)
でも今年の練習は半年も遅れてから始めたので「タマの貸し」があるんです(^o^) 誰に貸した??
まあ、ムーヴァーのラリーとでもいいましょうか、これでコースに慣れることを期待しています。

で、これは10ydの結果で、かなり緊張して撃ちましたよ・・だって全弾入れば「初段」をもらえるのですからね(^^)


これは15ydからでした。
なんとかクリーンできましたよ♪
かなりグルーピンが下にきていますが、これはモンタナゴールドの121グレインというブレットを使ったせいです。
最初のランは115グレインで やはり下に来ていましたが、こちらは121grnにゼロを取りなおしたわけなのですが、念入りにやらなかったせいかと(^_^;
このまま20yd を撃つと8点ゾーンがメチャ増えるので、ここで8クリック上げます。
これで二段をイタダキです(^-^)


20ydになるとカナリばらけました。
4発ハズレで三段はならず(×_×)
しかし48発は長い勝負ですよ〜・・・


わぁ〜ん(◎-◎;)
5点を撃ってしまいました〜(;。;)
やはり25ydは手強いですわ〜・・・ショボン

このメニューはすごく良いと想いましたよ。
1発ずつオロソカにしないよう全神経を使って撃つわけですから耐久力もつくという気がします。


これはラストのフルコースです。
8点に5発で良くはないですが、ワリとスナオに撃てています。

それと今日はウィークハンドでも100発以上の練習をして、本番までにはコツを掴めそうな気がしてきました。

して、帰途につくころにはまた雨がふりだしましたよ。また3日間くらいは降り続くそうです(v_v)
先月だけでキャリフォニアの年間降雨量を上回り、そして今月もすでに年間平均を上回っています。
山間部では3倍以上は降っていると想います。ひからびていたダムというダムはどれも満杯で水門をあけて流す事態となり、小橋もどっさり流され、道路の陥没はいたるところでおこるので外出がコワイですよ(+_;)

ああ〜もっと練習したいなぁ〜\(^O^)/



  


Posted by 市 at 14:37Comments(5)ビアンキカップ

2017年02月19日

ギョウザの改良

市 (2017年02月19日 14:20) │Comments(5)ビアンキカップ


雨、ときどき雨間という今日(^◇^)
T-16のグリップをちょいと改良します。



去年から感じてはいたのですが、ここらで直しておきたいとドカタは工作マンに変身です(^-^)



ギョウザを薄くしています。
その理由は、ウィークハンドで握りやすくするためなのです。
去年のビアンキではウィークで点を落とし、今季の練習でも成功率が低いので・・・(^_^;

で、今日はトランスファー(右手から左手への持ち替え)練習をうんとやりました。見た目では変わらないと想いますがやり方を変えました。

明日は実弾でこれを試すのが楽しみでわくわくしていますぅ(*^_^*)

市  


Posted by 市 at 14:20Comments(5)ビアンキカップ

2017年02月19日

必中を目標として・・・

市 (2017年02月19日 03:02) │Comments(5)ビアンキカップ
チンガンさん
市郎さんの射撃訓練は、競技のテイをなしていますが、その競技を極める先には現実のCCWでのシュートアウトを見据えていると思うんですよね。 現実の銃撃戦では誤射はあってはならないことです。 >外さないようにするために努力していることです。 これのどこが悪いのですか?外して罪なき人を怪我させることのなきよう心を砕くのは常識ではないですか?
dnag(ドナグ)



まさに・・・実にそのとおりなんです!!!
サンフランシスコで二人の暴漢に襲われた・・・いえ、襲われそうになったとき、ヤツラがナイフを抜こうとする瞬間にワシはハイスタを抜き、ヤツラは固まってしまいました。
この体験からいえることは「腕前があれば銃で相手を撃つ必要もない・・」ということ。
活人銃です。
そしてさらに、撃たなければならないというギリギリの立場に立ったときは 絶対に通行人を殺めてはならないということ。
自分の放つ弾丸には全責任を負ってトゥリガーを引かなければならない、ということです・・・
そのためには、様々なコンディションで様々な射撃法を体験し、自分はどの姿勢でどの距離で どんなターゲットサイズだと初弾にかかる時間はどれくらいなのか? ・・・といったことを熟知しておく必要があります。
戦闘拳銃はマーシャルアート(格闘術)=ストリートファイトにおける最強分野だと想うわけですが、この世界を極めるにはかなりストイックになって自己鍛錬しなければ優れたコーチにはなれないと考えていますよ。


このフォトを観ながら考えてもみてくださいよ。自分が命をかけて救わなければならない人がいる、だがターゲットサイズはピンポン玉ほど、これを初弾でヒットしなければ人質を殺してしまう・・・
これに対処できる自分を鍛え上げるには半端な訓練ではおぼつかないのです。
自分が熟達してないと教え子に伝授するなんてできませんしね・・・。

ビアンキカップは常にタイムが設定されており、10点リングは8インチ、つまりこれには「致命傷ゾーン」だという意味があります。
自分の実力を識るということでは最高の道場だとイチローは認識しています。

まず自分のために、そして自分が教える生徒たちのためにワシはビアンキカップで鍛えるのです。
(そりゃ、まあ、おもしろくてヤメラレナイ部分もあるけどサ(^◇^)


  


Posted by 市 at 03:02Comments(5)ビアンキカップ

2017年02月17日

負けから学ぶべし

市 (2017年02月17日 02:22) │Comments(24)ビアンキカップ


ブログを拝見すればするほど、自分の境遇に重なります。22のポジションシューティングは対局にあるような競技なのに。 私の場合、純粋な腕のマズさに加え、心の弱さがどうにかならんかと悩んでます。試合になると勝手に舞い上がって勝手に緊張して、勝手に力んで勝手に自爆。そんな自分に何度落ち込んだことか。なぜ心静かに戦えないのか。困ったもんです。
by ヤマ



負けること、
やられること、
くやしがること、
辛いこと、
失望すること、
後悔すること、
そして、
泣くこと・・・

これらの体験から人々の心は成長するのだと想います。

試合に参加すると、だれでもがこれらのことを味わい、そこから物事を深く考えるようになり、やがて自分のエゴに気がつきます。

自分のエゴを発見する→これはとても大切なことです。人から嫌われ、自分自身もイライラしながら暮らしている人は自身の中から浸みだしてくるエゴの毒にやられているからなのだと想います。

物事にチャレンジする人は、エゴ毒から解放されます。
チャレンジは心の病気を癒す特効薬ではないかとワシは考えています。

ですからね、
自分がなにかにチャレンジし続けているかぎりは、ワシは自身をホメているんですよ(^^)

ムーヴァーに負けても誰かが死ぬワケじゃなし、家族の健康に害があるわけじゃなし、タマ屋と火薬屋には儲けさせてやれますし(^◇^)
大空の下で孤独な訓練に励んでいられるだけで感謝の気持ちがいっぱいに湧いてきます。

74歳になって持病なく、なんのクスリも服用せず、青空に感動し、しみじみとした気持ちで雨を眺めていられる・・・。
こういう健康な老後をすごしていられるのは、長年にわたるチャレンジの賜物なのです。

ヤマさん、みなさん!!
どうぞ落ち込むことなく犯罪以外なら何にでもよいですからチャレンジしてくださいナ

今日からしばらくは降るという雨を
観ながら・・・の、市 (^-^)/
  続きを読む


2017年02月16日

練習とはなんぞや・・・

市 (2017年02月16日 15:27) │Comments(5)ビアンキカップ

うーっす(^-^)/

新しいパンツです・・・21ドルの・・・
ヨレヨレ素材で着心地はわるくない♪


初回、5点にふたつ(;。;)

朝は10度だった気温が急激にあがって21度に
(@_@;)
すると身体がけだるくなっちゃって(!_+)
すっかりパワーダウンしましたよ・・・
なんでしょね、この天気は(^_^;


でもだんだんに気温変化にも慣れてきて調子は出てきましたけどね。


マグをこんだけそろえてイッキに48発x3回なんて撃ってみました(^^)いやはや無意味とも言える無駄使いは楽しいですわ(^0^;)


これは15ydだけでの48発です。
かろうじてのクリーンで、自分の欠陥がありありのアリと出ています。

今日のフルコースでは15ydで3連敗しましてね・・・
このまま撃ち続けていればクリーンは出ても、それはマグレで連続クリーンには結びつかないのだということが明確となりました。
ようするに「実力」の欠如なのです。
トゥリガーを強く引ける確率は上がっていますが、左下にガクビキするクセは直らず・・・ここで立ち止まって練習方法を見直すことにしました。

初心に返って、それぞれの距離でしっかりと撃ち込みをしようと想います。入魂の1発のはずがノーコンの1発になりがちなので、連射している自分をもっと観察するよう心がけます。


それとプレイトは毎回15yd 6secで2回だけ撃っているのですが、今日はこんなエッジを撃ってしまいました(×_×)
試合でならともかく、練習でこれというのはいけません、反省反省・・・。

練習とは、反省する材料を見つけるために行うのである。
by イーチェ


  


Posted by 市 at 15:27Comments(5)ビアンキカップ

2017年02月14日

いまだ勝ち星なし・・・

市 (2017年02月14日 10:51) │Comments(17)ビアンキカップ

ニックさんの土地です・・・
が、こんな川なんてあるハズなぁい
な、はずなのですがね〜・・・
こんなとこに家を建ててたら床下浸水必至。


シューティストバッグに2挺のカップガンを格納し、今日もまたムーヴァーにチャレンジします。


あのカッチョ良いヘミスにタフプロの8インラインマグパウチです♪


まずはT-16によるフルコース・・・
5点あたりにヨッツも(◎-◎;)
ワルイ振りぐせが激しく出てるよ(;。;)


次はナウリンで25ydのみ48発・・・なんとか5点撃ちは避けられましたョ(^_^;


陽がさしたのでビストシャーツのみで撃ちます。春を感じるような湿度と暖かさ、、なんだかくるおしくなってオナゴを追いかけたい・・・けれどワッシはムーヴァーに恋をしているのでソッチを追います(^◇^;)


フルコースを撃ちます。
10ydから12発・・・
できたら みんな黒丸に入れたいネ(^_^;


さらに15ydを加えると・・・
あーーっ!!
1発はずしたー!!(@_@;)
コレ、よくやるんですよ(!_+)


そして20ydから12発、、
うむうむ、ようしのいだわ(^^)

でラストの25yd・・・


うう〜(`_´)すこし惜しい・・・
でもなかなか追い込めています♪

面白くてたまらないので も1回♪

かぎりなく5点に近いのが・・・(^_^;

なかなかストロングトゥリガーを48回そろえることができません、が、黒丸のヒット数が増えてきましたよ♪

市 (^-^)/
  


2017年02月13日

お、おしいっ!!

市 (2017年02月13日 12:09) │Comments(6)ビアンキカップ



ちぃっ!! (-_^:)
うまく撃ったつもりだったんだけどナ(^_^;

この前後は5点を撃っていたのですが
急に昔の感覚がよみがえってね〜(^^)

ムーヴァー?・・・
それほど難しくないよ
10ydは慣らし撃ちのつもりで
かるくクリーンするんだ・・・

15ydは気をつけて撃つ
20ydはすごく楽なので休むつもりで・・・
で、25ydは慎重にトラッキングするだけよ♪

そのむかし、
ムーヴァーが上手かったころは
そんな気持ちで楽々とクリーンして
いましたよ。

そして今日・・・
なぜか、この回だけは自信に満ちて
撃てたのです。
ストロングトゥリガーがもどりつつ
あるといいのですがね(^-^)/




  


Posted by 市 at 12:09Comments(6)ビアンキカップ

2017年02月10日

五点を撃つな

市 (2017年02月10日 15:08) │Comments(3)ビアンキカップ


5年も続いていた雨不足が、今やウソのようです・・・

サンフランシスコの沖で水蒸気が次々と集積し雨雲となってセントラル キャリフォニアにノシかかってきます。
この不気味に美しい雲が自分の未来を暗示しているのではないかと考えていました。

じつは70年代にもひどいドゥラウトがあり、サンフランではトイレの水は一日に一回だけ流すようにとの達しがあり、芝生や植木に水をやるのも禁止されたので町中が枯れ、キャリフォニアは砂漠化に向かっているという説もありましたよ。

そのころはオイルショックといわれる大事件があり、科学者だか専門家だかが「地球のオイルはあと20年しかもたない」と公表したのをきっかけにガソリンの値段がグイグイとあがり、都市部ではクルマのナンバーのラストが偶数日だと今日注油でき、明日は奇数ナンバーという交代制がしかれていました。

どうもあの事件以来、ワッシは疑り深くなって地球温暖化は人間のせいだという説を100%までは信用していないのです。
ただの小さな太陽系サイクルのひとつだという可能性もないとはいえないという気持ちなのです。

地球はもうマウンダー極小期に入って冷え初めているのかどうか、それについては左下にいるリスのほうが察知できているのかもしれませんね
(^^)

ともあれ、今日は雨の休憩らしいのでムーヴァーの練習です♪

これが本日1番の成績です。
外側のサークルから出ると5点のマイナスなので まずは5点ゾーンを撃たないように気をつけているのですが 48発もの射撃で集中力を保つことは難しくてね〜(^_^;


そこで、強いトゥリガープルを養うためには やはり「ボウル&ダミー」が基本中の基本で・・・実弾とダミーカートを混ぜて撃ち、ガクビキがないかを確かめる練習こそ実りある・・・ハズなんですが、なかなかガクブルトゥリガーはやまないのです(@_@;)

それでも今年は、これまでよりもずっとコレに執着するという気持ちがつよいのですよ。
ターゲットが走る、
銃を抜く、
黒丸を捉える、
黒丸をトラッキングしながら
強くトゥリガーを引く・・・

このラストの「強く引く」というのが
今年の課題なのです。

ようするに、トゥリガーを引くとき躊躇せずに「真っ直ぐ」に引くのです・・・が、この真っ直ぐが途方もなく難しいのですよ。
嵐がこようが爆発があろうが、反動が来ようが、そういう後で起こることに反応せず、ひたすらにトゥリガーをコットンと引けばよいのです。

以前はこれが出来ており「ストロング トゥリガー」と呼んでいました。

トゥリガーを乱暴に引くのではなく、強く引く・・・
ビビッて弱く引くとバシッとジャークするので、トゥリガーを引ききってストップするまで、いやストップしてからも狙いがブレないように強く引かなければなりません。

・・・・・ここまで書いて睡魔がきました。
スイマせん(^o^)(^◇^)

またね〜(^O^)/

  


Posted by 市 at 15:08Comments(3)ビアンキカップ

2017年02月03日

ワルイくせ

市 (2017年02月03日 12:48) │Comments(5)ビアンキカップ
走りますね~(^^)
ターゲットには正に風穴が開きましね。左斜め下に開く傾向があるみたい。なぜなんだろう(@@)
トリガーを強く引くとは?私は人差し指だけ動くように意識してますが、腕も手もみんな動きたがるので結局は外れちゃうのにょ~(^o^)/
ちびゆき

ワシのばやい、ガクビキ方向は左下に振るという傾向があるのですぅ〜(◎-◎;)これはジェッタイに直さないといかんのにょ〜(>_<)

で、もしかしたらサイトがクルっているのかとプローンで撃ってみたらドンピシャのど真ん中だにゃ〜(^0^;)

で・・・もうひとつ考えられるのはムーヴァーマウントの調整ができてないということです。

次の練習では左行きと右行き別々のターゲットを使ってみますにゃーん (^-^)

でね・・・

射撃でもっとも大切なのは「トゥリガープル」なんだにゃ〜ヾ(℃゜)

つづく・・・

市(^O^)/
  


Posted by 市 at 12:48Comments(5)ビアンキカップ